2013/11/29

【2014SS/春夏トレンド】14年春夏、注目の10ブランド


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


前回の「【2014SS/春夏トレンド】注目カラー・流行色」に続いて、今回は2014年春夏の注目10大ブランドをご紹介したいと思います。

日本市場にも大きく影響を与えると思われるブランドを当社の視点でピックアップしていますので、ぜひご注目下さい。


【1】MSGM

ポリネシアンポップカルチャー、トロピカルムードの代表ブランド。


出典:Trendstop



【2】Tory Burch

1960年代の南フランスリゾートがテーマ。洗練されたレトロテイスト。


出典:Trendstop





【3】KAREN WALKER

インドをテーマにプレッピーやスポーツをMIX。日本人好みのリラックスしたエスニックムード。


出典:Trendstop


【4】Alexander Wang

1990年代のポップなストリートをガーリーなスタイルで提案。


出典:Trendstop





【5】FAY

デザイナーがアキラーノ・リモンディになり、スヌーピーとのコラボで人気上昇。


出典:Trendstop


【6】3.1 Phillip Lim

テーマは「地質学」。鉱石の断面からイメージされる曲線が楽しい。


出典:Trendstop





【7】JONATHAN SAUNDERS

ストリートムードのサテンブルゾンと側章付きのトラックパンツのコーディネートが格好良い。


出典:Trendstop





【8】LOUIS VUITTON

マークジェイコブス最後のルイヴィトン。バッドガーリーなストリートの提案。


出典:Trendstop





【9】CHANEL

今シーズンのテーマは「アート」。カラフルなポップカラーでアートグラフィカルを演出。


出典:Trendstop





【10】MIU MIU

カラーの提案が新鮮。ガーリーなスタイルは日本人にも好まれる。


出典:Trendstop






以上、2014年春夏の注目10大ブランドでした。

次回は2014SS、注目のアイテムをご紹介します。

どうぞお楽しみに。
《 お知らせ 》

 2019SSトレンド戦略セミナー
お申し込み受付中!
2019SSトレンド戦略セミナー


~セミナー名/開催日~
 2019SSトレンド戦略セミナー [7/27(金)18:00~]

2019年春夏シーズンのトレンド傾向やヒットが予想されるアイテムについて、リゾートコレクションやショップリサーチ、フィールドマーケティング、消費者の価値観変化など様々な情報を多角的に分析し、ファッション産業の現場で活用できる情報をお伝えします。

このエントリーをはてなブックマークに追加