About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

2017/06/09

【2018SS】ファッショントレンド戦略セミナー開催!


当ブログを運営する株式会社プレールより、2018SSファッショントレンド戦略セミナー開催のお知らせです。
2018年春夏シーズンのトレンド傾向やヒットアイテム予測について、リゾートコレクションやショップリサーチ、フィールドマーケティング、消費者の価値観変化など様々な情報を多角的に分析した結果から、ファッション産業の現場で活用できる情報をお伝えします。
スタッフ一同、皆さまのご参加をお待ちしております。


【セミナー名・開催日時】



【2017年7月24日(月)開催】
2018SSトレンド戦略セミナー(レディース)

2018年春夏シーズンのスタイリング、アイテム、カラー、ファブリック、パターン、ディテールデザイン、ファッショングッズ(アクセサリー)について、トレンド傾向やヒットアイテムを予測します。本セミナーではリゾートコレクションの情報に加え、ショップリサーチ、フィールドマーケティング、消費者の価値観変化など様々な情報を多角的に分析した結果から、コレクションのレビューを行うだけでなく、実際にファッション業界の現場で活用できる情報をお伝えします。

【主なテーマ】
キースタイリング/カラー分析/素材分析/パターン分析/アイテム分析(コート/ジャケット&ブルゾン/セットアップ&スーツ/ニット/ドレス/トップス/スカート/パンツ)/ディティール分析/ファッション雑貨分析(バッグ/シューズ/ヘッドウェア/ネックウェア/ベルト/レッグウェア/アクセサリー)/ほか
※内容は予告なく変更される場合があります。

【日程等】
■開催日時:2017年7月24日(月)18:00~20:00
■受講料:8,640円(税込)
※受講料は事前に銀行振込にてお支払い下さい。
(振込先などの詳細はお申込み後にご連絡させて頂きます)

【資料イメージ(過去資料より抜粋)】


※当日、スライド資料の冊子版を配布いたします。資料はお持ち帰り頂けます。

【セミナー会場】
■場所:長井記念ホール(日本薬学会長井記念館)
■住所:東京都渋谷区渋谷2-12-15(JR渋谷駅東口より徒歩約8分)
地図を表示)※外部サイトが開きます

【お申込み方法】
■下記フォームよりお申込みください。
https://v.rentalserver.jp/preal.com/seminar_entry.html






【講師紹介:栗山志明(株式会社プレール代表取締役)】
ファッション業界を中心とした様々な業態のクライアントに、質の高い情報と独自のマーケティング手法に基づくブランド開発、ディレクション、商品企画などの提案を行う。

1988年~1994年までバンタンデザイン研究所・商品企画講師、1999年~現在までIFIビジネススクール・マスターコース講座主任を担当。

現在は複数の大手百貨店やラグジュアリーブランドでも社外講師を務める。また、大洋交易社主催のコレクションセミナーでは約500席が満席となるなど、そのセミナー内容は業界内で高い評価を受ける。






【柄トレンド/2017SSメンズ】17年春夏におけるメンズ注目パターン・柄(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き、4大コレクションのメンズ分析結果をご紹介します。今回のテーマは2017SSシーズンの注目パターン・柄です。
(その他の2017SS情報はこちら


パターン・柄総括

・エスニックからオリエンタルまでエキゾチックな柄バリエーション
・カモフラージュやエキゾチック、フラワーなどによる総柄やアートを用いたユニークな柄表現


▼注目パターン・柄1:カモフラージュ
カーキを中心にマルチカラー配色が目立った。ボトムスやアウター、トップスなどさまざまなアイテムでみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目パターン・柄2:アート
有名フォトグラファーの作品をデザインとしてそのまま取り入れたり、目などのシュールなグラフィックがみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目パターン・柄3:チェック
市松模様、落ち着いた配色の大柄なタータンや小さいタッタソールなど、トラディショナルなチェック柄がみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目パターン・柄4:ストライプ&ボーダー
クラシックで落ち着いた配色で細いピッチのオルタネイトストライプがみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2017SSのメンズ注目パターン・柄でした。

次回は同じく4大コレクションから、2017SSメンズのアウタートレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2017/05/26

【素材トレンド/2017SSメンズ】17年春夏におけるメンズ注目素材(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き、4大コレクションのメンズ分析結果をご紹介します。今回のテーマは2017SSシーズンの注目素材です。
(その他の2017SS情報はこちら


素材総括

・フリュイド感のある薄くて軽量な素材が増加傾向
・タウンユースとして用いられた高機能素材や透け感、光沢など
・ユーティリティの拡がりから登場したデニムやパデッド、メタリック
・パデッドやスエード、レザーなど、シーズンにとらわれない素材は継続傾向


▼注目素材1:スポーツテック
ユーティリティの拡がりから、ナイロンを中心にPVC やリップストップ、ネオプレンなど、さまざまなハイテク合繊素材がみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目素材2:メッシュ&ネット
メッシュやフィッシュネットによるスポーティな透け感が今季らしさを演出した。異素材とのレイヤードで軽さが表現された。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目素材3:デニム
ウォッシュド加工が施されたナチュラルなブルーデニムやブラックデニムなど、肉厚でレトロな雰囲気のデニムがみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目素材4:メタリック
ミニマルやユース、ユーティリティなスタイルなどでみられた。トップスやボトムス、アウターなど幅広いアイテムで登場した。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目素材5:スエード&レザー
リラックス感のあるラグジュアリーなスタイルで、柔らかく加工が施されたスエードやスプリングレザーがみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2017SSのメンズ注目素材でした。

次回は同じく4大コレクションから、2017SSメンズの柄トレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2017/05/19

【カラートレンド/2017SSメンズ】17年春夏におけるメンズ注目カラー・流行色(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き、4大コレクションのメンズ分析結果をご紹介します。今回のテーマは2017SSシーズンの注目カラーです。
(その他の2017SS情報はこちら


カラー総括

・ミリタリーやエキゾチックなスタイルからカーキやグリーンが増加傾向
・ベージュやカーキ、グリーンなど、ナチュラルカラーの拡がり


▼注目カラー1:ベージュ・ブラウン

シンプルで洗練されたスタイルで登場したベージュやブラウン。ベージュは軽さを、ブラウンはレトロな雰囲気を加味した。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目カラー2:カーキ

ミリタリーやワークなどユーティリティスタイルが、ワンカラーやフォカマイユ配色のコーディネートでみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目カラー3:グリーン

さまざまな文化的な背景を表現したエキゾチックなスタイルで登場した。ブルーグリーンを中心に、アジアンやヨーロピアンなグリーンが繊細な色使いで登場した。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2017SSのメンズ注目カラーでした。

次回は同じく4大コレクションから、2017SSメンズの素材トレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2017/05/12

【スタイルトレンド/2017SSメンズ】17年春夏におけるメンズ注目スタイル(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


今回より4大コレクションのメンズ分析結果をご紹介します。第一回のテーマは2017SSシーズンの注目スタイルです。
(その他の2017SS情報はこちら


スタイル総括

• アウトドアやミリタリーなどタウンユース向けに表現
• ストリングやベルト、長い袖丈などによって動きを強調するディテールの拡大


▼注目スタイル1:タウンユーティリティ
高機能素材を用いたタウンユースユーティリティスタイル

• ミリタリーやアウトドアスタイルの止水ファスナーやシームテープなど高機能化されたデイリーウエア
• リラックスシルエット
• バリエーション豊富なカモフラージュ柄

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目スタイル2:ライトネスミニマル
軽さが表現されたシンプルなレイヤードスタイル

• 薄くて軽い素材による立体感のある構築的なデザイン
• 動きを強調するストリングやフリンジ使い
• 自由な着こなしが可能なデコントラクテなアイテム
• シンプルなカラーで表現されたエレガンス
• オーバーサイズシルエット

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目スタイル3:ワールドトラベラー
未知の異国を旅するモダンなエキゾチックスタイル

• アフリカ、中東、アジアなど、全く異なる文化からインスパイアされたスタイルや柄
• 西洋と異国のテイストを融合したモダンで洗練された雰囲気
• トップスにボリュームのあるシルエット

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2017SSのメンズ注目スタイルでした。

次回は同じく4大コレクションから、2017SSメンズのカラートレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2017/04/28

【アイテムトレンド/2017SSレディース】17年春夏におけるレディース注目ドレス・トップス(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き4大コレクションの分析結果をご紹介します。今回のテーマは2017SSシーズンの注目ドレス&トップスです。
(その他の2017SS情報はこちら


ドレス総括

ロマンティック&フェミニンなムードが今シーズンも継続。
さらに春夏らしい開放的なリラックスムードが加わり、シアー素材やエアリーな素材を用いたイレギュラーヘムやアシンメトリーで動きのあるデザインが広がった。
引き続き主流は膝丈~ミディ丈だが、ミニ丈の増加が顕著に見られた。


▼注目ドレス1:シャツドレス
レトロなムードやシンプルにアレンジされたロマンティックムード、クリーンなプレッピー調など、多彩なバリエーションが見られた。
大胆なジオメトリック柄×ラップディテール、ミッドセンチュリー調をパステルカラーでアレンジ、ルーズフィットシルエット、肌見せスタイリング、クレリックシャツ風など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目ドレス2:スリップドレス
今シーズンも多彩なバリエーションが見られたが、特に目立ったのはイレギュラーヘムやティアードを取り入れた動きのあるデザイン。
ミニ丈~膝丈が主流。胸元のラッフル&ハンカチーフヘム、柄ブロック&ティアード、裾ティアードやメッシュトップスのインナー使い、ジグザグなヘムライン、スラッシュアクセントなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目ドレス3:ジャージー
継続トレンドが多い中、新しい流れとして注目のジャージードレス。
特にギャザーやドレープをアクセントにしつつ、透け感のあるエアリーな伸縮素材を用いた動きのあるデザインが目立った。
その他、アシンメトリーデザインやスポーティなムードの配色ラインアクセント、カラーブロックなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


トップス総括

スポーティなムードや若々しいストリートカジュアルの要素が強く見られた。特にグラフィカルな色柄が重要なポイントに。
また、ロマンティック&フェミニンなムードの継続も見られ、フリルやラッフル、パフスリーブといったディテール使いは今シーズンも目立った。


▼注目トップス1:レギュラーカラーシャツ
シンプル&ベーシックをベースに、グラフィカルな柄や装飾性を付加したデザインがポイント。
先染めではなくプリントで表現したストライプ柄、レトロなジオメトリック柄や合繊素材の光沢感、レイヤードスタイリング、ポップカラーのスパンコール刺繍など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目トップス2:Tシャツ
ストリートカジュアルの要素を取り入れたグラフィカルな柄やタイポグラフィの取り入れ方がポイント。
ボトムスにリュクス感やフェミニンなムードを取り入れたスタイリングも特徴的。
ロックテイストのイラスト×ブラックカラー、シンプルなメッセージTシャツ、プリントTシャツ×ビジュー装飾、シアー素材×ワッペン装飾など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目トップス3:プルオーバーパーカ&スウェットシャツ
カジュアルな裏毛スウェット生地やベーシックなデザインをベースに、ポップ&グラフィカルにアレンジ。
ベーシックカラーをベースにしたマルチカラー柄&アップリケ装飾、柄ブロックやパッチワーク、袖へのタイポグラフィプリント、半袖やプリント×刺繍など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2017SSのレディース注目ドレス&トップスでした。

今回で2017SSのレディース分析は終了となり、次回からは、メンズの2017SS分析結果をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。



2017/04/07

【アイテムトレンド/2017SSレディース】17年春夏におけるレディース注目素材(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き4大コレクションの分析結果をご紹介します。今回のテーマは2017SSシーズンの注目素材です。
(その他の2017SS情報はこちら


注目素材1:シアー全体傾向

エアリーな質感を持つシアー素材のバリエーションが広がった。透け感を活かした肌見せだけでなく、今シーズンはインナーの柄生地やコントラストの効いた別色をシアー素材越しに透かして見せることによるレイヤード効果が重視された。また、フリルやラッフル、ドレープ、プリーツなど3D効果のあるディテール使いも目立った。

▼レース
16秋冬に引き続き透け感の強い薄手が主流となったが、ラグジュアリー感の強いリバーレースに代わりケミカルレースやストレッチレースが台頭。繊細な意匠性に加えよりライトな質感やスポーティなムードとの組み合わせがポイントに。その他、凹凸のはっきりとしたギュピールレースも目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示

▼シフォン
シーズンレスに継続中。プリント生地が多く見られたが、配色を効かせた無地のレイヤード使いに新鮮味が感じられた。たっぷりとした分量感やフリル、ラッフル、プリーツなどの3D効果のあるディテールとの組み合わせでロマンティックなフェミニンムードを演出した。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材2:光沢&ツヤ系全体傾向

グラマラスなムードやフェティッシュなムード、アクセントで取り入れるフューチャリスティックなムードなど、様々な演出に艶やかな光沢素材が使われた。今シーズンはラグジュアリー感よりも若々しい軽快なムードやスポーティなデザインとの組み合わせが目立った。

▼サテン
16秋冬に見られた重厚さが払拭され、軽やかでカジュアルなムードが強調された。カラー刺繍や陰影を描くタックやギャザー、織りで取り入れたストライプ柄、ダークカラーベースに鮮やかなプリント柄など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示

▼パテントレザー
テクノタッチな光沢感が演出するレトロモダンなムードやブラックで表現されるフェティッシュなムードの演出が目立った。主にアウターやドレスに使われた。なめらかな表面感だけでなく、シボ感のあるリンクル加工も見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材3:ナチュラル系全体傾向

ストリートカジュアルの要素や素朴なノスタルジックムードを演出する天然素材のバリエーションが見られた。フェミニンさやスポーティさと結びついた軽やかなムードがポイント。

▼デニム
シーズンレスに継続中。しなやかなライトデニムからハリコシのある高密度な質感まで多彩なバリエーションが見られた。穴やほつれのあるダメージ加工も一部に見られたが、主流は程良い経年加工やきれいめな色落ちのない濃色デニム。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示

▼コットンレース
ノスタルジック&ナチュラルなフェミニンムードを演出するコットンベースのアイレットレースに多彩なバリエーションが見られた。イノセントなムードのホワイトが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2017SSのレディース注目素材でした。

次回は同じく4大コレクションから、2017SSレディースのドレス&トップストレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2017/03/24

【カラートレンド/2017SSレディース】17年春夏におけるレディース注目カラー・流行色(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き4大コレクションの分析結果をご紹介します。今回のテーマは2017SSシーズンの注目カラーです。
(その他の2017SS情報はこちら


注目カラーパレット1:ブライトカラー

ここ数年シーズンレスに継続していたパステルカラーに代わり、発色の良い鮮やかなカラーが多彩に見られた。レッドやピンクの暖色系が優勢。オレンジ、ライム、レモンなど柑橘系カラーも目立った。また、それほど多くはないものの、久々にネオンカラーも登場した。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラーパレット2:ダスティ&スモーキー

ブライトカラーの台頭に対抗するように、くすみやにごりのあるムーディーなトーンにもバリエーションが見られた。明度や彩度はそれほど低くなく、微細な灰味や混色などニュアンスのあるカラーが主流。パステルカラーにもスモーキーなトーンが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラーパレット3:メタリック

スタイルの要素としてはフューチャリスティックなムードは弱かったものの、16秋冬に引き続きメタリックカラーの出現率が高かった。秋冬に比べ軽量な素材や流麗感のある素材との組み合わせが目立ち、カジュアルなムードが強調された。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー&配色1:レッド

女性らしい華やかさやセクシーさを表現したムードが広がった。
・黄味がかったバーミリオン(=朱赤)
・発色の良いカーマインやチェリー
・深みのあるやや暗いスマック(=うるし) 
・黄味がかった深みのあるアフリカンレッド 
・その他、スカーレット / トマトレッド / ローズ など

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー&配色2:ピンク

淡くソフトなトーンから目の覚めるような鮮やかなトーンまで、様々なバリエーションで甘さやオプティミスティックなムードを演出した。
・淡くソフトなベビーピンク
・やや紫味がかったポップなバブルガム 
・オレンジ味がかったピーチやサーモン
・くすみのあるサンドピンク
・鮮やかなエレクトリックピンク
・その他、コーラル / オールドローズ / マゼンタ など

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー&配色3:イエロー&オレンジ

春夏らしい明るさに溢れた柑橘系カラーが目立った。フォークロアやエキゾチックなムードよりも、オプティミスティックでエネルギッシュなムードが強く感じられた。
・ソフトなクリームイエロー
・やや緑味がかったライムイエロー
・人工的なムードのエレクトリックイエロー
・鮮やかなアトミックオレンジ
・明るさと深みのあるバーントオレンジ
・その他、バナナイエロー / マリーゴールド / マスタード など

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2017SSのレディース注目カラーでした。

次回は同じく4大コレクションから、2017SSレディースの素材トレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2017/03/17

【スタイルトレンド/2017SSレディース】17年春夏におけるレディース注目スタイル(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


今回より4大コレクションの分析結果をご紹介します。第一回のテーマは2017SSシーズンの注目スタイルです。
(その他の2017SS情報はこちら


チャーミング アスリート

ここ数年、シーズンを問わず継続しているスポーティな要素に、今シーズンは甘さや装飾性を加えたスタイルが広がった。フリルやラッフルなどのロマンティックな装飾や、スポーツウェア風のブライトカラーやブラックを効かせたグラフィカルな柄を取り入れ、快活なフェミニニティを表現。また、セクシーさやタフ&ハードなムードを取り入れたテイストミックスも見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ダズリン ガール

デニムアイテムやスカジャンなど、ユーティリティウェアやストリートカジュアルの要素が継続。ロマンティックな装飾やグラマラスなきらめき、フューチャリスティックな色使い、ポップな柄などを取り入れた、ガーリーなストリートスタイルが登場。スタイルのバリエーションは多彩で、タフ&ハードな素材やディテールを取り入れたセクシーなムード、ウエスタン調をアクセントにしたスタイルも見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ソフト&カーム

表面的な装飾やグラフィカルな柄といった今シーズンのメイントレンドとは一線を画す、穏やかなリラックスムードやほのかな甘さを感じさせるスタイル。ソフトな構築シルエットやギャザー、ドレープ、プリーツなど3D効果のあるディテールを取り入れ、フォルムやボリューム感でやわらかなフェミニニティを表現。ナチュラルな素材感や淡いニュートラルカラーも特徴的。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


スウィート ブルーム

ここ数年、シーズンを問わず継続しているロマンティックな装飾性を存分に取り入れたスタイルが今シーズンも見られた。エアリー&シアーな素材感や肌見せディテールを取り入れたセクシーなムードもポイント。イレギュラーヘムやアシンメトリーデザインなど、バランス変化や動きのあるデザインがクラシカルなムードを払拭し、軽やかなフェミニンスタイルを演出した。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


プレイフル デコール

装飾性を重視したマキシマリズムとフェミニニティを訴求するロマンティックなムードは今シーズンも勢いが止まらず。デコラティブなデザインやクラシカルなディテールをベースに、遊び心やストリートカジュアル、ユーティリティウェアとの折衷スタイリングなどを取り入れたスタイルが見られた。また、パターン・オン・パターンの着こなしや柄や素材のパッチワークなど、グラフィカルな視覚効果も今シーズンらしさのポイント。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


エスティバル ボーホー
16春夏に見られたペザントルックやフォークロア調のフェミニンなスタイルが再登場。ゆったりとしたルーズフィットシルエットやロマンティックなムードをベースに、リラックスムードに溢れたオプティミスティックなリゾートスタイルが広がった。フォークロア調を演出するジオメトリック柄やカラフルな刺繍、バリエーション豊かなストライプなど、グラフィカルな柄やデコラティブな装飾も目立った。また、一部には70’sヒッピーの要素も見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2017SSのレディース注目スタイルでした。

次回は同じく4大コレクションから、2017SSレディースのカラートレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。