2017/03/24

【カラートレンド/2017SSレディース】17年春夏におけるレディース注目カラー・流行色(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き4大コレクションの分析結果をご紹介します。今回のテーマは2017SSシーズンの注目カラーです。
(その他の2017SS情報はこちら


注目カラーパレット1:ブライトカラー

ここ数年シーズンレスに継続していたパステルカラーに代わり、発色の良い鮮やかなカラーが多彩に見られた。レッドやピンクの暖色系が優勢。オレンジ、ライム、レモンなど柑橘系カラーも目立った。また、それほど多くはないものの、久々にネオンカラーも登場した。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラーパレット2:ダスティ&スモーキー

ブライトカラーの台頭に対抗するように、くすみやにごりのあるムーディーなトーンにもバリエーションが見られた。明度や彩度はそれほど低くなく、微細な灰味や混色などニュアンスのあるカラーが主流。パステルカラーにもスモーキーなトーンが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラーパレット3:メタリック

スタイルの要素としてはフューチャリスティックなムードは弱かったものの、16秋冬に引き続きメタリックカラーの出現率が高かった。秋冬に比べ軽量な素材や流麗感のある素材との組み合わせが目立ち、カジュアルなムードが強調された。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー&配色1:レッド

女性らしい華やかさやセクシーさを表現したムードが広がった。
・黄味がかったバーミリオン(=朱赤)
・発色の良いカーマインやチェリー
・深みのあるやや暗いスマック(=うるし) 
・黄味がかった深みのあるアフリカンレッド 
・その他、スカーレット / トマトレッド / ローズ など

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー&配色2:ピンク

淡くソフトなトーンから目の覚めるような鮮やかなトーンまで、様々なバリエーションで甘さやオプティミスティックなムードを演出した。
・淡くソフトなベビーピンク
・やや紫味がかったポップなバブルガム 
・オレンジ味がかったピーチやサーモン
・くすみのあるサンドピンク
・鮮やかなエレクトリックピンク
・その他、コーラル / オールドローズ / マゼンタ など

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー&配色3:イエロー&オレンジ

春夏らしい明るさに溢れた柑橘系カラーが目立った。フォークロアやエキゾチックなムードよりも、オプティミスティックでエネルギッシュなムードが強く感じられた。
・ソフトなクリームイエロー
・やや緑味がかったライムイエロー
・人工的なムードのエレクトリックイエロー
・鮮やかなアトミックオレンジ
・明るさと深みのあるバーントオレンジ
・その他、バナナイエロー / マリーゴールド / マスタード など

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2017SSのレディース注目カラーでした。

次回は同じく4大コレクションから、2017SSレディースの素材トレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

《 お知らせ 》

 2018SSトレンド戦略セミナー
お申し込み受付中!
2018SSトレンド戦略セミナー


~セミナー名/開催日~
 2018SSトレンド戦略セミナー [7/24(月)18:00~]

2018年春夏シーズンのトレンド傾向やヒットが予想されるアイテムについて、リゾートコレクションやショップリサーチ、フィールドマーケティング、消費者の価値観変化など様々な情報を多角的に分析し、ファッション産業の現場で活用できる情報をお伝えします。

このエントリーをはてなブックマークに追加