About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

ラベル 2015SS の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 2015SS の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2015/02/09

【ディティールトレンド分析/2015SS】15年春夏における注目ディティール


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


今回は2015春夏における注目ディティールについてご紹介します。


フリンジ

ディティールは付加価値性の高い提案が増加しており、ラグジュアリー感や手仕事による職人技のイメージが感じられるディティールが注目された。

また70年代トレンドを代表するディティールとして、今シーズンはフリンジが増加。ウェアだけでなく雑貨にも数多く使用されている。


出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ハンドステッチ

クラフトテクニッックを代表するディティールとしては、ハンドステッチを施したジャケットやコートが注目されている。

特に、ダーク系カラーに白の配色など、明確なコントラストで強調されたディティールが多く見受けられた。


出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2015SSの注目ディティールでした。

次回の更新もどうぞお楽しみに。

2015/02/02

【アイテムトレンド分析/2015SS】15年春夏における注目アイテムVol.4 ~ワイドパンツ・ベルボトムパンツ~


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


今回は2015春夏における注目アイテム分析の第4回で、パンツについてご紹介します。

~過去の投稿はこちら~
第1回:ドレス・ワンピース
第2回:ポロニット・ニットカーディガン
第3回:ミディ&マキシスカート・ラップスカート


ワイドパンツ

ここ数シーズン、コレクションでは増加傾向にあったものの、日本市場ではあまり注目されなかったワイド系のパンツだが、2014年秋頃からヤング系の市場を中心にカットレングスのワイドパンツ(ガウチョパンツ)が増加しており、注目度の高まりが感じられる。

2015SSコレクションでも数多く登場したが、中にはパラッツォパンツ(宮殿のパンツ)と呼ばれる、一見スカートにも見えるようなボリュームのあるパンツも見受けられた。


出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ベルボトムパンツ

また70年代トレンドからは、久々にベルボトムパンツが提案された。

単品としてだけではなくセットアップとしても使用されたり、ヤング向けではデニムパッチワークのベルボトムパンツも登場している。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2015SSの注目アイテムVol.4でした。

次回は15年春夏の注目ディティールについてご紹介したいと思います。

どうぞお楽しみに。

2015/01/20

【アイテムトレンド分析/2015SS】15年春夏における注目アイテムVol.3 ~ミディ、マキシスカート・ラップスカート~


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


今回は2015春夏における注目アイテム分析の第3回で、スカートについてご紹介します。

~過去の投稿はこちら~
第1回:ドレス・ワンピース
第2回:ポロニット・ニットカーディガン


ミディ・マキシスカート

2015SSコレクションでも、前シーズンに続いてミディ丈やマキシ丈のスカートが注目された。

70年代ボヘミアンやヒッピースタイルが登場したため、ロング丈スカートは益々重要なアイテムになると考えられる。

スリムなシルエットもあるが、全体的にはフレアーシルエットが多く提案されている。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ラップスカート

一方、フェミニンなテイストのトレンドからは、アシンメトリーなデザインへの注目が高まっており、スカートではラップスカートが増加した。

ラップスカートはミニ丈~ミディ丈と、丈のバリエーションも見受けられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2015SSの注目アイテムVol.3でした。

次回も同じく2015SSトレンドから、15年春夏の注目アイテムVol.4としてパンツについてご紹介したいと思います。

どうぞお楽しみに。

2015/01/13

【アイテムトレンド分析/2015SS】15年春夏における注目アイテムVol.2 ~ポロニット・ニットカーディガン~


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


今回は2015春夏における注目アイテム分析の第2回で、ポロニット・ニットカーディガンについてご紹介します。

~過去の投稿はこちら~
第1回:ドレス・ワンピース


ポロニット

ニットではレトロなムードのファンシーヤーン等を使用したポロニットに注目が集まっている。

ソリッドヤーンとファンシーヤーンの組み合わせやパターンの組み合わせ、異素材使いなどでレトロポップなイメージを演出することが重要となる。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ニットカーディガン

2014年秋、国内市場でヒットしたロングカーディガン。背景には、マークジェイコブスなどがAWコレクションで取り上げたことが考えられるが、2015SSコレクションでもボッテガヴェネタやシャネルなどの有力ブランドが提案していることから、継続して重要アイテムになると思われる。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2015SSの注目アイテムVol.2でした。

次回も同じく2015SSトレンドから、15年春夏の注目アイテムVol.3をご紹介したいと思います。

どうぞお楽しみに。

2014/12/22

【アイテムトレンド分析/2015SS】15年春夏における注目アイテムVol.1 ~エプロンドレス・ミディ&マキシ丈ドレス~


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


今回より、全4回の内容で2015春夏の注目アイテムのトレンド分析をお届けします。第1回はドレス・ワンピースについてご紹介します。


エプロンドレス

今回注目されている70年代トレンドでは、ペザント風のガーリーなスタイルの打ち出しも見受けられた。

中でもカレンウォーカーなどが提案したミニ丈・ミディ丈のエプロンドレス、ジャンパースカートなど、カジュアルでガーリーなワンピースは幅広い年齢で対応できるアイテムになると考えられる。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ミディ丈・マキシ丈ドレス

70年代のボヘミアンスタイルでは、フレアーシルエットのミディ丈ドレスやマキシ丈ドレスが増加した。

春夏シーズンを通して、ロング丈のワンピースの重要性が高まると思われる。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2015SSの注目アイテムVol.1でした。

次回も同じく2015SSトレンドから、15年春夏の注目アイテムVol.2をご紹介したいと思います。

どうぞお楽しみに。

2014/12/15

【パターントレンド分析/2015SS】15年春夏における注目パターン・柄


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


今回はパターン・柄のトレンド分析です。2015SSコレクションの動向から15年春夏の注目パターンをご紹介します。


レトロポップなフラワー柄

1970年代のフラワーチルドレンに代表される、反戦や平和願望がマクロトレンドとして注目されている。

このようなテーマでコレクションを展開したブランドの中では、当時のようなレトロでポップな花柄を使用するケースが目立った。

花柄といってもリアルな花柄ではなく、単純化されたイメージの花柄が重要になる。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


マルチボーダー柄

同じように70年代のイメージから、マルチカラーを使用した幅の広いボーダーやストライプの台頭も見受けられた。

シンプルなバイカラー配色も継続される見込みだが、エスニックなムードのマルチカラーボーダーはトレンド性が強く感じられることから、新鮮な柄として注目される。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2015SSの注目パターン・柄でした。

次回も同じく2015SSトレンドから、15年春夏の注目アイテムVol.1をご紹介したいと思います。

どうぞお楽しみに。

2014/12/02

【素材トレンド分析/2015SS】15年春夏における注目素材


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


今回は素材のトレンド分析です。前回のカラートレンドに引き続き、2015SSコレクションの動向から15年春夏の注目素材をご紹介します。


スウェード

70年代トレンドが浮上したことで、素材としてはスウェードの活用が拡大され、2015年春の主力素材の一つになると考えられる。

ジージャンやスプリングコート、スカートなど様々なアイテムで活用されるが、バッグやシューズなどの服飾雑貨での活用も多くなるのではないか。

またフリンジとの相性が良く、ディテールデザインのための素材としても注目される。

スウェード / 出典:Trendstop

※クリックで拡大表示


シフォン・オーガンジー・チュール

一方でフェミニンテイストの台頭も見受けられ、トランスペアレンシー(透け感のある)素材が再び注目された。

特にプリント素材としての活用が多く、こちらも春の主力素材の一つになると考えられる。

シフォン / 出典:Trendstop

※クリックで拡大表示

オーガンジー・チュール / 出典:Trendstop

※クリックで拡大表示




以上、2015SSの注目素材でした。

次回も同じく2015SSトレンドから、注目のパターンをご紹介したいと思います。

どうぞお楽しみに。

2014/11/26

【カラートレンド分析/2015SS】15年春夏における注目カラー・流行色


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


今回はカラートレンド分析です。先日終了した2015SSコレクションの動向をベースに、15年春夏のカラートレンドをご紹介します。


スモーキーパステル

2014AWシーズンでも注目色となったスモーキーパステルカラーが2015SSも継続して登場。

ピンク系やブルー系を中心に展開された。

M出典:Trendstop

※クリックで拡大表示


ペールトーン

また、爽やかでクリーンなイメージのペールトーンカラーも登場。

前述のスモーキーパステルカラーとこのペールトーンカラーが市場の主役になると考えられる。

出典:Trendstop

※クリックで拡大表示


アースカラー

今回のコレクションでは70年代トレンドが注目されたが、その中で、ナチュラルでフォークロアムードを演出するカラーとしてアースカラーが数多く登場した。

スウェード素材での活用も多く重要なカラーになると考えられる。

出典:Trendstop

※クリックで拡大表示


オリーブ・カーキ

ミリタリーテイストも継続されることから、オリーブグリーンやカーキといったカラーも2014年に続いて注目度の高いカラーとなる。

出典:Trendstop

※クリックで拡大表示


ベージュ・スキンカラー

2015SSシーズンでは、大人フェミニンでニュートラルなムードの台頭が見受けられることから、スキンベージュやヌードベージュなどの上品なカラーへの注目も高まる。

出典:Trendstop

※クリックで拡大表示


ライラック・ラベンダー

ジェネラルカラートレンド情報からも紫系カラーへの注目度が高まっていたが、コレクションでもライラックやラベンダーといったカラーが注目色として浮上した。

またFENDIはオーキッド(蘭)の花をモチーフとして使用。ピンクに変わる春の注目色として、商品だけでなくプロモーションなどでも活用できるカラーになると考えられる。

出典:Trendstop

※クリックで拡大表示




以上、2015SSのトレンドカラー・流行色分析でした。

次回は2015SSの注目素材をご紹介したいと思います。

どうぞお楽しみに。

2014/10/03

【アイテムトレンド分析/2015SS】リゾートコレクションから見る注目アイテム(ドレス)


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

───────────────────────────────
【お知らせ】

~2015SS/AWファッショントレンドセミナー開催~

・マーケットストラテジーセミナー [2014/10/7(火)18:30~]
・ジェネラルトレンドセミナー2015AWレディース [2014/11/6(木)18:30~]
・コレクションセミナー2015SSレディース [2014/11/14(金)18:30~]

<詳しくはこちら>

───────────────────────────────


今回は2015年春夏、ドレスのトレンド分析です。リゾートコレクションの情報をもとに、注目のアイテムをご紹介します。


スリップドレス

2015SSリゾートコレクションでは、ベーシックなフィット&フレアを始め、60年代風のシフトドレス、テントドレスなど、ドレスのバリエーションが豊富に提案された。

今シーズンはスリーブレスが増加傾向にあり、ドレスではスリップドレスが復活。カーディガンを羽織るなどヤング~ヤングキャリア向けで特に注目される。

出典:Trendstop

※クリックで拡大表示


タンクドレス

タンクドレスは、前回(2014SSシーズン)のリゾートコレクションにおいて、トミーヒルフィガーがバスケットボールからインスピレーションを受けたデザインを提案していたが、今回のリゾートコレクションでもスポーティーでシンプルなデザインを中心に数多く登場しており注目が集まる。

出典:Trendstop

※クリックで拡大表示


Tドレス

2014SSシーズンから登場したTドレスは増加傾向にある。ミニ丈のコンパクトなシルエットで、切り替えテクニックなどを用いてフェミニンな演出を行ったり、前シーズンに続いてポスターのようなプリントを施すポスタードレスも注目される。

出典:Trendstop

※クリックで拡大表示




以上、2015SSのアイテムトレンド分析(ドレス)でした。

次回の更新もどうぞお楽しみに。

2014/09/24

【アイテムトレンド分析/2015SS】リゾートコレクションから見る注目アイテム(アウター)


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

───────────────────────────────
【お知らせ】

~2015SS/AWファッショントレンドセミナー開催~

・マーケットストラテジーセミナー [2014/10/7(火)18:30~]
・ジェネラルトレンドセミナー2015AWレディース [2014/11/6(木)18:30~]
・コレクションセミナー2015SSレディース [2014/11/14(金)18:30~]

<詳しくはこちら>

───────────────────────────────


今回はアウターのトレンド分析です。リゾートコレクションの情報をもとに、注目のアイテムをご紹介します。


ボマージャケット

14年春夏シーズンから始まったショート丈トップスの傾向は15年春夏シーズンも継続すると考えられる。また90年代トレンドも継続することから、スポーツ、ミリタリー、ワーク系アウターも重要性が高い。

リゾートコレクションにおいてもミリタリー系の代表的アウターアイテムであるボマージャケットが多数見られた。

出典:Trendstop

※クリックで拡大表示


バイカーズジャケット

バイカーズジャケットやライダースジャケットと言ってもハードなものではなく、シンプルなショート丈が中心となっている。

またスタイリングでは、フェミニンなワンピースやスカートとのコーディネートで、全体的に洗練されたスタイルでの提案が重要となる。

出典:Trendstop

※クリックで拡大表示


テーラードジャケット

ストリートやスポーツ系トレンドではショート丈が主流となるが、ベーシックなアウターではノーマルなテーラードジャケットが注目される。

コームコアと言われるように、ベーシックをいかに着こなすかといった新たな試みの重要性が高まると考えられる。

出典:Trendstop

※クリックで拡大表示


アノラック&ポンチョ

プルオーバー型のアウターが増加している。スエード素材を使用したフォークロアテイストのポンチョ風デザインもあるが、スポーティなアノラックにも注目したい。

出典:Trendstop

※クリックで拡大表示




以上、2015SSのアイテムトレンド分析(ジャケット)でした。

次回は15年春夏のドレスについてご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2014/09/18

【アイテムトレンド分析/2015SS】リゾートコレクションから見る注目のニット


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

───────────────────────────────
【お知らせ】

~2015SS/AWファッショントレンドセミナー開催~

・マーケットストラテジーセミナー [2014/10/7(火)18:30~]
・ジェネラルトレンドセミナー2015AWレディース [2014/11/6(木)18:30~]
・コレクションセミナー2015SSレディース [2014/11/14(金)18:30~]

<詳しくはこちら>

───────────────────────────────


今回はニットのトレンド分析です。リゾートコレクションの情報をもとに、注目のアイテムをご紹介します。


プルオーバー

春夏シーズンということもあり、秋冬と比較するとボリュームは多くないが、今シーズンは90年代からのインスパイアとしてシャツをセーターの下に着用したレイヤードスタイルが登場。新鮮さが演出された。

出典:Trendstop

※クリックで拡大表示


ショートスリーブプルオーバー

ミニマルでコンパクトなスカートと、半袖のニットプルオーバーによるコーディネート。ファンシーヤーンを使用し、どこかレトロなムードが感じられるスタイルとなっている。

出典:Trendstop

※クリックで拡大表示


カーディガン

日本市場でもカーディガンは春の基本アイテムとなっている。着用が多く見られるのは無地カーディガンだが、リゾートコレクションではインターシャによるブロッキングや異素材使い、ジャカードなどのカーディガンも数多く登場した。

出典:Trendstop

※クリックで拡大表示




以上、2015SSのアイテムトレンド分析(ニット)でした。

次回もアイテムの分析で、ジャケット等のアウターをご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2014/09/08

【2015SS/2015AW】ファッショントレンド・マーケット分析セミナー開催!



当ブログを運営する株式会社プレールより、毎シーズン開催を行っております、トレンド情報セミナーのご案内です。
2015SS・2015AWのトレンド予測やマーケット動向など、ファッション業界に関わる皆様がいま抑えておくべき最新情報や重要なポイントをお伝えします。
スタッフ一同、皆さまのご参加をお待ちしております。


【セミナー名・開催日時】
マーケットストラテジーセミナー [2014/10/7(火)18:30~]※受付終了
ジェネラルトレンドセミナー2015AWレディース [2014/11/6(木)18:30~]※受付終了
コレクションセミナー2015SSレディース [2014/11/14(金)18:30~]※受付終了



【2014年10月7日(火)開催】※受付終了
~ マーケットストラテジーセミナー ~

キッズからシニアまでの各世代でいま起きている、ファッション業界にとって重要な最新のトレンドをレポート。今後のビジネスに活用できる新たな切り口を見出します。

【日程等】
■開催日時:2014年10月7日(火)18:30~20:30
■受講料:10,800円(税込)
※受講料は事前に銀行振込にてお支払い下さい。
(振込先などの詳細はお申込み後にご連絡させて頂きます)

【主なテーマ】
(0~9歳) キャラクター動向
(10代) 母親子消費 / 低価格という制約下での差別化戦略
(20代) 若者の価値観 / 若者の消費志向とファッション志向
(30代) 30代へシフトするファッションのイニシアチブ
(40代) 40代未婚男性への注目
(50代) 50代消費者の実態と価値観
(60代以上) 団塊の世代の現状 / シニアの三大消費

※内容は一部変更となる可能性があります。

【資料イメージ(過去資料より抜粋)】


※受講者様には当日、資料を配布致します。資料はお持ち帰り頂けます。

【セミナー会場】
■場所:T’s渋谷フラッグ/Room7G(東急本店前、H&M渋谷店の上)
■住所:東京都渋谷区宇田川町33-6(7階)
地図を表示)※外部サイトが開きます

【お申込み方法】
■下記フォームよりお申込みください。
https://v.rentalserver.jp/preal.com/seminar_entry.html



【2014年11月6日(木)開催】※受付終了
~ ジェネラルトレンドセミナー2015AWレディース ~

レディース向けの2015年秋冬ジェネラルトレンド分析。社会背景や消費者心理とトレンドの関連を中心に、1年後にあたる2015AWのトレンド傾向を解説します。

【日程等】
■開催日時:2014年11月6日(木)18:30~20:30
■受講料:10,800円(税込)
※受講料は事前に銀行振込にてお支払い下さい。
(振込先などの詳細はお申込み後にご連絡させて頂きます)

【主なテーマ】
■2015AW:カラートレンド分析1(色相・色調・配色)/カラートレンド分析2(カラーグループ)/メガトレンド(消費者心理・価値観)分析/メガトレンドとジェネラルトレンド/トレンドテーマ/ファッションインフルエンス/スタイリングイメージ/ファブリックイメージ/アイテム&ディティール/ファッショングッズ

【資料イメージ(過去資料より抜粋)】
※都合により一部画像はモノクロ処理されています。

※受講者様には当日、資料を配布致します。資料はお持ち帰り頂けます。

【セミナー会場】
■場所:T’s渋谷フラッグ/Room7G(東急本店前、H&M渋谷店の上)
■住所:東京都渋谷区宇田川町33-6(7階)
地図を表示)※外部サイトが開きます

【お申込み方法】
■下記フォームよりお申込みください。
https://v.rentalserver.jp/preal.com/seminar_entry.html



【2014年11月14日(金)開催】※受付終了
~ コレクションセミナー2015SSレディース ~

レディース向けの2015年春夏トレンド分析。カラートレンドについても言及します。当社ではテーマやスタイルの分析だけでなく、トレンドの背景と生活者の価値観にも重点を置いた、最新のトレンド提案を行なっています。

【日程等】
■開催日時:2014年11月14日(金)18:30~20:30
■受講料:10,800円(税込)
※受講料は事前に銀行振込にてお支払い下さい。
(振込先などの詳細はお申込み後にご連絡させて頂きます)

【主なテーマ】
■2014AW:コレクションのレビューとキーワード
■2015SS:スタイリング分析/シーズントレンド傾向分析/シルエット&ライン分析/カラートレンド分析/素材・ファブリック分析/パターン(柄)トレンド分析/注目アイテム分析/注目ディティール分析/ファッショングッズ分析

【資料イメージ(過去資料より抜粋)】
※都合により一部画像はモノクロ処理されています。

※受講者様には当日、資料を配布致します。資料はお持ち帰り頂けます。

【セミナー会場】
■場所:T’s渋谷フラッグ/Room7G(東急本店前、H&M渋谷店の上)
■住所:東京都渋谷区宇田川町33-6(7階)
地図を表示)※外部サイトが開きます

【お申込み方法】
■下記フォームよりお申込みください。
https://v.rentalserver.jp/preal.com/seminar_entry.html



【講師紹介:栗山志明(株式会社プレール代表取締役)】
ファッション業界を中心とした様々な業態のクライアントに、質の高い情報と独自のマーケティング手法に基づくブランド開発、ディレクション、商品企画などの提案を行う。

1988年~1994年までバンタンデザイン研究所・商品企画講師、1999年~現在までIFIビジネススクール・マスターコース講座主任を担当。

現在は複数の大手百貨店やラグジュアリーブランドでも社外講師を務める。また、大洋交易社主催のコレクションセミナーでは約500席が満席となるなど、そのセミナー内容は業界内で高い評価を受ける。



2014/08/27

【カラートレンド分析/2015SS】リゾートコレクションから見る15年春夏の注目カラー


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


今回は2015SSカラートレンド分析です。リゾートコレクションで注目された4つのカラーグループをご紹介します。


注目のカラーグループ

2015SSリゾートコレクションでは、春のカラーとして「ライトブルー」「レモンイエロー」「ソフトピンク」「ラベンダー」の4つのカラーグループが注目された。

これらはジェネラルカラートレンドでも提案が多く見られたが、この4色の内、最も注目度が高いのはラベンダーだろう。ジェネラルカラーでも赤~赤紫、青~青紫と、紫系カラーの増加が目立っている。

春の定番カラーといえばサックスやピンクであるが、鮮度としてはやはりラベンダーに注目したい。


出典:Trendstop

※クリックで拡大表示

出典:Trendstop

※クリックで拡大表示

出典:Trendstop

※クリックで拡大表示

出典:Trendstop

※クリックで拡大表示


なお、この4色以外ではミントグリーンやコーラルオレンジの出現率も高かった。

2014SSではダークトロピカルなどが注目されたが、2015年の春は優しくフェミニンなパステルカラーが復活すると考えられる。




以上、2015SSのカラートレンド分析でした。

次回のテーマはマーケットトレンド「女性のライフコース変化」です。

どうぞお楽しみに。