2020/05/18

【素材・柄トレンド/2020AWレディース】20年秋冬におけるレディース注目素材・柄(プレフォールコレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続きプレフォールコレクションの分析結果をもとにした、2020AWのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2020AWシーズンの注目素材および柄です。
(その他の2020AWトレンド情報はこちら


素材総括

▼共通するキーワード
・光沢 ・フォークロア&ウエスタン ・フェミニン&ロマンティック ・装飾性 ・ユーティリティ ・クラシカル ・トラッド ・起毛 ・凹凸 ・ハリコシ


注目素材1:レザー

薄手~中肉厚、しなやかな質感やグロッシーな光沢を持つ表面感が主流。ナチュラルなブラウン系のカラーが多く見られた他、セクシーなムードではブラックやレッドも多かった。一部にはマットな質感も見られた。また、表革に比べ出現率は低かったものの、フォークロア&ウエスタンの要素としてスエードも重要度が高い。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材2:レース

シアー感の強いチュールレース系やセクシーなブラックレースがやや減少。肉厚で凹凸感のあるコードレースやモチーフレースのバリエーションが拡大。また、アイレットレース系のコットンレースもホワイトやベージュを基調に登場。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材3:デニム

わずかに色落ちさせた濃色でヘヴィーオンスのデニムが目立った。その他、柔らかくしなやかなライトオンスのブルーデニムや、ラフなムードのストーンウォッシュ、フェミニンなカラーデニムなどのバリエーションが見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示



柄総括

▼共通するキーワード:
・クラシカル ・トラッド ・フェミニン&ロマンティック ・ガーリー ・グラフィカル ・ネイチャー ・レトロ ・アートタッチ ・ミリタリー


注目柄1:チェック

コンビネーションチェックやマニッシュなテーラリングを思わせるハウンドトゥース、ウィンドーペン、ガンクラブなどが主流。モノトーンやブラウン系の配色が目立った。その他、マルチカラー配色や色数を抑えたタータン、ギンガムのバリエーションなど。また、チェックの柄生地に刺繍加工を施す手法が目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目柄2:フラワー

マルチカラー配色の中花が主流だったが、可憐な小花柄や儚げな野花モチーフも目立った。その他、アートタッチな大花やタイポグラフィとの組み合わせ、大きなパネル柄などが見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目柄3:ストライプ

レジメンタル風のコンビネーションストライプが多く見られた他、マスキュリンなムードのダブルストライプやハンドクラフトタッチ、フォークロア調、ホワイト配色の等幅ストライプなど。ベージュやグレー、ブラックといったベーシックカラーが多く見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2020AWのレディース注目素材および柄でした。

次回も同じくプレフォールコレクションより、2020AWレディースのアウタートレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

このエントリーをはてなブックマークに追加