About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

ラベル ジャケット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ジャケット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2019/06/10

【アイテムトレンド/2019AWレディース】19年秋冬におけるレディース注目アウター(プレフォールコレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続きプレフォールコレクションの分析結果をもとにした、2019AWのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2019AWシーズンの注目アウター(コート・ジャケット)です。
(その他の2019AWトレンド情報はこちら


コート総括

膝丈からミディ丈のトラペーズシルエットやAラインが主流。凹凸感のあるツイードや穏やかな起毛感のあるフラットウールが目立った他、サテンやレザーなど艶やかな素材も多かった。


注目アウター1:テーラードカラー

ピーコート風の広い襟幅やダブルブレストが目立った。フラットウールを主流に、ドライタッチのウール生地や意匠性のあるツイードなども見られた。ブランケット調のパネルストライプ柄、ビッグポケットやスリットスリーブなどのディテール変化、細身のシルエット、カラーアレンジの効いたピーコート風など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター2:トレンチ

ベーシックデザインをベースに、ボリューム感や装飾性を加える手法が目立った。中肉厚の高密度コットンや、薄手のウール生地が主流。ベルトでギャザーをたっぷり寄せたボリュームシルエット、さりげないオーバーサイズ、トラッドなチェック柄、プリーツ加工、ラッフル装飾など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター3:ファー

近年エコファーへ切り替えたブランドも多く、見た目だけではリアルファーかエコファーかの区別は難しくなっている。テーラードカラーのミディ丈が主流。ボリューム感のある毛足の長いファーを用いて、ラグジュアリーなムードを演出したり、色柄でアレンジを効かせたりといった手法が目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示



ジャケット総括

ユーティリティテイストは継続しているが、MA-1やボマージャケットなど、ジップアップのブルゾン系は少数派。ヒップ丈のボタン開きジャケットのバリエーションが主流となった。


注目ジャケット1:テーラード

シーズンレスに根強く継続中。シングル、ダブルの優劣は見られず。ややウエストを絞ったすっきりとしたシルエットと、ボクシーシルエットが二大勢力。ツイードやフラットウールなど中肉厚なウールが主流だが、薄手の素材やグラマラスなメタリック素材も一部に見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット2:レザー

レザージャケットではライダース以外の型のほうが優勢。コンパクトなシルエットのショート丈を主流に、ブラックやブラウンなどベーシックカラーの表革が目立った。その他、カラーブロック、パテントレザーを用いたジージャン型、キルティングレザーのユーティリティデザインなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット3:パフィ

スポーティなムードとアレンジの効いたデザインのいずれも見られた。ショート丈、ラップデザイン、柄生地、フォークロア装飾など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2019AWのレディース注目アウターでした。

次回も同じくプレフォールコレクションより、2019AWレディースのワンピース・ニットトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2019/02/18

【アイテムトレンド/2019SSレディース】19年春夏におけるレディース注目アウター(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2019SSのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2019SSシーズンの注目アウターです。
(その他の2019SSトレンド情報はこちら


注目アウター1:ユーティリティコート

これまでも登場していたフィールドコートやアノラック風のコートだが、メイントレンドのフェミニンなユーティリティスタイルに欠かせないアイテムとして重要度がアップ。

光沢のあるテクノタッチな素材や堅牢なユーティリティコットンが目立った他、ドローストリングやフラップポケット、フード、ジッパーやスナップボタンなどが特徴的。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター2:テーラードジャケット

シーズンレスに出現率が高く、今シーズンも継続。マスキュリンなボクシーシルエットやかっちりとしたショルダーラインが目立ち、ミニ丈のボトムスやインナーが隠れるくらいのやや長め丈が主流に。

ベーシックカラーのチェック柄ウールやツイード、微光沢素材、フェミニンなカラー、配色パイピングなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター3:アノラック&ウインドブレーカー

18春夏に比べ、増加傾向が見られた。軽量なナイロン系のテクノタッチ素材が主流。フードやドローストリングを取り入れ、程良いゆとり感のあるエアリーなシルエットが目立った。

ジップアップ、プルオーバーのいずれも見られた。光沢素材、カラーブロック、オーバーサイズ、プリント生地など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2019SSのレディース注目アウターでした。

次回も同じく4大コレクションより、2019SSレディースのアイテムトレンド情報(ニット・ワンピース)をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2018/06/01

【アイテムトレンド/2018AWレディース】18年秋冬におけるレディース注目アウター(プレフォールコレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き2018AW、プレフォールコレクションのレディース分析結果をご紹介します。今回のテーマは2018AWシーズンの注目アウター(コート・ジャケット)です。
(その他の2018AWトレンド情報はこちら


コート総括

テーラードカラーの膝丈~ミディ丈が主流。無地のフラットウールや杢調のツイードウール、チェック柄など、素材や柄もオーセンティック&ベーシックが目立った。

注目コート1:テーラードカラー

シングルブレストのミディ丈、無地のフラットウールが主流。その他、ガウン風ロング丈、ヒップ丈、ダブルブレストなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目コート2:チェック柄ウール

テーラードカラーや膝丈が主流。マスキュリンなチェック柄やレッドのアクセント使いが目立った他、フード付きや大柄チェックも見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目コート3:ケープ

クラシカルなムードやカラーブロックなどが目立った。ベルベットトリム、ブラックレザートリム、スカラップカット、バイカラーなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ジャケット総括

オーセンティック&ベーシックなテーラードジャケットが目立ったものの、全体的にはスポーティ&カジュアルなジャケットのバリエーションが多彩に見られた。

注目ジャケット1:テーラード

シングルブレストがやや優勢。ジャストサイズ~ややタイトなシルエットが主流。共布ベルト付きや柄生地も見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット2:シアリングファー

ムートン調の刈り毛ファーのバリエーション。テーラードカラーのダブルブレストやジップアップなど。スウェードや表革との組合わせの他、ウール生地とのボンディングや、ファーを表側にあしらったデザインなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット3:ライダース

アレンジされたデザインが主流。ファー襟やデニム、異素材切り替えなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2018AWのレディース注目アウター(コート・ジャケット)でした。

次回も同じくプレフォールコレクションより、2018AWレディースのアイテムトレンド情報(ワンピース・ニット)をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2017/07/28

【アイテムトレンド/2017AWレディース】17年秋冬におけるレディース注目アウター(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き2017AW、4大コレクションのレディース分析結果をご紹介します。今回のテーマは2017AWシーズンの注目アウターです。
(その他の2017AW情報はこちら


▼注目アウター1:パフィコート

15秋冬、16秋冬に引き続き、ダウンや中綿入りのかさ高で丸みを帯びたシルエットのコートが目立った。スポーティな素材感やデザインよりもロマンティック&フェミニンなムードが強く、フラワー柄やベルベットも登場した。その他、コクーンシルエットやオーバーサイズ、グラフィカルな柄など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目アウター2:ファー&シアリングファージャケット

ショート丈~腰骨丈が主流。ラグジュアリーなムードよりも軽快なカジュアルさや素朴なムードが目立った。柄や模様を取り入れたり、アクセントカラーを大胆に取り入れたり。また、シアリングファーも多く、裏革×ボア系素材のムートン調のバリエーションが見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目アウター3:テーラードジャケット

腰骨丈~ヒップ丈が主流。マスキュリンなボクシーシルエットの他、ウエストをほど良く絞ったレディライクなシルエットも見られた。チェック柄の梳毛ウールやツイードウール、フランネルなどのフラットウール、ベルベットやコーデュロイなど、素材のバリエーションも幅広く見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目アウター4:ノーカラージャケット

ラウンドネック、Vネックのいずれも見られた。単品では正統派レディライクなムードを持っていても、ストリートカジュアルとの折衷スタイリングや素材コントラストを効かせたスタイリングでモダンなイメージに刷新。また、一部にはミニマリズムの要素も感じられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2017AWのレディース注目アウターでした。

次回は同じく4大コレクションから、2017AWレディースのワンピーストレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2016/07/08

【アイテムトレンド/2016AW】16年秋冬におけるレディース注目ジャケット&ブルゾン(プレフォールコレクション分析)


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続きプレフォールコレクションの分析結果です。今回は16秋冬におけるレディースのアイテム【ジャケット&ブルゾン】トレンドをご紹介します。
(その他の2016AW情報はこちら


全体傾向

16春夏に引き続きカジュアル&スポーティなムードが目立った。オーバーサイズやストリートカジュアルのタフなエッセンスを取り入れたスタイルが増加した。


注目ジャケット&ブルゾン1:レザー

コンパクトなシルエットにタフ&ハードなムードのレザーを用いたショート丈が主流。
ブラックレザーのバイカーズが非常に多く見られた。
その他、クラフトタッチのアップリケ刺繍やフライトジャケット風のファー襟など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット&ブルゾン2:ボマー&スタジャン

根強く継続。
サテン生地のスカジャン風が引き続き登場している他、ストライプリブ&スナップボタンが特徴的なスタジャンもやや増加した。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット&ブルゾン3:Gジャン

16春夏にも見られたGジャンがさらに拡大傾向となった。
ベーシックデザインの他、刺繍やスタッズ、ワッペン、フリンジ、ファー襟など、装飾性を付加したアレンジも多彩。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット&ブルゾン4:ファー

15秋冬に比べカジュアルデザインが優勢に。
襟付きジップアップやカラーファー×ブラックトリミングのフェミニンなショート丈、アニマル柄やシアリングファーのオーバーサイズ、タフ&ハードなムードのモノトーンなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット&ブルゾン5:テーラード

それほど新鮮な要素はないものの、ベーシックデザインを中心に継続が見られた。
コンパクトシルエットのシングル、ボクシーシルエットのロング丈ダブルが二大勢力。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット&ブルゾン6:MA-1

ここ数シーズン継続が見られる。
ややオーバーサイズのゆったりとしたシルエットが主流に。
光沢のあるナイロンタフタやサテンが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット&ブルゾン7:ジップアップ

ワークブルゾン風のレギュラーカラー&ジップアップの型が増加。
カジュアル〜エレガントなスタイルまで取り入れられた。
デニム、スポーツジャージー風のストライプリブ使い、様々な柄生地など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット&ブルゾン8:ダウン

久々にボリューム感のあるパフィジャケットが多く見られた。
ベーシックカラーでの提案が主流。
ファーをアクセントに取り入れたデザインやシルエット変化、ベーシックなカジュアルデザインなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2016AWのレディース注目アイテム【ジャケット&ブルゾン】でした。

次回も同じくプレフォールコレクション分析より、レディースの注目アイテム【ニット&トップス】をご紹介したいと思います。

どうぞお楽しみに。

2015/05/25

【アイテムトレンド分析/2015AW】プレフォールコレクションから見る15年秋冬の注目アイテムVol.1


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


久しぶりの更新となってしまい申し訳ございません。

今回より、プレフォールコレクションの情報をベースとした2015年秋冬トレンドアイテム予測をご紹介します。

今回のテーマはコート・ジャケットです。


チェスターコート・テーラードコート

コートでは、昨シーズンから市場でも人気が高まっているチェスターコート、テーラードコートが今シーズンも注目され、素材のバリエーションや着こなしの新たな提案が望まれる。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ロングコート・ニットコート

日本市場でも増加傾向にあるロングコートも継続が予想される。

またローゲージのバルキーヤーンを使用したニットコートは新たなアイテムとして注目したい。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


トレンチコート

秋コートとして、春に続き再びトレンチコートが登場すると思われるが、今シーズンはエフォートレスでリラックスしたイメージではなく、ボタンをきちんと留めた着こなしに移行すると思われる。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


テーラードジャケット・ショールカラージャケット

ジャケットでは、定番アイテムだがテーラードジャケットに注目したい。

トレンドはモード、ストリート、スポーツなどのカジュアル系トレンドからエレガンス、ロマンティック、フェミニンへと少しずつ動き始めているが、その一方で普遍性、ベーシックで上質を求めるトレンドも強く、その代表的なアイテムがテーラードカラーやショールカラーのジャケットである。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


レザージャケット

レザーは様々なアイテムで登場しているが、ショートジャケットを中心としたレザージャケットも注目アイテムの一つになると考えられる。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示



以上、プレフォールコレクションから見る15年秋冬の注目アイテムVol.1でした。

次回も同じく15年秋冬の注目アイテムで、ニット等についてご紹介したいと思います。

どうぞお楽しみに。