About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

ラベル レディース の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル レディース の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017/08/21

【アイテムトレンド/2017AWレディース】17年秋冬におけるレディース注目ワンピース・ニット(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き2017AW、4大コレクションのレディース分析結果をご紹介します。今回のテーマは2017AWシーズンの注目ワンピース・ニットです。
(その他の2017AW情報はこちら


▼注目ワンピース1:シャツワンピース

ミニ丈~ミディ丈、ウエスタン調の切り替えやディテール、細身シルエット。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目ワンピース2:ニットワンピース

単品スタイリングで存在感のあるデザインが見られた。マイクロミニ丈~ミディ丈が主流。チェック柄やアブストラクト柄のタートルネック、フリル装飾、素朴な手編み風など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目ワンピース3:ジャンパースカート

久々にジャンパードレスが復活。ほっそりとしたシースシルエットや60’s調のミニ丈台形シルエットが目立った。ブラウスやニットセーターとのレイヤードやVネックが主流。チェック柄ウール×刺繍、グラフィカルなストライプ柄、起毛素材、アップリケ装飾など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目ニット1:グラフィック柄セーター

16秋冬~17春夏に引き続き、グラフィカルな柄表現が多彩に見られた。身頃全体に大きく描かれたイラスト調が目立った。風景モチーフ、ジオメトリック柄、鳥や動物モチーフ、モダンアート風など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目ニット2:アレンジノルディック柄セーター

オーセンティックなノルディック柄をモダン&グラフィカルにアレンジしたデザインが多く見られた。ブランドロゴ入り、スノーフレイク柄、モダンな配色やジオメトリックに加工された柄表現など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目ニット3:無地セーター

アランニット風のケーブル編み、イレギュラーヘムやクラフトタッチの装飾、ソフトスカルプチュアルフォルム。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目ニット4:オーバーサイズセーター

ゆったりとした身頃、長い袖丈&着丈、ドロップショルダーなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2017AWのレディース注目ワンピース・ニットでした。

次回は同じく4大コレクションから、2017AWレディースのスカート・パンツトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2017/07/28

【アイテムトレンド/2017AWレディース】17年秋冬におけるレディース注目アウター(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き2017AW、4大コレクションのレディース分析結果をご紹介します。今回のテーマは2017AWシーズンの注目アウターです。
(その他の2017AW情報はこちら


▼注目アウター1:パフィコート

15秋冬、16秋冬に引き続き、ダウンや中綿入りのかさ高で丸みを帯びたシルエットのコートが目立った。スポーティな素材感やデザインよりもロマンティック&フェミニンなムードが強く、フラワー柄やベルベットも登場した。その他、コクーンシルエットやオーバーサイズ、グラフィカルな柄など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目アウター2:ファー&シアリングファージャケット

ショート丈~腰骨丈が主流。ラグジュアリーなムードよりも軽快なカジュアルさや素朴なムードが目立った。柄や模様を取り入れたり、アクセントカラーを大胆に取り入れたり。また、シアリングファーも多く、裏革×ボア系素材のムートン調のバリエーションが見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目アウター3:テーラードジャケット

腰骨丈~ヒップ丈が主流。マスキュリンなボクシーシルエットの他、ウエストをほど良く絞ったレディライクなシルエットも見られた。チェック柄の梳毛ウールやツイードウール、フランネルなどのフラットウール、ベルベットやコーデュロイなど、素材のバリエーションも幅広く見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目アウター4:ノーカラージャケット

ラウンドネック、Vネックのいずれも見られた。単品では正統派レディライクなムードを持っていても、ストリートカジュアルとの折衷スタイリングや素材コントラストを効かせたスタイリングでモダンなイメージに刷新。また、一部にはミニマリズムの要素も感じられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2017AWのレディース注目アウターでした。

次回は同じく4大コレクションから、2017AWレディースのワンピーストレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2017/07/24

【素材・柄トレンド/2017AWレディース】17年秋冬におけるレディース注目素材・柄(4大コレクション分析)



当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き2017AW、4大コレクションのレディース分析結果をご紹介します。今回のテーマは2017AWシーズンの注目素材および柄です。
(その他の2017AW情報はこちら


▼注目素材1:ファー&シアリングファー

毛足の長いファーよりも刈り毛タイプのふわふわモコモコとした質感が主流に。リアルファーのみならず、フェイクファーも増加傾向。一部には巻き毛のカルガンラムも見られた。カラフルな色使いやインターシャやインレイを用いた柄表現も目立った。また、シープスキンを主流としたシアリングファーも非常に多かった。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目素材2:ベルベット / ベロア / 別珍

16秋冬に引き続き、ベルベットの出現率が非常に高かった。無地だけでなく、プリントやオパール加工で柄を描いたものも見られた。ベルベットに加え、ストレッチ性のあるベロアや毛足の短い別珍といった類似性のある素材にも増加傾向が見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目素材3:ツイード

クラシカルなムードやマスキュリンなメンズテーラリングの要素が拡大。アウター、スーツ、ボトムスを中心に使われた。ブラウン、グレー、ブラックなどのベーシックカラーが多く、ヘリンボーン、チェック、ソルト&ペッパーなどが見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目柄1:チェック

注目度の高いチェックの中でも、ガンクラブ、グレン、ハウンドトゥースなど、クラシカルな英国調やマスキュリンなテーラリングのムードを強く感じさせるオーセンティックなチェックが最も多く見られた。ベージュやブラウン系のトーン・オン・トーン配色やモノトーン配色が主流。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目柄2:ボタニカル

花だけでなく葉や茎の存在感が大きな植物柄のバリエーション。マルチカラー配色のオリエンタル調や植物図鑑風の絵柄、モノトーン配色のシャドー柄、アクセントカラーを効かせたブラック配色など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目柄3:宇宙

UFOや惑星、宇宙飛行士などをモチーフにしたファンタジー調の柄が新出。フラワーモチーフとの組み合わせやブラックベースなどが特徴的。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2017AWのレディース注目素材・柄でした。

次回は同じく4大コレクションから、2017AWレディースのアウタートレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2017/07/10

【カラートレンド/2017AWレディース】17年秋冬におけるレディース注目カラー・流行色(4大コレクション分析)



当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


今回より2017AW、4大コレクションのレディース分析結果をご紹介します。第一回のテーマは2017AWシーズンの注目カラーです。
(その他の2017AW情報はこちら


▼注目カラー1:レッド

ここ数年シーズンレスに継続中のカラーだが、今シーズンは最も印象的なアクセントカラーとして存在感が大きかった。やや黄みがかったトーンや深みのあるノーブルなトーンが目立った。
■カーマイン ■スカーレット ■バーミリオン ■チェリーレッド ■ガーネット など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目カラー2:ブラウン

レッド同様、ここ数年シーズンレスに継続中のカラーだが、今シーズンはヴィンテージテイストやトラッドなムードの広がりから重要色と言える。黄みや赤みの強いトーンが目立った。
■カリー ■キャラメル ■タフィー ■アンバー ■チェスナット など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目カラー3:ブルー

ペール、ブライト、ダークなど幅広いバリエーションで今シーズンも継続。
■コバルト ■デニム ■インク ■ピーコック ■インディゴ ■サックス など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目カラー4:イエロー

16秋冬~17春夏に引き続き登場。ペールトーンは少数派で、こっくりとしたストロングトーンが主流となった。
■クリーム ■サンフラワー ■マスタード ■サフラン など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目カラー5:グリーン

ミリタリーテイストが下火となり、カーキ系のユーティリティカラーは減少傾向となったが、深みのあるノーブルなグリーン系は継続。
■ビリジアン ■ティール ■オリーブ ■フォレスト ■モス など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2017AWのレディース注目カラーでした。

次回は同じく4大コレクションから、2017AWレディースの素材トレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2017/06/09

【2018SS】ファッショントレンド戦略セミナー開催!


当ブログを運営する株式会社プレールより、2018SSファッショントレンド戦略セミナー開催のお知らせです。
2018年春夏シーズンのトレンド傾向やヒットアイテム予測について、リゾートコレクションやショップリサーチ、フィールドマーケティング、消費者の価値観変化など様々な情報を多角的に分析した結果から、ファッション産業の現場で活用できる情報をお伝えします。
スタッフ一同、皆さまのご参加をお待ちしております。


【セミナー名・開催日時】
2018SSトレンド戦略セミナー(レディース) [2017/7/24(月)18:00~]※受付終了



【2017年7月24日(月)開催】※受付終了
2018SSトレンド戦略セミナー(レディース)

2018年春夏シーズンのスタイリング、アイテム、カラー、ファブリック、パターン、ディテールデザイン、ファッショングッズ(アクセサリー)について、トレンド傾向やヒットアイテムを予測します。本セミナーではリゾートコレクションの情報に加え、ショップリサーチ、フィールドマーケティング、消費者の価値観変化など様々な情報を多角的に分析した結果から、コレクションのレビューを行うだけでなく、実際にファッション業界の現場で活用できる情報をお伝えします。

【主なテーマ】
キースタイリング/カラー分析/素材分析/パターン分析/アイテム分析(コート/ジャケット&ブルゾン/セットアップ&スーツ/ニット/ドレス/トップス/スカート/パンツ)/ディティール分析/ファッション雑貨分析(バッグ/シューズ/ヘッドウェア/ネックウェア/ベルト/レッグウェア/アクセサリー)/ほか
※内容は予告なく変更される場合があります。

【日程等】
■開催日時:2017年7月24日(月)18:00~20:00
■受講料:8,640円(税込)
※受講料は事前に銀行振込にてお支払い下さい。
(振込先などの詳細はお申込み後にご連絡させて頂きます)

【資料イメージ(過去資料より抜粋)】


※当日、スライド資料の冊子版を配布いたします。資料はお持ち帰り頂けます。

【セミナー会場】
■場所:長井記念ホール(日本薬学会長井記念館)
■住所:東京都渋谷区渋谷2-12-15(JR渋谷駅東口より徒歩約8分)
地図を表示)※外部サイトが開きます

【お申込み方法】
■下記フォームよりお申込みください。※受付は終了致しました
https://v.rentalserver.jp/preal.com/seminar_entry.html





【講師紹介:栗山志明(株式会社プレール代表取締役)】
ファッション業界を中心とした様々な業態のクライアントに、質の高い情報と独自のマーケティング手法に基づくブランド開発、ディレクション、商品企画などの提案を行う。

1988年~1994年までバンタンデザイン研究所・商品企画講師、1999年~現在までIFIビジネススクール・マスターコース講座主任を担当。

現在は複数の大手百貨店やラグジュアリーブランドでも社外講師を務める。また、大洋交易社主催のコレクションセミナーでは約500席が満席となるなど、そのセミナー内容は業界内で高い評価を受ける。






2017/04/28

【アイテムトレンド/2017SSレディース】17年春夏におけるレディース注目ドレス・トップス(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き4大コレクションの分析結果をご紹介します。今回のテーマは2017SSシーズンの注目ドレス&トップスです。
(その他の2017SS情報はこちら


ドレス総括

ロマンティック&フェミニンなムードが今シーズンも継続。
さらに春夏らしい開放的なリラックスムードが加わり、シアー素材やエアリーな素材を用いたイレギュラーヘムやアシンメトリーで動きのあるデザインが広がった。
引き続き主流は膝丈~ミディ丈だが、ミニ丈の増加が顕著に見られた。


▼注目ドレス1:シャツドレス
レトロなムードやシンプルにアレンジされたロマンティックムード、クリーンなプレッピー調など、多彩なバリエーションが見られた。
大胆なジオメトリック柄×ラップディテール、ミッドセンチュリー調をパステルカラーでアレンジ、ルーズフィットシルエット、肌見せスタイリング、クレリックシャツ風など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目ドレス2:スリップドレス
今シーズンも多彩なバリエーションが見られたが、特に目立ったのはイレギュラーヘムやティアードを取り入れた動きのあるデザイン。
ミニ丈~膝丈が主流。胸元のラッフル&ハンカチーフヘム、柄ブロック&ティアード、裾ティアードやメッシュトップスのインナー使い、ジグザグなヘムライン、スラッシュアクセントなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目ドレス3:ジャージー
継続トレンドが多い中、新しい流れとして注目のジャージードレス。
特にギャザーやドレープをアクセントにしつつ、透け感のあるエアリーな伸縮素材を用いた動きのあるデザインが目立った。
その他、アシンメトリーデザインやスポーティなムードの配色ラインアクセント、カラーブロックなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


トップス総括

スポーティなムードや若々しいストリートカジュアルの要素が強く見られた。特にグラフィカルな色柄が重要なポイントに。
また、ロマンティック&フェミニンなムードの継続も見られ、フリルやラッフル、パフスリーブといったディテール使いは今シーズンも目立った。


▼注目トップス1:レギュラーカラーシャツ
シンプル&ベーシックをベースに、グラフィカルな柄や装飾性を付加したデザインがポイント。
先染めではなくプリントで表現したストライプ柄、レトロなジオメトリック柄や合繊素材の光沢感、レイヤードスタイリング、ポップカラーのスパンコール刺繍など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目トップス2:Tシャツ
ストリートカジュアルの要素を取り入れたグラフィカルな柄やタイポグラフィの取り入れ方がポイント。
ボトムスにリュクス感やフェミニンなムードを取り入れたスタイリングも特徴的。
ロックテイストのイラスト×ブラックカラー、シンプルなメッセージTシャツ、プリントTシャツ×ビジュー装飾、シアー素材×ワッペン装飾など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目トップス3:プルオーバーパーカ&スウェットシャツ
カジュアルな裏毛スウェット生地やベーシックなデザインをベースに、ポップ&グラフィカルにアレンジ。
ベーシックカラーをベースにしたマルチカラー柄&アップリケ装飾、柄ブロックやパッチワーク、袖へのタイポグラフィプリント、半袖やプリント×刺繍など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2017SSのレディース注目ドレス&トップスでした。

今回で2017SSのレディース分析は終了となり、次回からは、メンズの2017SS分析結果をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。



2017/04/07

【アイテムトレンド/2017SSレディース】17年春夏におけるレディース注目素材(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き4大コレクションの分析結果をご紹介します。今回のテーマは2017SSシーズンの注目素材です。
(その他の2017SS情報はこちら


注目素材1:シアー全体傾向

エアリーな質感を持つシアー素材のバリエーションが広がった。透け感を活かした肌見せだけでなく、今シーズンはインナーの柄生地やコントラストの効いた別色をシアー素材越しに透かして見せることによるレイヤード効果が重視された。また、フリルやラッフル、ドレープ、プリーツなど3D効果のあるディテール使いも目立った。

▼レース
16秋冬に引き続き透け感の強い薄手が主流となったが、ラグジュアリー感の強いリバーレースに代わりケミカルレースやストレッチレースが台頭。繊細な意匠性に加えよりライトな質感やスポーティなムードとの組み合わせがポイントに。その他、凹凸のはっきりとしたギュピールレースも目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示

▼シフォン
シーズンレスに継続中。プリント生地が多く見られたが、配色を効かせた無地のレイヤード使いに新鮮味が感じられた。たっぷりとした分量感やフリル、ラッフル、プリーツなどの3D効果のあるディテールとの組み合わせでロマンティックなフェミニンムードを演出した。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材2:光沢&ツヤ系全体傾向

グラマラスなムードやフェティッシュなムード、アクセントで取り入れるフューチャリスティックなムードなど、様々な演出に艶やかな光沢素材が使われた。今シーズンはラグジュアリー感よりも若々しい軽快なムードやスポーティなデザインとの組み合わせが目立った。

▼サテン
16秋冬に見られた重厚さが払拭され、軽やかでカジュアルなムードが強調された。カラー刺繍や陰影を描くタックやギャザー、織りで取り入れたストライプ柄、ダークカラーベースに鮮やかなプリント柄など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示

▼パテントレザー
テクノタッチな光沢感が演出するレトロモダンなムードやブラックで表現されるフェティッシュなムードの演出が目立った。主にアウターやドレスに使われた。なめらかな表面感だけでなく、シボ感のあるリンクル加工も見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材3:ナチュラル系全体傾向

ストリートカジュアルの要素や素朴なノスタルジックムードを演出する天然素材のバリエーションが見られた。フェミニンさやスポーティさと結びついた軽やかなムードがポイント。

▼デニム
シーズンレスに継続中。しなやかなライトデニムからハリコシのある高密度な質感まで多彩なバリエーションが見られた。穴やほつれのあるダメージ加工も一部に見られたが、主流は程良い経年加工やきれいめな色落ちのない濃色デニム。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示

▼コットンレース
ノスタルジック&ナチュラルなフェミニンムードを演出するコットンベースのアイレットレースに多彩なバリエーションが見られた。イノセントなムードのホワイトが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2017SSのレディース注目素材でした。

次回は同じく4大コレクションから、2017SSレディースのドレス&トップストレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2017/03/24

【カラートレンド/2017SSレディース】17年春夏におけるレディース注目カラー・流行色(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き4大コレクションの分析結果をご紹介します。今回のテーマは2017SSシーズンの注目カラーです。
(その他の2017SS情報はこちら


注目カラーパレット1:ブライトカラー

ここ数年シーズンレスに継続していたパステルカラーに代わり、発色の良い鮮やかなカラーが多彩に見られた。レッドやピンクの暖色系が優勢。オレンジ、ライム、レモンなど柑橘系カラーも目立った。また、それほど多くはないものの、久々にネオンカラーも登場した。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラーパレット2:ダスティ&スモーキー

ブライトカラーの台頭に対抗するように、くすみやにごりのあるムーディーなトーンにもバリエーションが見られた。明度や彩度はそれほど低くなく、微細な灰味や混色などニュアンスのあるカラーが主流。パステルカラーにもスモーキーなトーンが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラーパレット3:メタリック

スタイルの要素としてはフューチャリスティックなムードは弱かったものの、16秋冬に引き続きメタリックカラーの出現率が高かった。秋冬に比べ軽量な素材や流麗感のある素材との組み合わせが目立ち、カジュアルなムードが強調された。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー&配色1:レッド

女性らしい華やかさやセクシーさを表現したムードが広がった。
・黄味がかったバーミリオン(=朱赤)
・発色の良いカーマインやチェリー
・深みのあるやや暗いスマック(=うるし) 
・黄味がかった深みのあるアフリカンレッド 
・その他、スカーレット / トマトレッド / ローズ など

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー&配色2:ピンク

淡くソフトなトーンから目の覚めるような鮮やかなトーンまで、様々なバリエーションで甘さやオプティミスティックなムードを演出した。
・淡くソフトなベビーピンク
・やや紫味がかったポップなバブルガム 
・オレンジ味がかったピーチやサーモン
・くすみのあるサンドピンク
・鮮やかなエレクトリックピンク
・その他、コーラル / オールドローズ / マゼンタ など

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー&配色3:イエロー&オレンジ

春夏らしい明るさに溢れた柑橘系カラーが目立った。フォークロアやエキゾチックなムードよりも、オプティミスティックでエネルギッシュなムードが強く感じられた。
・ソフトなクリームイエロー
・やや緑味がかったライムイエロー
・人工的なムードのエレクトリックイエロー
・鮮やかなアトミックオレンジ
・明るさと深みのあるバーントオレンジ
・その他、バナナイエロー / マリーゴールド / マスタード など

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2017SSのレディース注目カラーでした。

次回は同じく4大コレクションから、2017SSレディースの素材トレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。