2020/04/10

【アイテムトレンド/2020SSレディース】20年春夏におけるレディース注目パンツ・スカート(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2020SSのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2020SSシーズンの注目パンツ・スカートです。
(その他の2020SSトレンド情報はこちら


パンツ総括

スカートよりも出現率が圧倒的に高く、バリエーションも豊富に見られた。リラックスムードやカジュアルさがキーとなったが、ワイドシルエットは全体的には減少傾向となった。


注目パンツ1:ショートパンツ

19年春夏と同様、ゆとりのあるふんわりとしたシルエットが主流。ホワイト、ベージュ、ブラウンなどベーシックカラーが多く見られた。ペーパーバッグウエスト&タック、ロールアップした裾、レイヤードの着こなし、クチュールタッチの光沢素材など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目パンツ2:スラックス

19年春夏~秋冬に引き続き、メンズテーラリングの要素が強く見られた。ワイドシルエットはパンツ全体としては減少傾向だったが、スラックスではリラックスムードを背景にルーミーなシルエットが目立った。ピンストライプ、フェミニンなアクセントカラー、流麗感のある梳毛ウール、側章デザインなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


スカート総括

デザインのバリエーションに幅があまり見られなかった。膝下丈~ミディ丈が主流だったが、フレアスカートは減少傾向となった。


注目スカート1:ストレート&マーメイド

膝下丈のほっそりとしたシルエットのスカートが目立った。セクシーなスリットデザインが継続。裾に動きをもたせたマーメイドスカートも見られた。ネイチャーモチーフの大胆な柄生地、マスキュリンなテーラリング素材、光沢素材、イレギュラーヘムなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目スカート2:マイクロミニ丈

19年春夏~秋冬に見られたミニ丈スクエアに加え、シルエットにバリエーションが増加。ラップデザイン、控えめなフレアシルエット、ハイウエストのペグトップ、ティアードデザインのサーキュラースカートなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目スカート3:プリーツ

シーズンレスに根強く継続中。膝丈~ミディ丈が主流。ナチュラル&エスニックなムードと、コンサバティブなエレガンスの二極化が見られた。ハンドクラフトタッチのムラ染め生地、エスニックなストライプ柄、スリットデザイン、広幅のヒダ、エアリー&流麗感のある素材など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2020SSのレディース注目パンツ・スカートでした。

次回も同じく4大コレクションより、2020SSレディースのバッグ・シューズトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

このエントリーをはてなブックマークに追加