About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

ラベル トレンド予測 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル トレンド予測 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018/11/16

【素材・柄トレンド/2019SSレディース】19年春夏におけるレディース注目素材・パターン(リゾートコレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き2019SS、リゾートコレクションのレディース分析結果をご紹介します。今回のテーマは2019SSシーズンの注目素材およびパターンです。
(その他の2019SS情報はこちら


素材総括

共通するキーワード:高い意匠性/ツヤ&光沢/凹凸感/シアーな質感/エアリーな質感/きらめき


注目素材1:レース

透け感の強い薄手も見られたが、高密度な中肉素材や部分的な透け感のある素材が主流となった。コットンやシルク混素材ベースのアイレット、シアーなチュールベース、繊細な意匠のシャンティイ系、凹凸感のあるギュピールや刺繍系など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材2:デニム

シーズンを問わず根強く継続中。ワンウォッシュや、わずかに色落ちのある濃いインディゴ、程良いユーズド感のあるブルーデニムが主流となったが、ハリコシのある生デニムから淡いライトブルーデニムまで、多彩なバリエーションが見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材3:シフォン

プリント、無地のいずれも見られ、ドレスやスカートに目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


パターン・柄総括

共通するキーワード:マルチカラー配色/モノトーン配色/手描きタッチ/ジオメトリック/大柄&ワイドピッチ/ブラックベース


注目パターン・柄1:チェック

変化のある線幅やピッチを組み合わせたコンビネーションチェックが主流。小柄から大柄まで多彩なバリエーションが見られた。ホワイトベース、マルチカラー配色、マスキュリンなテーラリング、グラフチェック、ブロックチェック、ハウンドトゥース、ギンガムなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目パターン・柄2:ストライプ

ナチュラル&爽やかなムードが主流。線幅やピッチを組み合わせたコンビネーション柄、ホワイトベース、等幅、マルチカラー配色、シャツストライプ、レジメンタル、ワイドピッチのボールド、マスキュリンなピンストライプなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目パターン・柄3:フラワー&ボタニカル

小柄から中柄が主流。素朴なナチュラルムードや可憐なフェミニンムードが目立った。小花柄、ブラックベース、ローズ、大花柄、コントラスト配色、手描きタッチ、マルチカラー配色、水彩タッチなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2019SSのレディース注目素材およびパターンでした。

次回も同じくリゾートコレクションより、2019SSレディースのアウタートレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2018/11/09

【カラートレンド/2019SSレディース】19年春夏におけるレディース注目カラー(リゾートコレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

今回より2019SS、リゾートコレクションのレディース分析結果をご紹介します。第1回のテーマは2019SSシーズンの注目カラーです。
(その他の2019SS情報はこちら


カラー総括

18秋冬にも見られた鮮やかなビビッドカラーが継続した他、しっかりとした色味のストロングカラーが目立った。レッド&ピンクは根強く継続しているが、ブルー&グリーンの寒色系の増加が目立ち、トーンのバリエーションも多彩に見られた。
18春夏に比べ: パステルトーン、オレンジ、ネイビー、カマイユ&フォカマイユ配色はやや減少。
18秋冬に比べ: メタリック、ダークトーン、パープル系、グレーは減少。


注目カラー1:ビビッドカラー

シーズンを問わず継続中の鮮やかなカラーが今シーズンも目立った。18秋冬に拡大したネオンカラーは一部に見られたのみ。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー2:ホワイト&アイボリー

ブラックに次ぐ出現率。ナチュラルなトーンや温かみのあるアイボリーが主流。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー3:ベージュ

明るいトーンを主流に増加傾向が見られた。黄みの強いラフィアやピンクがかったヌード、オーセンティックなカーキ系など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー4:イエロー

18春夏の傾向を踏襲。ライトからストロングが主流。発色の良いバナナやこっくりとしたヨークなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー5:レッド

18秋冬の傾向を踏襲。黄みがかった鮮やかな朱色系のバリエーションや、わずかに彩度を抑えたノーブルなトーンなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2019SSのレディース注目カラーでした。

次回も同じくリゾートコレクションより、2019SSレディースの素材・柄トレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2018/11/02

【アイテムトレンド/2018AWメンズ】18年秋冬におけるメンズ注目トップス・パンツ(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2018AWのメンズトレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2018AWシーズンの注目トップス・パンツです。
(その他の2018AWトレンド情報はこちら


注目トップス1:ウエスタンシャツ

モダンにアップデートされたウエスタンシャツ。柔らかい素材や装飾によってエレガントでラグジュアリーな雰囲気がプラスされた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目トップス2:スウェット

ストリートスタイルを表現する上で欠かせないフードやプルオーバーのスウェットシャツ。メッセージ性のあるタイポグラフィがみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目トップス3:Tシャツ

SFや落書き風のインパクトのある大胆なデザイン。グラフィックとタイポグラフィの組合せなどがみられ、レイヤードスタイルで登場。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目パンツ1:ワイド

・ボックスタイプのストレートやテーパードライン
・チノやウールなど幅広い素材使い
・チェックや総柄使い
・リラックスシルエット

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目パンツ2:タイト

・レギンスが登場
・オーバーサイズ、タイト両方のトップスとの組合せ
・カジュアルからテーラードまで幅広いスタイル
・スキニーやタイトシルエット

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目パンツ3:クロップト

・ゆるいテーラードラインが中心
・オーバーサイズのトップスとの組合せが中心
・共ベルトのウエストやハイウエストなどのディテール
・コーデュロイやデニム、ウールなど幅広い素材使い
・リラックスシルエット

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2018AWのメンズ注目トップス・パンツでした。

次回からはリゾートコレクションより、2019SSレディースのトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2018/10/26

【アイテムトレンド/2018AWメンズ】18年秋冬におけるメンズ注目アウター(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2018AWのメンズトレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2018AWシーズンの注目アウターです。
(その他の2018AWトレンド情報はこちら


注目アウター1:ダウン

トップスにボリュームと丸みのあるシルエット。ストリートスタイルを中心にみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター2:ウエスタン

キリム柄やレザー素材を用いた、ウエスタンを象徴するヨーク切替えのアウターがみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター3:アウトドア

シームテープなど機能的でユーティリティなディテールがみられた。ハイテク素材が用いられ、切替えがポイント。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター4:ファー

トップスにボリュームのあるラグジュアリーなカジュアルスタイルがみられた。暖かみのあるリラックスした雰囲気。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター5:ライダース

オーバーサイズ、柔らかいジャージー素材、総柄など、さまざまなスタイルや素材で登場した。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目アウター6:アノラック

ハイテク合繊素材を使用したシンプルで機能的なデザインが中心。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2018AWのメンズ注目アウターでした。

次回も同じく4大コレクションより、2018AWメンズのトップス・パンツトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2018/10/19

【素材・パターントレンド/2018AWメンズ】18年秋冬におけるメンズ注目素材・パターン(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2018AWのメンズトレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2018AWシーズンの注目素材・パターンです。
(その他の2018AWトレンド情報はこちら


注目素材1:ファー

毛足の整えられたシアリングが中心。コートやアウターだけでなく、トリミングなどのディテールでも用いられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材2:キルティング&ダウン

ボリュームのあるラウンドシルエットをつくるキルティングやダウンが拡大傾向。光沢感がポイント。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材3:ウール

柔らかく、軽いツイードやダブルフェイスのカシミヤ、メルトンなどがみられた。コートやアウター、トップスなどがシンプルなスタイルで登場した。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目パターン1:英国調チェック

トラディショナルなタータンチェックやブラックウォッチがバリエーション豊富に登場した。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目パターン2:アメリカンチェック

オンブレチェックやバッファローチェックなど、ウエスタンテイストを演出するチェックがみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目パターン3:タイポグラフィ

ユースストリートスタイルを中心に、シンプルなグラフィックとの組合せやメッセージ性のあるタイポグラフィがみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2018AWのメンズ注目素材・パターンでした。

次回も同じく4大コレクションより、2018AWメンズのアウタートレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2018/10/16

【スタイル・カラートレンド/2018AWメンズ】18年秋冬におけるメンズ注目スタイル・カラー(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

今回より、4大コレクションの分析結果をもとにした、2018AWのメンズトレンド情報をご紹介します(前回の予告と異なりますがご了承ください)。初回のテーマは2018AWシーズンの注目スタイル・カラーです。
(その他の2018AWトレンド情報はこちら


注目スタイル1:モダンアメリカン

スマートなアメリカンストリートスタイル
・ウエスタンやワークテイストのユースカジュアルウエア
・モダンなアメリカンスタイル
・ヨーク切替えやチェック柄、スタッズ使い
・リラックスシルエット

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目スタイル2:ハイパーミックス

ハイパーミックスストリートスタイル
・光沢感のある素材やニット、ウールなど自由度の高いマルチレイヤード
・さまざまな文化やモチーフの柄×柄の組合せ
・パッチワークやワッペンなどの高い装飾性
・オーバーサイズシルエット

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目スタイル3:コンテンポラリーウォーム

ウォーミーな素材で表現されたミニマルスタイル
・シンプルでモダンなスタイル
・リラックスした雰囲気
・圧縮ウールやキルティングなど厚手で柔らかく軽い素材使い
・シックなカラー配色
・丸みのあるオーバーサイズシルエット

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー1:ホワイト

ホワイトのもつピュアで爽やかな雰囲気に反したアバンギャルドやストリートなどのスタイルで、強さを表現したワンカラースタイルがみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー2:ブラック

モードやスポーティなど幅広いスタイルでみられ、シンプルで力強い雰囲気を演出した。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー3:ブラウン

キャラメルやコッパー(赤銅色)、カカオなどがみられ、カジュアルスタイルにシックな雰囲気をプラスした。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2018AWのメンズ注目スタイル・カラーでした。

次回も同じく4大コレクションより、2018AWメンズの素材・パターントレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2018/10/05

【アイテムトレンド/2018AWレディース】18年秋冬におけるレディース注目トップス・ボトムス(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2018AWのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2018AWシーズンの注目トップス・ボトムスです。
(その他の2018AWトレンド情報はこちら


トップス総括

18春夏同様、ロマンティック&フェミニンなムードを抑えてカジュアル&スポーティなムードが主流に。グラフィカルな色柄が引き続きキーとなる。プルオーバートップスやTシャツは小さめ~ジャストフィットでボディコンシャスであるのに対し、シャツやスウェットシャツは長めの袖丈やオーバーサイズが目立った。

▼ハイネックプルオーバー
18春夏に見られたコンパクトなシルエットのプルオーバートップスが継続。スポーツウェア風のみならず、エキゾチックなタイダイ柄やドレープをあしらったデザイン、フューチャリスティックなムードなど、様々なバリエーションが登場。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示

▼スウェットシャツ
ここ数年シーズンレスに継続中。程良いオーバーサイズが主流で、グラフィカルなプリントやアップリケ装飾が目立った。フーデッドや転写プリント、ネオンカラーアクセント、ジッパーを用いたデザインアレンジ、リメイク風の装飾など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


スカート総括

17秋冬~18春夏の傾向と同様に、膝丈~ミディ丈が主流となった。フレアシルエットは引き続き目立つものの、スレンダーなシルエットの増加が顕著に見られた。ミニ丈はほとんど変化なく、コンパクトな台形シルエットが継続。

▼膝丈~ミディ丈スレンダー
シーズンレスに根強く継続中。ストレートシルエットが主流だが、裾に動きを取り入れたデザインも見られた。ネップツイード&ボタン開きスリット、刺繍&ビジュー装飾、チェック柄ウール×裾切り替えギャザー、フラワー柄の凹凸素材×ミディ丈など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示

▼レザー
シーズンレスに継続中。80年代を彷彿とさせるグラマラスムードが高まり、タフ&ハードなムードのブラックレザーのマイクロミニ丈が再浮上した。その他、エレガントな膝丈~ミディ丈のスレンダーシルエットが見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


パンツ総括

17秋冬~18春夏の流れを継承し、ワイドシルエットの減少やマスキュリンなセンタープレスのパンツが目立った。拡大傾向が見られたのはペグトップやテーパードなど裾にかけてすぼまるシルエット。80年代ムードが高まりハイウエストも継続。スキニーシルエットはレザーが主流だった。

▼スラックス
17秋冬~18春夏に引き続き、マスキュリンなセンタープレスのパンツが見られた。なめらかな表面感の梳毛ウールが主流。タックの入ったストレートシルエットやノータックのワイドシルエット、ハイウエスト&テーパード、クロップト丈など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示

▼ペグトップ&テーパード
出現率としてはそれほど高くなかったが、80年代ムードの高まりを背景に、腰まわりにボリュームを持たせたペグトップや、裾にかけてすぼまるテーパードが拡大傾向となった。ハイウエスト&ハーレムパンツ風のボリューム感、グラデーションカラー、クロップト丈、ジョッキーパンツ風など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2018AWのレディース注目トップス・ボトムスでした。

次回も同じく4大コレクションより、2018AWレディースのアイテムトレンド情報(雑貨・アクセサリー)をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2018/10/01

【アイテムトレンド/2018AWレディース】18年秋冬におけるレディース注目アウター・ニット(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

長らく更新が滞ってしまいましたが、引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2018AWのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2018AWシーズンの注目アウター・ニットです。
(その他の2018AWトレンド情報はこちら


コート総括

大きな傾向は17秋冬とそれほど変わらず、マスキュリンなテーラリングの要素やミッドセンチュリー調のヴィンテージテイストが目立ったが、オーバーサイズの再浮上やユーティリティ&スポーティなムードの高まりもあり、程良いカジュアル感や軽量で防寒に優れた実用性がさらに重視された。

▼テーラードカラー
ダブルブレストが主流。ボクシーシルエットのマスキュリンなチェスターコートも見られたが、トレンドとしては程良いオーバーサイズやウエストをマークしたスタイリング、デザインのほうが鮮度が高い。ピークドラペル、シープスキン風のウール生地×ボア素材、ベルテッド、ドロップショルダーなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示

▼チェック柄ウール
マスキュリンな英国調チェックの他、17秋冬にも見られた大柄チェックなどミッドセンチュリー調のヴィンテージテイストが目立った。ドロップショルダー×ボリュームスリーブ、ファー襟、60年代風トラペーズライン、ラグランスリーブ&レザー襟など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ジャケット&ブルゾン総括

最も出現率が高かったテーラードジャケット以外は、ユーティリティテイストやカジュアルなムードが強かった。ベーシックなデザインやフェミニンなアイテムがコンサバになり過ぎないよう、羽織りアイテムでさりげない折衷スタイリングを取り入れるテクニックがポイント。

▼テーラード
スタンダード&マスキュリンなかっちりとしたデザインをベースに、襟のデザインをアレンジしたり、アクセントカラーを取り入れたりといったバリエーションが見られた。上襟に重なるピークドラペル、狭くシャープなラペル&カラー、オレンジ、ピンク、チェック柄やストライプ柄など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示

▼パフィ
17秋冬に引き続き増加傾向が見られた。ドロップショルダーの丸みを帯びたシルエットが目立った。ドローストリング&フーデッドのスポーティなデザイン、革張りソファを思わせるふっくらとしたボリューム×ボタン留め、スカーフ柄の中綿×ライダース型、袖をファーで切り替えたユーティリティジャケットなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ニット総括

さりげないオーバーサイズやチュニック風の長めの丈が増加。ミドルゲージからローゲージを主流に、リラックスムードやほっこりとしたぬくもり感のあるスタイルが目立った。色柄の重要度は引き続き高く、グラフィカルなアレンジが多彩に見られた。

▼フェアアイル
17秋冬に多かった求心柄のノルディックニットは少数派に留まり、柄ボーダー風の全面模様編みが主流となった。ノスタルジックなムードのフェアアイルを配色やデジタルタッチの柄行きでモダンにアレンジする手法が目立った。また、ロゴなどタイポグラフィの装飾も見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示

▼アラン
素朴なムードのケーブル編みニットのバリエーションが見られた。クルーネックやハイネックが主流。ニットで作られた大きなワッペンや、ゼッケンのように絵画をプリントした布をあしらいアクセントにしたり、編み地変化やカラーブロックを組み合わせたりといったアレンジが見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2018AWのレディース注目アウター・ニットでした。

次回も同じく4大コレクションより、2018AWレディースのアイテムトレンド情報(トップス・ボトムス)をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。