About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

2017/01/30

【アイテムトレンド/2017SSレディース】17年春夏におけるレディース注目アウター(リゾートコレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続きリゾートコレクションの分析結果から、2017年春夏のレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2017SSシーズンの注目アウターです。
(その他の2017SS情報はこちら


コート総括

Aラインシルエットの膝丈~ミモレ丈が主流。ベーシックデザインをベースに刺繍やアップリケ、柄生地で装飾性を付加したものが目立った。その他、スポーティ&カジュアルなデザインに増加傾向が見られた。


▼注目コート1:デニム
デニム素材はシーズンを問わず継続中だが、今シーズンはコートにも拡大が顕著だった。濃いダークインディゴや配色ステッチを取り入れたミディ丈のデザインが主流。程良いリラックスムードが感じられるフェミニンなスタイルが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目コート2:レザー
ネックラインの詰まったシングルカラーが増加。光沢のあるレザーが主流。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目コート3:スポーティ
シンプルデザインからアレンジの効いたデザインまで。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ジャケット・ブルゾン総括

全体的にはスポーティ&カジュアルなデザインが目立ち、エレガントなスタイルにミスマッチさせる手法が継続。刺繍やワッペン、柄生地など装飾性の高さもポイント。


▼注目ジャケット・ブルゾン1:ボマー
根強く継続中だが最もバリエーションが多彩に見られ、引き続き重要度が高い。素材や色のブロッキング、スカジャン、柄生地を用いたMA-1型など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目ジャケット・ブルゾン2:Gジャン
コンパクトサイズからオーバーサイズまで。ワッペンや刺繍、カラーデニムなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目ジャケット・ブルゾン3:ユーティリティ
ミリタリー調のカーキ色が主流。ワッペンや刺繍による装飾。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2017SSのレディース注目アウターでした。

次回は同じくリゾートコレクションから、2017SSレディースのセットアップ・スーツトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。














2017/01/20

【柄トレンド/2017SSレディース】17年春夏におけるレディース注目パターン・柄(リゾートコレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続きリゾートコレクションの分析結果から、2017年春夏のレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2017SSシーズンの注目パターン・柄です。
(その他の2017SS情報はこちら

【お知らせ】2017AWトレンド戦略セミナー開催!(1月20日締切予定)


パターン・柄総括

共通するキーワード:
・遊び心やタッキーなムード
・マルチカラー配色
・バイカラー配色
・ダークカラーベースのコントラスト配色
・単純なジオメトリック柄
・ロマンティック&フェミニンなムード
・タフ&ハード、ストリートカジュアルのエッセンス
・ナチュラルなムード
・レトロなムード
・エスニック調やハンドクラフト調


▼注目パターン・柄1:ポップ&サイケデリック
ハイブランドではこれまであまり見られなかった遊び心のあるカジュアルな柄表現が目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目パターン・柄2:ストライプ
15秋冬~16秋冬に引き続き、今シーズンも多彩なバリエーションが見られた。シャツ地風の爽やかな配色やマリン調や等幅ピッチのボールド系、マルチカラー配色、レジメンタル調のコンビネーション柄など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目パターン・柄3:フラワー
シーズンを問わず根強く継続中。小花~中花が主流となり、ダークカラーベースのコントラスト配色が目立った。その他、モノトーン配色や写実タッチの大花、転写柄など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目パターン・柄4:チェック
16秋冬に比べ大柄が減少。オーソドックスなギンガムチェックやマルチカラー配色、バイカラー配色など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目パターン・柄5:トロピカル
16春夏同様、熱帯植物モチーフが目立った。その他、鳥やパイナップルのモチーフも多く見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2017SSのレディース注目パターン・柄でした。

次回は同じくリゾートコレクションから、2017SSレディースのアウタートレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2017/01/13

【素材トレンド/2017SSレディース】17年春夏におけるレディース注目素材(リゾートコレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続きリゾートコレクションの分析結果から、2017年春夏のレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2017SSシーズンの注目素材です。
(その他の2017SS情報はこちら

【お知らせ】2017AWトレンド戦略セミナー開催!(1月20日締切予定)


素材総括

共通するキーワード:
・天然素材やナチュラルな風合い
・意匠に富んだラグジュアリーな装飾性
・幻想的な透け感
・しなやかな質感
・タフ&ハードなムードの堅牢さ
・きらめきや輝き(フューチャリスティック&グラマラス)
・ハリコシのある構築性
・ハンドクラフト調の素朴なムード
・優美な光沢感


▼注目素材1:デニム
極端な厚手や生デニム風の濃い色は減少。ライトブルーを中心に、ダークカラーでもウォッシュ感や加工によるユーズド感がポイント。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目素材2:レース
今シーズンも多彩なバリエーションが見られた。主流は繊細な意匠のケミカルレースやナチュラルタッチのコットンレース。その他、薄くデリケートな質感のシャンテリーレースやハンドクラフト調のボビンレースなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目素材3:メタリック
16秋冬の増加に引き続き目立った。シルバーが主流。箔プリントレザーやグリッター圧着、ラメ糸の交織など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目素材4:シフォン
ロマンティック&フェミニンなムードが継続し、プリントも無地も引き続き多く見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目素材5:スウェード
根強く継続。今シーズンもベーシックカラーが主流。ステッチは目立たない同色系が増加。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2017SSのレディース注目素材でした。

次回は同じくリゾートコレクションから、2017SSのレディース柄トレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2017/01/06

【カラートレンド/2017SSレディース】17年春夏におけるレディース注目カラー(リゾートコレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


今回よりリゾートコレクションの分析結果から、2017年春夏のレディーストレンド情報をご紹介します。第一回は2017SSシーズンの注目カラーです。
(その他の2017SS情報はこちら

【お知らせ】2017AWトレンド戦略セミナーお申し込み受付中!


カラー総括

16春夏に比べてクリアな色調が増加。ダークトーンが減少し、明るい有彩色のバリエーションが多彩に見られた。ベーシックカラーではニュートラルカラーとアースカラーのミドルトーンが多く、配色ではモノトーン以外には目立った傾向が見られなかった。


▼注目カラー1:ペール&ライトトーンカラー
極端に淡いアイシーパステルは減少し、しっかりと色味のある明るくソフトなカラーが多く見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目カラー2:ピンク
16リゾートから継続。ペール~ライトトーンを中心に、わずかに黄味がかったトーンが目立った。ライトオーキッド、ライトサーモン、ローズ、オペラ、コーラルなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目カラー3:レッド
ビビッド~ストロングトーン。浅いカーマイン、ビビッドなチェリー、深みのあるカーディナルやアガットなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目カラー4:パープル
久々に増加。わずかにくすみのあるモーブ、深みのあるロイヤルパープルやバイオレット、ダークトーンのパンジー、パープルネイビーなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目カラー5:グリーン
16春夏には少数派だった明るいグリーン系が増加。黄緑系のスプリング、青味がかったピーコック、鮮やかなエメラルドなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2017SSのレディース注目カラーでした。

次回は同じくリゾートコレクションから、2017SSのレディース素材トレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。