About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

2016/07/22

【アイテムトレンド/2016AW】16年秋冬におけるレディース注目ワンピース・ドレス(プレフォールコレクション分析)


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続きプレフォールコレクションの分析結果です。今回は16秋冬におけるレディースのアイテム【ワンピース・ドレス】トレンドをご紹介します。
(その他の2016AW情報はこちら


全体傾向

丈の主流は16春夏に引き続き膝丈~ミディ丈だが、ミニ丈とマキシ丈の増加も目立った。継続しているロマンティック&フェミニンなムードに加え、ミッドセンチュリー調のヴィンテージ調が増加傾向となった。


注目ワンピース・ドレス1:レース

16春夏に引き続き、総レース使いが多く見られた。
優美なマキシ丈やシャツドレス型、フィット&フレアシルエットのミニ丈など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース・ドレス2:シャツ

再び増加傾向が見られた。
ミニ丈からミディまで丈のバリエーションも多彩。
ウエスタンシャツ風の切り替えやパイピング、シャープなストライプ柄、ロマンティックな装飾性をアクセントにしたデザインなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース・ドレス3:スリップ

16春夏に引き続き様々なバリエーションが見られた。
膝丈〜ミディ丈が主流。
ダークカラーをベースにアクセントカラーを効かせた柄生地やカラーブロック配色、マニッシュなチェック柄×繊細なレース、グラフィカルな切り替えデザイン、イレギュラーなヘムラインなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース・ドレス4:レザー

シーズンを問わずここ数シーズン継続が見られる。
カジュアル、エレガント、タフ&ハードなど、様々なムードにアレンジされた。
ヴィンテージ調のジャンパードレス、しなやかな質感を活かしたシンプルなミディ丈やギャザーデザイン、コートドレス風のミニ丈、ライダースジャケット風のジップアップ&ブラックレザーなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース・ドレス5:プリーツ

16リゾートでトレンドに浮上したプリーツを取り入れたデザインが再燃。
膝丈〜ミディ丈のシフォンを用いたエレガントなデザインが目立った。
スリットを組み合わせたり部分的にプリーツを入れたり。
その他、柄や素材の切り替えやハイウエスト切り替えのプルオーバー型など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース・ドレス6:ミディ

16春夏に比べ再度増加傾向が見られた。
フェミニンなムードをベースにキッチュな柄やロマンティックな花柄を取り入れたデザインが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース・ドレス7:ジャンパースカート

15秋冬にも見られたインナーとレイヤードするノースリーブ&ショートスリーブのドレスが復活。
ピナフォアドレスは減少傾向となった。
タートルネックトップスやブラウスとの組み合わせが主流。
プルオーバー型の他、ラップデザインやボタンフロントなども登場。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース・ドレス8:ロマンティックブラウス

ペザイントドレスに代わり、クラシカルなロマンティックブラウス風ディテールのドレスが増加傾向となった。
ボウタイやフリル装飾、首の詰まったネックラインやスタンドカラーなどが特徴的。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2016AWのレディース注目アイテム【ワンピース・ドレス】でした。

次回も同じくプレフォールコレクション分析より、レディースの注目アイテム【スカート&パンツ】をご紹介したいと思います。

どうぞお楽しみに。

2016/07/15

【アイテムトレンド/2016AW】16年秋冬におけるレディース注目ニット&トップス(プレフォールコレクション分析)


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続きプレフォールコレクションの分析結果です。今回は16秋冬におけるレディースのアイテム【ニット&トップス】トレンドをご紹介します。
(その他の2016AW情報はこちら


ニット全体傾向

シンプルなフォルムにグラフィカルな柄や刺繍など、装飾性を付加したデザインが主流に。また、バルキーなかさ高感やオーバーサイズのゆったりとしたサイズ感も目立った。


注目ニット1:具象柄セーター

ネコ、ドラゴン、鳥、蝶、花、フルーツ、風景などのモチーフをポップなタッチやマルチカラー使いで活き活きと描いた柄物のセーターが急増した。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット2:タートルネックセーター

15秋冬にも見られたタートルネックのセーターが再び登場。
インナーにも使われたハイゲージ〜ミドルゲージのジャストフィットサイズと、オーバーサイズのバルキーニットが二大勢力。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット3:ルーズフィットセーター

ミディ丈スカートとの組み合わせでエフォートレスなエレガントスタイルを演出した。
裾広がりのフレアシルエットやサイドスリットが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット4:カーディガン

ハイゲージのコンパクトなサイズ感のものからゆったりとしたルーズフィットシルエットまで、バリエーションが見られた。
刺繍による装飾性の付加やジオメトリックな柄物など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット5:ニットベスト

15秋冬〜16春夏に引き続き、レイヤードアイテムとして登場。
ヴィンテージ調の柄ニットのほか、メランジニットやジオメトリック柄、アニマル柄などが見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


トップス全体傾向

16春夏に引き続き、ロマンティック&フェミニンなムードが強いが、カジュアルな要素も継続が見られた。


注目トップス1:レギュラーカラーシャツ

最も多く見られた。
ユーティリティディテールの継続もあり、胸ポケットをあしらったデザインが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目トップス2:レース

ここ数シーズンはあまり目立たなかったが、久々に復活。
カジュアルなスタイルにテイストミックスで取り入れる手法も見られた。
シャツやプルオーバーブラウス、Tシャツなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目トップス3:ボウブラウス

根強く継続。
ヴィンテージ調のプリント生地や清涼感のあるストライプ柄、ボリュームを強調したロングタイ&フリルカフス、コンパクトなナロータイ、クリスプなホワイトコットンなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目トップス4:ロマンティックブラウス

15秋冬〜16春夏に引き続き、様々なバリエーションで継続。
配色を効かせたボザムフロント、袖や襟、カフスにあしらったフリル装飾、胸元にはめ込まれたレース使いやパフスリーブなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2016AWのレディース注目アイテム【ニット&トップス】でした。

次回も同じくプレフォールコレクション分析より、レディースの注目アイテム【ワンピース・ドレス】をご紹介したいと思います。

どうぞお楽しみに。


2016/07/08

【アイテムトレンド/2016AW】16年秋冬におけるレディース注目ジャケット&ブルゾン(プレフォールコレクション分析)


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続きプレフォールコレクションの分析結果です。今回は16秋冬におけるレディースのアイテム【ジャケット&ブルゾン】トレンドをご紹介します。
(その他の2016AW情報はこちら


全体傾向

16春夏に引き続きカジュアル&スポーティなムードが目立った。オーバーサイズやストリートカジュアルのタフなエッセンスを取り入れたスタイルが増加した。


注目ジャケット&ブルゾン1:レザー

コンパクトなシルエットにタフ&ハードなムードのレザーを用いたショート丈が主流。
ブラックレザーのバイカーズが非常に多く見られた。
その他、クラフトタッチのアップリケ刺繍やフライトジャケット風のファー襟など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット&ブルゾン2:ボマー&スタジャン

根強く継続。
サテン生地のスカジャン風が引き続き登場している他、ストライプリブ&スナップボタンが特徴的なスタジャンもやや増加した。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット&ブルゾン3:Gジャン

16春夏にも見られたGジャンがさらに拡大傾向となった。
ベーシックデザインの他、刺繍やスタッズ、ワッペン、フリンジ、ファー襟など、装飾性を付加したアレンジも多彩。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット&ブルゾン4:ファー

15秋冬に比べカジュアルデザインが優勢に。
襟付きジップアップやカラーファー×ブラックトリミングのフェミニンなショート丈、アニマル柄やシアリングファーのオーバーサイズ、タフ&ハードなムードのモノトーンなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット&ブルゾン5:テーラード

それほど新鮮な要素はないものの、ベーシックデザインを中心に継続が見られた。
コンパクトシルエットのシングル、ボクシーシルエットのロング丈ダブルが二大勢力。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット&ブルゾン6:MA-1

ここ数シーズン継続が見られる。
ややオーバーサイズのゆったりとしたシルエットが主流に。
光沢のあるナイロンタフタやサテンが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット&ブルゾン7:ジップアップ

ワークブルゾン風のレギュラーカラー&ジップアップの型が増加。
カジュアル〜エレガントなスタイルまで取り入れられた。
デニム、スポーツジャージー風のストライプリブ使い、様々な柄生地など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット&ブルゾン8:ダウン

久々にボリューム感のあるパフィジャケットが多く見られた。
ベーシックカラーでの提案が主流。
ファーをアクセントに取り入れたデザインやシルエット変化、ベーシックなカジュアルデザインなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2016AWのレディース注目アイテム【ジャケット&ブルゾン】でした。

次回も同じくプレフォールコレクション分析より、レディースの注目アイテム【ニット&トップス】をご紹介したいと思います。

どうぞお楽しみに。

2016/07/01

【アイテムトレンド/2016AW】16年秋冬におけるレディース注目コート(プレフォールコレクション分析)


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続きプレフォールコレクションの分析結果です。今回は16秋冬におけるレディースのアイテム【コート】トレンドをご紹介します。
(その他の2016AW情報はこちら


全体傾向

膝丈~ミディ丈を中心としたマニッシュなムードのボクシーシルエットが主流。ベーシックなデザインをベースに色柄や素材の質感をアクセントにしたり、クラシカルなムードを取り入れる手法が目立った。


注目コート1:チェック柄ウール

柄生地のコートが目立った中でも特に多く見られた。
テーラードカラーのボクシーシルエットやAラインをベースに、ドロップショルダーで抜け感を演出したものが多かった。
その他、Vネックノーカラーやレトロ&ガーリーなムードのミニ丈など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目コート2:ファー

正統派なラグジュアリー感よりも、ヴィンテージ調のグラマラスなムードやスポーティ&カジュアルなムードが目立った。
ミックス調や柄を取り入れたブロッキング、レオパード柄、シアリングファーなど

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目コート3:ダブルブレスト

テーラードカラー&ダブルブレストのマニッシュなデザインをベースにしたアレンジが目立った。
ドロップショルダー&レッグオブマトンスリーブ、ファー襟、ヴィンテージ調のビッグボタン、スリムフィットシルエット、ガウンコートなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目コート4:チェスター

襟&ラペル幅の狭いテーラードカラーにシャープなボクシーシルエットのチェスターコートが再浮上。
スタンダードなデザインの他、女性らしくアレンジされたウエストシェイプやロングジャケット風のハーフ丈など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目コート5:ミリタリー

15秋冬にも見られたクラシカルなミリタリーコートがやや拡大。
シンプルなピーコートの他、装飾性を強調したデザインが目立った。
ネイビーやブラックにゴールドボタンが主流。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2016AWのレディース注目アイテム【コート】でした。

次回も同じくプレフォールコレクション分析より、レディースの注目アイテム【ジャケット&ブルゾン】をご紹介したいと思います。

どうぞお楽しみに。