About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

ラベル コート の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル コート の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020/03/31

【アイテムトレンド/2020SSレディース】20年春夏におけるレディース注目アウター(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2020SSのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2020SSシーズンの注目アウターです。
(その他の2020SSトレンド情報はこちら


注目アウター1:テーラードコート

オーセンティックなトラッドアイテムとも言えるベーシックデザインや、ギャバジンやコットンサテンなどのハリコシ素材、ベージュカラーの出現率の高さが顕著に見られた。膝丈~ミディ丈が主流。アレンジデザインでは、ユーティリティディテールやフェミニンなアクセントを加えた手法が目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター2:テーラードジャケット

スタンダードなサイズ感のシングルブレストが主流。70年代調のラペル幅の広い襟が目立った。梳毛ウール×シェルボタン、ベストとのセットアップ、レトロなムードの柄生地、トラッドなムードの強いネイビー×ゴールドメタルボタンのダブルブレストなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター3:クロップト丈ジャケット

バランス変化を取り入れたボクシーシルエット×ショート丈のジャケットが目立った。テーラードカラーやジージャン型、トレンチをベースにしたデザインが主流。ホワイトやベージュ、ブラウンなどベーシックカラーが多く見られた。素材はキルティングやデニム、コットンギャバジンなど、ユーティリティ素材が目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター4:レザーコート

膝周辺丈のテーラードカラーやトレンチ型が主流。ヴィンテージクローズ風のくったりとしたソフトレザーが目立った他、グロッシーなツヤ感、発色の良いカラーレザー、パテントレザーなど、素材感のバリエーションが多彩に見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター5:ユーティリティコート

19春夏にも見られたユーティリティディテールやテクノタッチな軽量素材を取り入れたコートが再浮上。膝丈~ミディ丈が主流。ウエストをドローストリングスで絞ったデザインや、長めの袖丈が目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター6:ノーカラージャケット

19秋冬に引き続き、出現率が高かった。シャネルジャケット風のファンシーツイードや配色パイピングを用いたコンパクトシルエットが目立った。また、ショート丈や装飾性の高い刺繍が特徴的なマタドールジャケットが見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2020SSのレディース注目アウターでした。

次回も同じく4大コレクションより、2020SSレディースのトップストレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2020/01/31

【アイテムトレンド/2020SSメンズ】20年春夏におけるメンズ注目アウター(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2020SSのメンズトレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2020SSシーズンの注目アウターです。
(その他の2020SSトレンド情報はこちら


コート総括

・機能性とエレガンスがミックスしたデザインが拡大
・大胆なカラーや柄使いが多く、スリーブレスなデザインも登場


注目コート1:ドレスコート

・オーバーサイズシルエット
・ステンカラーやトレンチコートなど、バリエーション豊富なデザイン
・スタイルのポイントとなる大胆なカラーや柄使い 

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目コート2:アウトドア

・ユーティリティコートやパーカなど、機能的で実用的なデザイン
・オーバーサイズシルエット
・軽量で薄いハイテク素材

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示



ジャケット総括

・スタイルのポイントとなるスクエアショルダーやデコントラクテ(楽な・くつろいだ)なジャケットが増加
・洗練されたアノラックやスリーブレスジャケットの登場


注目ジャケット1:ダブルブレステッド

リラックスシルエットのスクエアショルダーが今期らしさを演出した。前を開けたラフな着こなしと細身のボトムスとの組合せがポイント。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット2:アノラック

薄くて軽い素材に明るいカラーや異素材使いなど、デザインアレンジを加えたものがみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット3:スリーブレス

洗練されたスリーブレスのテーラードジャケットをカジュアルなボトムスやトップスと組合せたフォーマルとカジュアルのミックススタイルがみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2020SSのメンズ注目アウターでした。

次回も同じく4大コレクションより、2020SSメンズのトップストレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2019/11/29

【アイテムトレンド/2020SSレディース】20年春夏におけるレディース注目アウター(リゾートコレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続きリゾートコレクションの分析結果をもとにした、2020SSのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2020SSシーズンの注目アウター(コート、ジャケット)です。
(その他の2020SSトレンド情報はこちら


コート総括

これまでのリゾートシーズンに比べ、紡毛や圧縮ウール素材のコートの出現率が高かった。デザインはトレンチやテーラードカラーなど、メンズテーラリングの要素をベースにしたアレンジが主流だった。


注目コート1:レザーコート

ベーシックなトレンチ型のミディ丈が主流。グロッシーな表面加工、滑らかなスムースレザー、ヌバックやスエード、エンボス加工のパテントなど。カラーはブラックやベージュ、ブラウンといったベーシックカラーの他、ピンク、レッド、イエローなどの色展開が見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目コート2:トレンチコート

ミディ丈が主流。ギャバジンなどの高密度コットン、ベージュカラーといったオーソドックスなトレンチをベースにした様々なアレンジが見られた。素材や柄のブロッキングが目立った他、チェック柄も多く見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目コート3:テーラードカラーコート

膝周辺丈が主流。秋冬シーズンを思わせる紡毛&圧縮ウールが目立った。すっきりとしたボクシーラインのチェスターの他、フェミニンなAラインシルエットが多かった。80年代調のビッグショルダーやマスキュリンなミリタリー調も見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示



ジャケット総括

カジュアルなジャケットを取り入れる折衷スタイルが主流だが、出現率はかっちりとしたテーラードジャケットが最も高かった。装飾性をアクセントにしたデザインや、70~80年代調が目立った。


注目ジャケット1:テーラードジャケット

コンパクトなシルエットとメンズライクなボクシーシルエットが主流。八分丈程度の短い袖やロールアップした着こなしで、インナーの長袖とのレイヤードが見られた。また、ミニ丈ドレスやショートパンツとの組み合わせが若々しいフェミニンさを演出。チェック柄や鮮やかなビビッドカラーも多く見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット2:レザージャケット

ヴィンテージ調が主流。ブラウン系や落ち着いたトーンのジュエルカラーが目立った。ジップアップのブルゾンや、コンパクトシルエットのミリタリー調、ワークジャケット風のデザインなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット3:ユーティリティジャケット

高密度コットンをベースに、装飾性を付加したデザインが目立った。ややオーバーサイズが主流。ミリタリー×ウエスタンの折衷デザインや、かっちりとしたミリタリーユニフォーム風デザインのカラーアレンジも見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2020SSのレディース注目アウターでした。

次回も同じくリゾートコレクションより、2020SSレディースのワンピース・ニットトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2019/09/20

【アイテムトレンド/2019AWレディース】19年秋冬におけるレディース注目アウター(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2019AWのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2019AWシーズンの注目アウターです。
(その他の2019AWトレンド情報はこちら


アウター総括

コートではオーセンティックなトラッドやマニッシュなテーラリングをベースにした色、素材、柄、デザインが目立った。オーバーサイズはごく一部に見られたが、スタンダードなサイズ感が主流。丈は膝丈~ミディ丈が多かった。ほっそりとしたスレンダーラインが増加傾向。

ジャケットやブルゾンもコート同様、トラッドやメンズテーラリング、クラシカルなエレガンスを背景としたデザインが主流だった一方、タフ&ハードなムードやカジュアルなムードも目立った。素材のバリエーションは幅広かったが、カラーはベーシックカラーが多い。


注目アウター1:テーラードカラーコート

フラットウールやツイードウールを用いたミディ丈が主流。ブラック、グレー、ブラウン、ネイビーといったベーシックカラーが目立った。主流はマニッシュなボクシーシルエットやクラシカルなエレガンスを思わせるAラインだが、スレンダーラインの増加が目立った他、共布のベルテッドも多かった。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター2:チェック柄ウールコート

トラッドやメンズテーラリング、クラシカルなエレガンスを背景としたチェック柄のウール生地が、コートに非常に多く見られた。モノトーン配色やニュートラルカラーに加え、レッド、ピンク、オレンジなどのアクセントカラーが見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター3:トレンチコート

ベーシックデザインも多く見られたが、さりげないアレンジを加えたデザインが主流。高密度コットンを用いた軽量な素材感と、フラットウールやツイードなど中肉厚なウール生地が二大勢力。ベージュが最も多く見られた他、ブラック、グレー、ブラウンなどのベーシックカラーが主流だった。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示



注目アウター4:テーラードジャケット

かっちりとしたショルダーラインのボクシーシルエットが主流。スタンダードな丈の他、やや長めの丈も見られた。シングルとダブルは特に偏りなく出現。無地の梳毛ウールやフラットウールが最も多く見られた他、チェック柄ウールのバリエーションが見られた。メタルボタンも多かった。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター5:ボアジャケット

例年登場するファージャケットに比べ、新鮮な印象が強かった。全体的にカジュアルなスタイルは下火になったが、ユーティリティテイストを取り入れた折衷スタイルのキーアイテムと言える。アウトドアウェア風のデザインやディテールの他、柄生地やカラーブロッキングなどが特徴的。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2019AWのレディース注目アウターでした。

次回も同じく4大コレクションより、2019AWレディースのニットおよびワンピーストレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2019/07/25

【アイテムトレンド/2019AWメンズ】19年秋冬におけるメンズ注目アウター(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2019AWのメンズトレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2019AWシーズンの注目アウター(コート)です。
(その他の2019AWトレンド情報はこちら


アウター(コート)総括

・ボリューミーなオーバーサイズシルエットにエレガントさがプラス
・パデットやラップなど、軽くて暖かみのある雰囲気


注目アウター1:コクーンシルエットコート

・オーバーサイズの丸みのあるコクーンシルエット
・ミニマルデザイン
・シックな配色が中心
・ストリートスタイル

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター2:パデットコート

・薄手のテーラードスタイル
・ステンカラーやトレンチ、チェスターコートなどのドレススタイル
・ベーシックでシンプルなデザイン
・フィットシルエット

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター3:ラップコート

・柔らかくあたたかみのあるデザイン
・ダブルフェイスやフェルトウール、キルティングなど厚みのある素材
・ボリューミーシルエット

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2019AWのメンズ注目アウターでした。

次回も同じく4大コレクションより、2019AWメンズのトップストレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2019/06/10

【アイテムトレンド/2019AWレディース】19年秋冬におけるレディース注目アウター(プレフォールコレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続きプレフォールコレクションの分析結果をもとにした、2019AWのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2019AWシーズンの注目アウター(コート・ジャケット)です。
(その他の2019AWトレンド情報はこちら


コート総括

膝丈からミディ丈のトラペーズシルエットやAラインが主流。凹凸感のあるツイードや穏やかな起毛感のあるフラットウールが目立った他、サテンやレザーなど艶やかな素材も多かった。


注目アウター1:テーラードカラー

ピーコート風の広い襟幅やダブルブレストが目立った。フラットウールを主流に、ドライタッチのウール生地や意匠性のあるツイードなども見られた。ブランケット調のパネルストライプ柄、ビッグポケットやスリットスリーブなどのディテール変化、細身のシルエット、カラーアレンジの効いたピーコート風など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター2:トレンチ

ベーシックデザインをベースに、ボリューム感や装飾性を加える手法が目立った。中肉厚の高密度コットンや、薄手のウール生地が主流。ベルトでギャザーをたっぷり寄せたボリュームシルエット、さりげないオーバーサイズ、トラッドなチェック柄、プリーツ加工、ラッフル装飾など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター3:ファー

近年エコファーへ切り替えたブランドも多く、見た目だけではリアルファーかエコファーかの区別は難しくなっている。テーラードカラーのミディ丈が主流。ボリューム感のある毛足の長いファーを用いて、ラグジュアリーなムードを演出したり、色柄でアレンジを効かせたりといった手法が目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示



ジャケット総括

ユーティリティテイストは継続しているが、MA-1やボマージャケットなど、ジップアップのブルゾン系は少数派。ヒップ丈のボタン開きジャケットのバリエーションが主流となった。


注目ジャケット1:テーラード

シーズンレスに根強く継続中。シングル、ダブルの優劣は見られず。ややウエストを絞ったすっきりとしたシルエットと、ボクシーシルエットが二大勢力。ツイードやフラットウールなど中肉厚なウールが主流だが、薄手の素材やグラマラスなメタリック素材も一部に見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット2:レザー

レザージャケットではライダース以外の型のほうが優勢。コンパクトなシルエットのショート丈を主流に、ブラックやブラウンなどベーシックカラーの表革が目立った。その他、カラーブロック、パテントレザーを用いたジージャン型、キルティングレザーのユーティリティデザインなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット3:パフィ

スポーティなムードとアレンジの効いたデザインのいずれも見られた。ショート丈、ラップデザイン、柄生地、フォークロア装飾など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2019AWのレディース注目アウターでした。

次回も同じくプレフォールコレクションより、2019AWレディースのワンピース・ニットトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2019/02/18

【アイテムトレンド/2019SSレディース】19年春夏におけるレディース注目アウター(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2019SSのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2019SSシーズンの注目アウターです。
(その他の2019SSトレンド情報はこちら


注目アウター1:ユーティリティコート

これまでも登場していたフィールドコートやアノラック風のコートだが、メイントレンドのフェミニンなユーティリティスタイルに欠かせないアイテムとして重要度がアップ。

光沢のあるテクノタッチな素材や堅牢なユーティリティコットンが目立った他、ドローストリングやフラップポケット、フード、ジッパーやスナップボタンなどが特徴的。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター2:テーラードジャケット

シーズンレスに出現率が高く、今シーズンも継続。マスキュリンなボクシーシルエットやかっちりとしたショルダーラインが目立ち、ミニ丈のボトムスやインナーが隠れるくらいのやや長め丈が主流に。

ベーシックカラーのチェック柄ウールやツイード、微光沢素材、フェミニンなカラー、配色パイピングなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター3:アノラック&ウインドブレーカー

18春夏に比べ、増加傾向が見られた。軽量なナイロン系のテクノタッチ素材が主流。フードやドローストリングを取り入れ、程良いゆとり感のあるエアリーなシルエットが目立った。

ジップアップ、プルオーバーのいずれも見られた。光沢素材、カラーブロック、オーバーサイズ、プリント生地など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2019SSのレディース注目アウターでした。

次回も同じく4大コレクションより、2019SSレディースのアイテムトレンド情報(ニット・ワンピース)をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2018/06/01

【アイテムトレンド/2018AWレディース】18年秋冬におけるレディース注目アウター(プレフォールコレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き2018AW、プレフォールコレクションのレディース分析結果をご紹介します。今回のテーマは2018AWシーズンの注目アウター(コート・ジャケット)です。
(その他の2018AWトレンド情報はこちら


コート総括

テーラードカラーの膝丈~ミディ丈が主流。無地のフラットウールや杢調のツイードウール、チェック柄など、素材や柄もオーセンティック&ベーシックが目立った。

注目コート1:テーラードカラー

シングルブレストのミディ丈、無地のフラットウールが主流。その他、ガウン風ロング丈、ヒップ丈、ダブルブレストなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目コート2:チェック柄ウール

テーラードカラーや膝丈が主流。マスキュリンなチェック柄やレッドのアクセント使いが目立った他、フード付きや大柄チェックも見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目コート3:ケープ

クラシカルなムードやカラーブロックなどが目立った。ベルベットトリム、ブラックレザートリム、スカラップカット、バイカラーなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ジャケット総括

オーセンティック&ベーシックなテーラードジャケットが目立ったものの、全体的にはスポーティ&カジュアルなジャケットのバリエーションが多彩に見られた。

注目ジャケット1:テーラード

シングルブレストがやや優勢。ジャストサイズ~ややタイトなシルエットが主流。共布ベルト付きや柄生地も見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット2:シアリングファー

ムートン調の刈り毛ファーのバリエーション。テーラードカラーのダブルブレストやジップアップなど。スウェードや表革との組合わせの他、ウール生地とのボンディングや、ファーを表側にあしらったデザインなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット3:ライダース

アレンジされたデザインが主流。ファー襟やデニム、異素材切り替えなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2018AWのレディース注目アウター(コート・ジャケット)でした。

次回も同じくプレフォールコレクションより、2018AWレディースのアイテムトレンド情報(ワンピース・ニット)をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2017/11/17

【アイテムトレンド/2017AWメンズ】17年秋冬におけるメンズ注目アイテム(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き2017AW、4大コレクションのメンズ分析結果をご紹介します。今回のテーマは2017AWシーズンの注目アイテムです。
(その他の2017AW情報はこちら


コート総括

・大きな肩幅、ロング丈、厚みのある素材の超オーバーサイズシルエットの拡大
・細身で長いシンプルなシルエットの登場
・大きく変化したオーバーサイズシルエットの拡大
・スリムなリーンシルエットの登場

注目コート1:オーバーサイズシルエット

・肩のラインが水平に伸びたパワーショルダーの新しいシルエットが登場
・柔らかく肉厚の素材と丸みのあるラインが特徴
・ロング丈が中心
・ボックスシルエット

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目コート2:ロングダウン

・超オーバーサイズ&ボリュームのあるフォルム
・アウトドアからトレンチまでバリエーションが豊富
・コクーンシルエット

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目コート3:スリム&リーン
・縦のラインを強調した英国調スタイルの細身のシルエット
・目の詰まった毛織物や肉厚なメルトンが中心
・ロング丈

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


アウター総括

・超オーバーサイズやボリューミーシェイプなど、フォルムの変化がポイント
・自由なレイヤード、落ち着いたカラー配色が中心
・プレイフルな装飾やカラー配色、英国調アイテム、アウトドアが拡大傾向
・レトロな落ち着いたカラーが中心

注目アウター1:パワーショルダーブレザー

・強いショルダーラインのボックスシルエットにはスリムなボトムスが中心
・柔らかい素材によりエレガントさを演出

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター2:ダウン

・ボリューミーなシルエットのコーディネートには外せないアイテムの1つ
・リラックスしたユーススタイル

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター3:ブリティッシュ

・トラディショナルなチェックやレザーを用いた英国調アウター
・レトロなカラー配色にタイトなシルエット

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


トップス総括

・リラックスした雰囲気とトラディショナルなテイストのニットが拡大傾向
・立体的で表面感のあるニットとクラシックでシンプルなニットがみられた
・さまざまなスタイルにコーディネートされたグラフィカル柄やスポーツ要素
・レイヤードピースとしての役割と秋物としての軽衣料の充実

注目トップス1:ロールネックニット

・リラックスしたシルエットのロールネックニットが登場
・ハイゲージニットはジャケットのインナーとしてみられた

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目トップス2:Vネックニット

・シャツとの組合せでみられた
・クリーンでカレッジテイストのシックなカラートーンが中心

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目トップス3:パーカー

・ストリートスタイルを中心に、さまざまなトップスのアウターやインナーへのレイヤードピースとして着用がみられた

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ボトムス総括

・ストレートラインが中心で、バギー、フレア、クロップド丈がみられた
・ウールやコットン、ニットなど落ち感のある柔らかい素材が中心
・機能的でリラックス感のあるシルエット
・メンズアイテムとして洗練されたスカート

注目ボトムス1:バギー

・ハイウエストのストレートシルエット
・シューズが隠れるほどの長めのレングス
・ボリュームのあるトップスとの組合せが中心
・ドレープでエレガントさを演出

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ボトムス2:クロップド

・タックの入ったテーパードライン
・リラックスシルエット

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ボトムス3:スポーティ

・カレッジテイストの配色ラインや裾のリブ、キルティング素材などのスポーツ要素
・さまざまなスタイルとのミックスがみられた

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2017AWのメンズ注目アイテムでした。

次回からはリゾートコレクションより、2018SSのレディーストレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。