2014/06/16

【スタイルトレンド分析/2014AW】今年の秋冬シーズン、新たに登場するスタイル


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


今回はスタイルのトレンド分析です。ニットのセットアップなど、2014年秋冬シーズン、新たに登場すると思われるスタイルをご紹介します。


有力のレイヤードスタイル

2014年秋冬シーズンに登場しそうな有力レイヤードスタイルは、大きく分類すると2つに分けられる。ともに半袖トップスと長袖トップスの袖レイヤードだが、違いは大人カジュアルな着こなしとストリートスポーツな着こなしという点である。

カレンウォーカーやマークジェイコブスは、シンプルな中にも上品なカジュアルムードの感じられる大人のレイヤードといえるだろう。

Karen Walker/出典:Trendstop

※クリックで拡大表示

Marc Jacobs/出典:Trendstop

※クリックで拡大表示

そしてもう1つは、マーク・バイ・マークジェイコブスのレイヤード。ルエラ・バートリーをクリエイティブディレクターに迎え、モトクロスからインスパイアされたストリートスポーツはポップな90年代を彷彿とさせる。

Marc by Marc Jacobs/出典:Trendstop

※クリックで拡大表示


今年は新しく格好良いレイヤードの提案が重要となるだろう。


ニットセットアップ

続いてはニットのセットアップスタイル。

代表的なものとしては、マークジェイコブスのようなニットチュニックとニットパンツのセットアップ。セットアップ自体はここ数シーズン、国内市場でもヒット商品となっているが、このようなニットのチュニックとパンツのセットアップはほとんど見受けられなかったので、今シーズンの注目スタイルとしたい。

Marc Jacobs/出典:Trendstop

※クリックで拡大表示

このようなスタイルは、他にマイケル・コースやエドゥンなど多くのブランドが提案していた。共通する点はミドル~コースゲージの畦(あぜ)やワイドリブ、そしてトップ糸使い。また中にはカルバン・クラインのような柄物のニットでチュニックとミディ丈スカートの提案もあり、こちらも新鮮に映る。

Calvin Klein Collection/出典:Trendstop

※クリックで拡大表示


ニットトップス×布帛スカート

最後のスタイルはキャリアからミッシーに適しそうなスタイル。ニットトップスと布帛のスカートのシンプルな着こなしだが、やはり今シーズンらしさが組み込まれている。

Bottega Veneta/出典:Trendstop

※クリックで拡大表示

Thakoon/出典:Trendstop

※クリックで拡大表示

トップスニットはミドル~コースゲージのタートルネック。昨年はハイネックが中心だったが、今シーズンはタートルネックが増加すると見受けられる。

コーディネートするスカートの基本はミディ丈のフレアースカート。昨年から話題のマーメイドスカートは今年も売れ筋商品になると思われる。今年は昨年のマーメイドに比べるとフレアーが入る位置が高いのが特徴。

また、ベーシックなニットトップスに対し、明るいカラーのスカートによるカラーコーディネートも新鮮。




以上、2014AWのトレンドスタイル分析でした。

次回はアクセサリー・ファッション雑貨のトレンド分析をご紹介したいと思います。

どうぞお楽しみに。

《 お知らせ 》

 2019SSトレンド戦略セミナー
お申し込み受付中!
2019SSトレンド戦略セミナー


~セミナー名/開催日~
 2019SSトレンド戦略セミナー [7/27(金)18:00~]

2019年春夏シーズンのトレンド傾向やヒットが予想されるアイテムについて、リゾートコレクションやショップリサーチ、フィールドマーケティング、消費者の価値観変化など様々な情報を多角的に分析し、ファッション産業の現場で活用できる情報をお伝えします。

このエントリーをはてなブックマークに追加