2020/04/08

【アイテムトレンド/2020SSレディース】20年春夏におけるレディース注目トップス(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2020SSのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2020SSシーズンの注目トップス(+ワンピース)です。
(その他の2020SSトレンド情報はこちら


トップス総括

ロマンティック&フェミニンなムードや、フォークロア&ハンドクラフトタッチの要素が目立った。全体的にはスポーティやストリートカジュアルはややダウントレンドだったものの、トップスにはそれらのムードが色濃く見られた。


注目トップス1:ロマンティックブラウス

19春夏~秋冬にはやや減少傾向が見られたが、今シーズンはロマンティック&フェミニンなムードが再燃。ボリューム感たっぷりのパフスリーブや大きなラッフルなど、クチュールタッチの高い意匠性がポイント。クリスプコットンやソフトなコットンのカットレース、フリル&ラッフル装飾、エアリー&シアーな素材、ペプラムデザインなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目トップス2:クロップト丈

肌見せデザインとして、オフショルダーは19春夏に比べ激減。代わって丈の短いトップスで腹部を見せる着こなしが増加した。ケープ風のシルエット、ロマンティック&フェミニンなブラウス、ハンドクラフトタッチのレースパーツパッチワーク、ジャンパードレス風のスクエアネックなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目トップス3:ポロ&スキッパー

スポーティなポロシャツ風のニットトップスやカットソートップスが久々に増加した。薄手のリブニットを用いたボディコンシャスなコンパクトシルエット、ラガーシャツ風、長めの半袖、ハリコシ素材、ニット×布帛の異素材切り替えなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ワンピース総括

ロマンティック&フェミニンなムードが非常に強かった。クチュールタッチのボリューム感のある装飾が目立った他、ナチュラルな素材感も多く見られた。その他、ユーティリティテイストやクラシカルなエレガンスもメイントレンドとして注目度が高かった。


注目ワンピース1:シアー

インナーやドレスを重ねたスタイリングが目立った。19春夏~秋冬に比べ、ブラックが減少。ホワイトやベージュ、パステルカラーなど、淡いカラーが主流となった。ハリコシのあるオーガンジーやエアリーなシフォンが多く使われた。チェック柄、マクラメニットのパーツ、ソフト構築シルエット、柄生地のレイヤードなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース2:シャツ

19春夏に比べ、ハリコシのあるコットン素材が増加。ユーティリティディテールを取り入れたデザインが多く見られた。ホワイト、ベージュ、グレーなどベーシックカラーや膝丈が目立った。リーンシルエット、サファリテイスト、アシンメトリーデザイン、ボリュームアクセント、プリーツ加工など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース3:ロマンティック

根強く継続しているフェミニンなブラウスドレスに代わり、今シーズンはクチュールタッチの意匠性の高い装飾ディテールを取り入れたデザインが台頭。ロマンティックなムードがさらに強まった。また、ナチュラルなホワイトカラーのコットンやソフト&エアリーな素材感が非常に多く見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2020SSのレディース注目トップス・ワンピースでした。

次回も同じく4大コレクションより、2020SSレディースのパンツ・スカートトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

このエントリーをはてなブックマークに追加