About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

ラベル アイテム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル アイテム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2019/03/04

【アイテムトレンド/2019SSレディース】19年春夏におけるレディース注目パンツ・スカート(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2019SSのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2019SSシーズンの注目パンツおよびスカートです。
(その他の2019SSトレンド情報はこちら


パンツ総括

18秋冬に比べ、カジュアル&スポーティなムードが拡大。ショート丈のバリエーションが多彩に見られた他、ペグトップやテーパードの継続、ワイドシルエットの再浮上などが目立った。


注目パンツ1:ショートパンツ

18春夏~秋冬に引き続き、出現率が高かった。ホットパンツのようにタイトなシルエットは少数派で、タックやギャザーをあしらった、広がりやふくらみのあるシルエットが主流だった。

タック入りのゆとりあるシルエット、ペーパーバッグウエスト×共布ベルト、ゴム入りウエストのボクサーパンツ風、バルーンデザインなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目パンツ2:サイクルパンツ

ぴたっと身体に張り付く、ストレッチ素材のサイクルパンツが急増。スキューバダイビングなどスイムウェアからのインスパイアも見られた。単品での着こなしに加え、レギンスのようにドレスやロング丈ニットとのレイヤードも見られた。

配色ステッチ、光沢のあるストレッチ素材、柄生地、ストレッチレースなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目パンツ3:カーゴパンツ

ユーティリティテイストの拡大を背景に急増。目新しいアイテムではないものの、コレクションでの登場は珍しい。ゆとりのあるワイドシルエットが主流だが、裾にかけてややすぼまるシルエットが見られた他、スリムやスキニーも一部に登場。

ユーティリティコットン×ユーティリティポケット、フェミニンなカラーや柄生地、ブリーチ加工デニムなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


スカート総括

18春夏~秋冬同様、主流は膝丈からミディ丈。スレンダーシルエットは減少傾向となり、プリーツを含むフレアシルエットが目立った。ミニ丈は引き続き台形シルエットが主流。


注目スカート1:プリーツスカート

ミニ丈はほとんど見られず、膝丈からミディ丈が主流だった。エアリーな素材感とフレアシルエットにより、軽やかで動きのあるデザインが目立った。

無地の生地とレースを組み合わせたマット×シアーな質感コントラスト、アコーディオンプリーツ、フェミニンな柄のプリントシフォン、素材コントラストのあるレイヤードデザインなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目スカート2:ミニ丈スクエアスカート

コンパクトなシルエットをベースにしたデザインアレンジや、素材のバリエーションが見られた。

デニム、共布リボンベルト、ソフトレザー、ジャカード素材、ボタンフロントなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目スカート3:フレアスカート

プリーツスカート同様、ミニ丈はほとんど見られず、膝丈からミディ丈が主流だった。エアリーな素材を用いた動きのあるシルエットの他、ハリコシ素材を用いた構築的なシルエットも見られた。

エアリーな素材×ギャザー&切り替え、細身のフレアシルエット、ボタンフロント&やや後ろ下がりのヘムライン、ハリコシのあるサテンなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2019SSのレディース注目パンツ・スカートでした。

次回も同じく4大コレクションより、2019SSレディースの雑貨・アクセサリートレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2019/02/22

【アイテムトレンド/2019SSレディース】19年春夏におけるレディース注目ワンピース・ニット(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2019SSのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2019SSシーズンの注目ワンピースおよびニットです。
(その他の2019SSトレンド情報はこちら


ワンピース総括

ロマンティック&フェミニンなムードは根強く継続しつつも、緩やかに減少。18春夏に比べ、リゾートウェア風のリラックスムードのあるデザインが増加した。

ミニ丈はやや減少し、ミディ丈からマキシ丈が多く見られた。18秋冬同様、ルーズフィットシルエットや動きのあるAラインが主流に。


注目ワンピース1:スリップドレス

シーズンレスに根強く継続中。開放的なリゾートウェアを思わせるオプティミスティックな色柄や、サンドレスのバリエーションが多彩に見られた。

フリル&ラッフル装飾、ラップデザイン、イレギュラーヘム、ランジェリー風のサテン×レースなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース2:シャツワンピース

ミディ丈が主流。フロントが全開になる型の他、プルオーバーのポロドレスも登場。また、膝から裾にかけてフレアを入れたマーメイドラインも見られた。

オーバーサイズ、スリットやカットアウトなどの肌見せデザイン、パンツとのレイヤード、カラーブロック、イレギュラーヘムなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース3:ニットワンピース

シーズンレスに根強く継続中。リゾートウェアやエキゾチックなムードが色濃く、フィッシュネットのような目の粗いオープンワークニットや、ハンドクラフトタッチのクロッシェニットが主流となった。

長く垂らしたフリンジ装飾も目立った他、レイヤードの着こなしも多かった。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ニット総括

フォークロア&エキゾチックなムードや、スポーツテイストが目立った。

ミドルゲージからローゲージの糸を使ったリラックス感のあるルーミーなシルエットやオーバーサイズが主流となった一方、スポーティなトップスにはジャストサイズのコンパクトなシルエットが見られた。


注目ニット1:オープンワーク

フォークロア&エキゾチックなムードを演出するハンドクラフトタッチの目の粗い編み地が多く見られた。

ルーミーなシルエットや長い袖丈や着丈が目立った。ドロップショルダーやフリンジ装飾、ポンチョ風のスリットスリーブ、カットアウトのアクセント、グラデーションカラーなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット2:メランジ

杢調やボヘミアンなムードの配色が特徴的な、ミックス感のある編み地が多く見られた。

カットアウト&ドローストリングを用いたフォルム変化、配色ボーダー柄のオーバーサイズ、不均一な太さのファンシーヤーンやニットの重ね着、フード付きのプルオーバーパーカなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット3:ポロニット

ハイゲージのポロニットトップスが増加。ジャストサイズのコンパクトなシルエットが主流。

メッシュニットや配色ライン装飾、五分袖、パターンブロックやロング丈、カラーブロックなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2019SSのレディース注目ワンピース・ニットでした。

次回も同じく4大コレクションより、2019SSレディースのパンツ・スカートトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2019/02/18

【アイテムトレンド/2019SSレディース】19年春夏におけるレディース注目アウター(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2019SSのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2019SSシーズンの注目アウターです。
(その他の2019SSトレンド情報はこちら


注目アウター1:ユーティリティコート

これまでも登場していたフィールドコートやアノラック風のコートだが、メイントレンドのフェミニンなユーティリティスタイルに欠かせないアイテムとして重要度がアップ。

光沢のあるテクノタッチな素材や堅牢なユーティリティコットンが目立った他、ドローストリングやフラップポケット、フード、ジッパーやスナップボタンなどが特徴的。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター2:テーラードジャケット

シーズンレスに出現率が高く、今シーズンも継続。マスキュリンなボクシーシルエットやかっちりとしたショルダーラインが目立ち、ミニ丈のボトムスやインナーが隠れるくらいのやや長め丈が主流に。

ベーシックカラーのチェック柄ウールやツイード、微光沢素材、フェミニンなカラー、配色パイピングなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター3:アノラック&ウインドブレーカー

18春夏に比べ、増加傾向が見られた。軽量なナイロン系のテクノタッチ素材が主流。フードやドローストリングを取り入れ、程良いゆとり感のあるエアリーなシルエットが目立った。

ジップアップ、プルオーバーのいずれも見られた。光沢素材、カラーブロック、オーバーサイズ、プリント生地など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2019SSのレディース注目アウターでした。

次回も同じく4大コレクションより、2019SSレディースのアイテムトレンド情報(ニット・ワンピース)をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2018/11/30

【アイテムトレンド/2019SSレディース】19年春夏におけるレディース注目ワンピース・ニット(リゾートコレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き2019SS、リゾートコレクションのレディース分析結果をご紹介します。今回のテーマは2019SSシーズンの注目ワンピース・ニットです。
(その他の2019SS情報はこちら


ワンピース総括

ミディ丈が主流だが、ミニ丈の増加も顕著だった。フレアシルエットやささやかなフリル&ラッフル装飾など、過剰過ぎず日常使いできるフェミニン&ロマンティックなムードが目立った。


注目ワンピース1:シャツドレス

18秋冬に比べ再び増加傾向が見られた。ミニ丈から膝丈が主流。ヴィンテージ調のプリーツドレスやウエスタン調、バンドカラー、サファリ調、とろみのあるサテン生地など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース2:スリップドレス&サンドレス

リゾートウェア風のリラックスムードに溢れたデザインが目立った。ミディ丈やフレアシルエットが主流。イレギュラーヘム、ポップな柄生地、マイクロプリーツのミニ丈など。また、肩まわりのデザインにアクセントを付けたサンドレスも登場。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース3:マキシ丈ワンピース

柄生地やホワイトが目立った。シフォンや薄手コットンなど。ボリューム感のあるフレアシルエットの他、セミフレアのコンパクトなシルエットも。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示



ニット総括

シンプル&ベーシックなデザインにグラフィカルな色柄をアクセントする手法が主流。オーバーサイズ&ルーズフィットは減少傾向となった。


注目ニット1:グラフィカルニット

ブランドロゴをあしらったタイポグラフィ柄やマリンモチーフ、アートタッチのイラスト柄など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット2:カラーブロックニット

マルチカラー配色やバイカラー、タイポグラフィ柄との組合せなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット3:アランニット

ローゲージのアランニットセーターが台頭。ホワイトや配色ラインアクセントが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2019SSのレディース注目ワンピース・ニットでした。

次回も同じくリゾートコレクションより、2019SSレディースのシャツ・ブラウストレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2018/11/26

【アイテムトレンド/2019SSレディース】19年春夏におけるレディース注目アウター(リゾートコレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き2019SS、リゾートコレクションのレディース分析結果をご紹介します。今回のテーマは2019SSシーズンの注目アウターです。
(その他の2019SS情報はこちら


コート総括

膝丈からミディ丈のベーシックなテーラリングデザインが主流。その他、フォークロア調やスポーツ&ユーティリティの要素をアクセントに取り入れたデザインが目立った。


注目コート1:トレンチ

ベーシックデザインやさりげないアレンジが主流。ベージュ系のベーシックカラー、とろみのある素材使い、アクセントカラー&ケープレット、パイピングを活かしたインサイド・アウト・デザインなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目コート2:テーラードカラー

Aラインやトラペーズシルエットが主流。エフォートレス&エレガントなガウンコート、チェスター、配色パイピング、ミリタリー調など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目コート3:ガウン

オリエンタルムードのあるキモノスリーブ&ノーボタンが特徴的。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示



ジャケット総括

出現率の高さではテーラードが最も目立ったが、全体的にはスポーティ&ユーティリティが主流のテイストとなり、カジュアルなデザインのバリエーションが多彩に見られた。


注目ジャケット1:テーラード

単品としてはボクシーシルエットのマスキュリンなデザインが主流。配色パイピングや柄生地使いでアレンジしたり、フェミニンなスタイルに羽織るテイストミックスが重要。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット2:ユーティリティ

無骨さよりもフェミニンなアレンジが重視された。ミリタリー調×民俗調の折衷デザイン、エポーレットやフラップポケット、ドローストリングなどのディテール使い、フェミニンなペールトーンカラー、配色デザイン、しなやかな薄手素材など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット3:ライダース

プリント柄、クラックレザー、アクセントカラー、オーバーサイズなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2019SSのレディース注目アウターでした。

次回も同じくリゾートコレクションより、2019SSレディースのワンピース・ニットトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2018/11/02

【アイテムトレンド/2018AWメンズ】18年秋冬におけるメンズ注目トップス・パンツ(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2018AWのメンズトレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2018AWシーズンの注目トップス・パンツです。
(その他の2018AWトレンド情報はこちら


注目トップス1:ウエスタンシャツ

モダンにアップデートされたウエスタンシャツ。柔らかい素材や装飾によってエレガントでラグジュアリーな雰囲気がプラスされた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目トップス2:スウェット

ストリートスタイルを表現する上で欠かせないフードやプルオーバーのスウェットシャツ。メッセージ性のあるタイポグラフィがみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目トップス3:Tシャツ

SFや落書き風のインパクトのある大胆なデザイン。グラフィックとタイポグラフィの組合せなどがみられ、レイヤードスタイルで登場。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目パンツ1:ワイド

・ボックスタイプのストレートやテーパードライン
・チノやウールなど幅広い素材使い
・チェックや総柄使い
・リラックスシルエット

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目パンツ2:タイト

・レギンスが登場
・オーバーサイズ、タイト両方のトップスとの組合せ
・カジュアルからテーラードまで幅広いスタイル
・スキニーやタイトシルエット

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目パンツ3:クロップト

・ゆるいテーラードラインが中心
・オーバーサイズのトップスとの組合せが中心
・共ベルトのウエストやハイウエストなどのディテール
・コーデュロイやデニム、ウールなど幅広い素材使い
・リラックスシルエット

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2018AWのメンズ注目トップス・パンツでした。

次回からはリゾートコレクションより、2019SSレディースのトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2018/10/26

【アイテムトレンド/2018AWメンズ】18年秋冬におけるメンズ注目アウター(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2018AWのメンズトレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2018AWシーズンの注目アウターです。
(その他の2018AWトレンド情報はこちら


注目アウター1:ダウン

トップスにボリュームと丸みのあるシルエット。ストリートスタイルを中心にみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター2:ウエスタン

キリム柄やレザー素材を用いた、ウエスタンを象徴するヨーク切替えのアウターがみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター3:アウトドア

シームテープなど機能的でユーティリティなディテールがみられた。ハイテク素材が用いられ、切替えがポイント。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター4:ファー

トップスにボリュームのあるラグジュアリーなカジュアルスタイルがみられた。暖かみのあるリラックスした雰囲気。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター5:ライダース

オーバーサイズ、柔らかいジャージー素材、総柄など、さまざまなスタイルや素材で登場した。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター6:アノラック

ハイテク合繊素材を使用したシンプルで機能的なデザインが中心。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2018AWのメンズ注目アウターでした。

次回も同じく4大コレクションより、2018AWメンズのトップス・パンツトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2018/10/05

【アイテムトレンド/2018AWレディース】18年秋冬におけるレディース注目トップス・ボトムス(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2018AWのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2018AWシーズンの注目トップス・ボトムスです。
(その他の2018AWトレンド情報はこちら


トップス総括

18春夏同様、ロマンティック&フェミニンなムードを抑えてカジュアル&スポーティなムードが主流に。グラフィカルな色柄が引き続きキーとなる。プルオーバートップスやTシャツは小さめ~ジャストフィットでボディコンシャスであるのに対し、シャツやスウェットシャツは長めの袖丈やオーバーサイズが目立った。

▼ハイネックプルオーバー
18春夏に見られたコンパクトなシルエットのプルオーバートップスが継続。スポーツウェア風のみならず、エキゾチックなタイダイ柄やドレープをあしらったデザイン、フューチャリスティックなムードなど、様々なバリエーションが登場。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示

▼スウェットシャツ
ここ数年シーズンレスに継続中。程良いオーバーサイズが主流で、グラフィカルなプリントやアップリケ装飾が目立った。フーデッドや転写プリント、ネオンカラーアクセント、ジッパーを用いたデザインアレンジ、リメイク風の装飾など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


スカート総括

17秋冬~18春夏の傾向と同様に、膝丈~ミディ丈が主流となった。フレアシルエットは引き続き目立つものの、スレンダーなシルエットの増加が顕著に見られた。ミニ丈はほとんど変化なく、コンパクトな台形シルエットが継続。

▼膝丈~ミディ丈スレンダー
シーズンレスに根強く継続中。ストレートシルエットが主流だが、裾に動きを取り入れたデザインも見られた。ネップツイード&ボタン開きスリット、刺繍&ビジュー装飾、チェック柄ウール×裾切り替えギャザー、フラワー柄の凹凸素材×ミディ丈など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示

▼レザー
シーズンレスに継続中。80年代を彷彿とさせるグラマラスムードが高まり、タフ&ハードなムードのブラックレザーのマイクロミニ丈が再浮上した。その他、エレガントな膝丈~ミディ丈のスレンダーシルエットが見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


パンツ総括

17秋冬~18春夏の流れを継承し、ワイドシルエットの減少やマスキュリンなセンタープレスのパンツが目立った。拡大傾向が見られたのはペグトップやテーパードなど裾にかけてすぼまるシルエット。80年代ムードが高まりハイウエストも継続。スキニーシルエットはレザーが主流だった。

▼スラックス
17秋冬~18春夏に引き続き、マスキュリンなセンタープレスのパンツが見られた。なめらかな表面感の梳毛ウールが主流。タックの入ったストレートシルエットやノータックのワイドシルエット、ハイウエスト&テーパード、クロップト丈など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示

▼ペグトップ&テーパード
出現率としてはそれほど高くなかったが、80年代ムードの高まりを背景に、腰まわりにボリュームを持たせたペグトップや、裾にかけてすぼまるテーパードが拡大傾向となった。ハイウエスト&ハーレムパンツ風のボリューム感、グラデーションカラー、クロップト丈、ジョッキーパンツ風など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2018AWのレディース注目トップス・ボトムスでした。

次回も同じく4大コレクションより、2018AWレディースのアイテムトレンド情報(雑貨・アクセサリー)をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。