About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

ラベル カラー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル カラー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017/11/24

【カラートレンド/2018SSレディース】18年春夏におけるレディース注目カラー(リゾートコレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


今回より2018SS、リゾートコレクションのレディース分析結果をご紹介します。第1回のテーマは2018SSシーズンの注目カラーです。
(その他の2018SS情報はこちら


カラー総括

17年秋冬に比べ淡いパステルトーンが再浮上。春夏らしいビビッドカラーよりもやや深みのあるストロングカラーが多く見られた。レッド&ピンクは根強く継続が見られたものの、ブルー&グリーンの寒色系の増加が顕著だった。また、ニュートラルカラーが目立った。配色ではコントラスト配色が減少し、モノトーンカラーをベースにした配色が目立った。


注目カラー1:パステルトーンカラー

ブルー&グリーンの寒色系のバリエーションが多彩に見られた他、イエローやピンクなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー2:レッド

やや黄みの強いトーンの他、深みのあるストロング&ディープトーンが多く見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー3:ブルー

鮮やかなトーンから深みのあるディープトーンまで幅広いバリエーションが見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー4:グリーン

オリーブ&カーキが減少。ストロング~ディープトーンが主流。黄緑やビリジアンが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー5:ベージュ&グレー

ソフトなトーンを中心にしたニュートラルカラーが目立った。特にブルーグレーが新鮮。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2018SSのレディース注目カラーでした。

次回も同じくリゾートコレクションより、2018SSレディースの素材・柄トレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2017/10/13

【カラートレンド/2017AWメンズ】17年秋冬におけるメンズ注目カラー・流行色(4大コレクション分析)



当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


今回より2017AW、4大コレクションのメンズ分析結果をご紹介します。第一回のテーマは2017AWシーズンの注目カラーです。
(その他の2017AW情報はこちら


カラー総括
・ベーシックカラーは同系色でコーディネートされたスタイルがみられた
・ベージュやキャメルなど、ニュアンスカラーの広がり
・ユーティリティやトラディショナルな雰囲気を表現するモスグリーン
・ボルドーやピンク、ブライトオレンジなど、暖色系が拡大傾向


注目カラー1:ブラック

パンクテイストなど、力強さや不良っぽさを備えたエレガントなストリートスタイルでみられた。シックでシャープな雰囲気。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー2:キャメル

拡大傾向のキャメル。レトロな雰囲気とモダンなスタイルのバランスが調和したスタイルとなった。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー3:モスグリーン

ユーティリティやミリタリースタイルに加え、英国調のトラディショナルなスタイルでみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー4:レッド・ボルドー

ブライトレッドはスタイルの効果的なアクセントとして用いられ、レトロな雰囲気やシックなスタイルには、ボルドーがみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2017AWのメンズ注目カラーでした。

次回は同じく4大コレクションから、2017AWメンズの素材・柄トレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2017/07/10

【カラートレンド/2017AWレディース】17年秋冬におけるレディース注目カラー・流行色(4大コレクション分析)



当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


今回より2017AW、4大コレクションのレディース分析結果をご紹介します。第一回のテーマは2017AWシーズンの注目カラーです。
(その他の2017AW情報はこちら


▼注目カラー1:レッド

ここ数年シーズンレスに継続中のカラーだが、今シーズンは最も印象的なアクセントカラーとして存在感が大きかった。やや黄みがかったトーンや深みのあるノーブルなトーンが目立った。
■カーマイン ■スカーレット ■バーミリオン ■チェリーレッド ■ガーネット など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目カラー2:ブラウン

レッド同様、ここ数年シーズンレスに継続中のカラーだが、今シーズンはヴィンテージテイストやトラッドなムードの広がりから重要色と言える。黄みや赤みの強いトーンが目立った。
■カリー ■キャラメル ■タフィー ■アンバー ■チェスナット など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目カラー3:ブルー

ペール、ブライト、ダークなど幅広いバリエーションで今シーズンも継続。
■コバルト ■デニム ■インク ■ピーコック ■インディゴ ■サックス など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目カラー4:イエロー

16秋冬~17春夏に引き続き登場。ペールトーンは少数派で、こっくりとしたストロングトーンが主流となった。
■クリーム ■サンフラワー ■マスタード ■サフラン など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目カラー5:グリーン

ミリタリーテイストが下火となり、カーキ系のユーティリティカラーは減少傾向となったが、深みのあるノーブルなグリーン系は継続。
■ビリジアン ■ティール ■オリーブ ■フォレスト ■モス など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2017AWのレディース注目カラーでした。

次回は同じく4大コレクションから、2017AWレディースの素材トレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2017/05/19

【カラートレンド/2017SSメンズ】17年春夏におけるメンズ注目カラー・流行色(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き、4大コレクションのメンズ分析結果をご紹介します。今回のテーマは2017SSシーズンの注目カラーです。
(その他の2017SS情報はこちら


カラー総括

・ミリタリーやエキゾチックなスタイルからカーキやグリーンが増加傾向
・ベージュやカーキ、グリーンなど、ナチュラルカラーの拡がり


▼注目カラー1:ベージュ・ブラウン

シンプルで洗練されたスタイルで登場したベージュやブラウン。ベージュは軽さを、ブラウンはレトロな雰囲気を加味した。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目カラー2:カーキ

ミリタリーやワークなどユーティリティスタイルが、ワンカラーやフォカマイユ配色のコーディネートでみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目カラー3:グリーン

さまざまな文化的な背景を表現したエキゾチックなスタイルで登場した。ブルーグリーンを中心に、アジアンやヨーロピアンなグリーンが繊細な色使いで登場した。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2017SSのメンズ注目カラーでした。

次回は同じく4大コレクションから、2017SSメンズの素材トレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2017/03/24

【カラートレンド/2017SSレディース】17年春夏におけるレディース注目カラー・流行色(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き4大コレクションの分析結果をご紹介します。今回のテーマは2017SSシーズンの注目カラーです。
(その他の2017SS情報はこちら


注目カラーパレット1:ブライトカラー

ここ数年シーズンレスに継続していたパステルカラーに代わり、発色の良い鮮やかなカラーが多彩に見られた。レッドやピンクの暖色系が優勢。オレンジ、ライム、レモンなど柑橘系カラーも目立った。また、それほど多くはないものの、久々にネオンカラーも登場した。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラーパレット2:ダスティ&スモーキー

ブライトカラーの台頭に対抗するように、くすみやにごりのあるムーディーなトーンにもバリエーションが見られた。明度や彩度はそれほど低くなく、微細な灰味や混色などニュアンスのあるカラーが主流。パステルカラーにもスモーキーなトーンが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラーパレット3:メタリック

スタイルの要素としてはフューチャリスティックなムードは弱かったものの、16秋冬に引き続きメタリックカラーの出現率が高かった。秋冬に比べ軽量な素材や流麗感のある素材との組み合わせが目立ち、カジュアルなムードが強調された。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー&配色1:レッド

女性らしい華やかさやセクシーさを表現したムードが広がった。
・黄味がかったバーミリオン(=朱赤)
・発色の良いカーマインやチェリー
・深みのあるやや暗いスマック(=うるし) 
・黄味がかった深みのあるアフリカンレッド 
・その他、スカーレット / トマトレッド / ローズ など

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー&配色2:ピンク

淡くソフトなトーンから目の覚めるような鮮やかなトーンまで、様々なバリエーションで甘さやオプティミスティックなムードを演出した。
・淡くソフトなベビーピンク
・やや紫味がかったポップなバブルガム 
・オレンジ味がかったピーチやサーモン
・くすみのあるサンドピンク
・鮮やかなエレクトリックピンク
・その他、コーラル / オールドローズ / マゼンタ など

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー&配色3:イエロー&オレンジ

春夏らしい明るさに溢れた柑橘系カラーが目立った。フォークロアやエキゾチックなムードよりも、オプティミスティックでエネルギッシュなムードが強く感じられた。
・ソフトなクリームイエロー
・やや緑味がかったライムイエロー
・人工的なムードのエレクトリックイエロー
・鮮やかなアトミックオレンジ
・明るさと深みのあるバーントオレンジ
・その他、バナナイエロー / マリーゴールド / マスタード など

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2017SSのレディース注目カラーでした。

次回は同じく4大コレクションから、2017SSレディースの素材トレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2017/01/06

【カラートレンド/2017SSレディース】17年春夏におけるレディース注目カラー(リゾートコレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


今回よりリゾートコレクションの分析結果から、2017年春夏のレディーストレンド情報をご紹介します。第一回は2017SSシーズンの注目カラーです。
(その他の2017SS情報はこちら

【お知らせ】2017AWトレンド戦略セミナーお申し込み受付中!


カラー総括

16春夏に比べてクリアな色調が増加。ダークトーンが減少し、明るい有彩色のバリエーションが多彩に見られた。ベーシックカラーではニュートラルカラーとアースカラーのミドルトーンが多く、配色ではモノトーン以外には目立った傾向が見られなかった。


▼注目カラー1:ペール&ライトトーンカラー
極端に淡いアイシーパステルは減少し、しっかりと色味のある明るくソフトなカラーが多く見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目カラー2:ピンク
16リゾートから継続。ペール~ライトトーンを中心に、わずかに黄味がかったトーンが目立った。ライトオーキッド、ライトサーモン、ローズ、オペラ、コーラルなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目カラー3:レッド
ビビッド~ストロングトーン。浅いカーマイン、ビビッドなチェリー、深みのあるカーディナルやアガットなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目カラー4:パープル
久々に増加。わずかにくすみのあるモーブ、深みのあるロイヤルパープルやバイオレット、ダークトーンのパンジー、パープルネイビーなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目カラー5:グリーン
16春夏には少数派だった明るいグリーン系が増加。黄緑系のスプリング、青味がかったピーコック、鮮やかなエメラルドなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2017SSのレディース注目カラーでした。

次回は同じくリゾートコレクションから、2017SSのレディース素材トレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2016/10/14

【カラートレンド/2016AWレディース】16年秋冬におけるレディース注目カラーVol.2(4大コレクション分析)


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き4大コレクションの分析結果から、2016年秋冬のレディーストレンド情報をご紹介します。
今回は2016AWシーズンの注目カラーVol.2です。
(その他の2016AW情報はこちら


注目カラー1:ネイビー

クラシックミリタリーの広がりもあり、非常に多く見られた。

明るいブルー寄りの色調からブラキッシュなダークトーンまで、バリエーションが多彩。素材感の対比やカマイユ配色のワンカラーコーディネートも目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー2:ブラウン

光沢のある素材やメランジ調などにより深みのあるリッチ感が特徴的。

暖色系カラーがトレンドに多く浮上していることもあり、赤みを帯びた色調が目立った。バーンレッド、チェスナット、マルーンなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー3:オリーブ&カーキ

15秋冬~16春夏に引き続き、シックなグリーン系のバリエーションが見られた。

クラシックミリタリーやユーティリティの要素が継続し、オリーブに加えカーキも復活傾向となった。無骨なムードだけでなく、上品さも感じられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー4:ダークレッド

15秋冬のトレンドカラーだった深みのあるダークな赤系カラーが継続。

ブラウンに近い色調や官能的でリッチなムードが目立った。ブリックレッド、ガーネットレッド、バーガンディなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2016AWのレディース注目カラーVol.2でした。

次回は同じく4大コレクションから、2016AWのレディース素材トレンド情報Vol.1をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2016/10/07

【カラートレンド/2016AWレディース】16年秋冬におけるレディース注目カラーVol.1(4大コレクション分析)


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


今回より4大コレクションの分析結果から、2016年秋冬のレディーストレンド情報をご紹介します。
第一回は2016AWシーズンの注目カラーVol.1です。
(その他の2016AW情報はこちら


注目カラー1:ダークカラー

ダークロマンティックやクラシックミリタリーの要素が広がり、深みのあるダークトーンのバリエーションが目立った。

筆頭に挙げられるブラック以外では、わずかに色みのあるミッドナイトブルーやダークネイビー、赤みを帯びたダークブラウンやレーズン、グリーン系のディープフォレストなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー2:ニュートラルカラー

ベージュ、グレー、アイボリーなど、スタンダードなベーシックカラーが素材感との融合で新鮮な表情を見せた。

きらめきや起毛感、透け感、メランジ調、光沢感など、様々な質感により定番色にリッチな奥行きや柔らかなフェミニンさが加えられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー3:メタリックカラー

きらめきや輝きを放つメタリックカラーが久々に目立った。70’sグラムロックや80’sディスコ、ハイテクタッチのニューミニマルスタイルなど、様々な要素が背景となっている。

グロッシー、グリッター、メタルのような硬質感など、ベースとなった素材感や表面加工により様々な質感が見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー4:ブラック

定番色であり毎シーズン登場している色ではあるが、今シーズンを席巻したダークロマンティックやタフ&ハードなムードと密接な色として欠かせない。

透け感やきらめき、光沢感、マット、起毛感など、素材感の対比や、彩度や明度、濃淡の差を取り入れたワンカラーコーディネートが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー5:ピンク

有彩色では今シーズン最も注目の色。スウィートなフェミニンカラーの代表色だが、今シーズンは大人の上品さやモダンな洗練ムードが際立った。

きらめきや光沢感との融合も目立った。特に青みやオレンジみがかった色調が多かった。ベビーピンク、サーモン、チャイニーズピンク、ローズ、カーネーションなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2016AWのレディース注目カラーVol.1でした。

次回は同じく4大コレクションから、2016AWのレディースカラートレンド情報Vol.2をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2016/08/26

【カラートレンド/2016AWメンズ】16年秋冬におけるメンズ注目カラー(4大コレクション分析)


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


今回より4大コレクションの分析結果から、2016年秋冬のメンズトレンド情報をご紹介します。
第一回は2016AWシーズンの注目カラーです。
(その他の2016AW情報はこちら


全体傾向

・ブラックやカーキが拡大

・ディープでシックなトーンが中心


注目カラー1:ブラック

同色の異素材使いやジャカードなど、エレガンスからカジュアルなスタイルまで幅広く展開された。

モダンで力強い男性的な雰囲気を演出した。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー2:カーキ

ミリタリーやワークスタイルで登場した。

退色したようなナチュラルで落ち着いた深みのあるカラーが中心。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー3:ネイビー

素材による微光沢を備えたダークトーンが中心。

シンプルでシックなスタイルでみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー4:オフニュートラル

ナチュラルトーンの暖かみのあるグレイッシュなライトグレーやベージュがみられた。

シアリングやウールなどのフォカマイユ配色。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー5:ワイン

ダークなニュートラルカラーに、艶や暖かみのある深みをプラスした組合せが多くみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー6:シャイニー

箔コーティングやシルクサテンなど、光沢のあるカラーが増加傾向。

スタイリングのアクセントとしても活用された。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2016AWのメンズ注目カラーでした。

次回は同じく4大コレクションから、2016AWのメンズ素材・柄トレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。