About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

ラベル ニット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ニット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2019/10/04

【アイテムトレンド/2019AWレディース】19年秋冬におけるレディースニット・ワンピース(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2019AWのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2019AWシーズンの注目ニットおよびワンピースです。
(その他の2019AWトレンド情報はこちら


ニット総括

セーターはベーシックデザインのクルーネックと、タートル&ハイネックが主流。ベストは減少。オーバーサイズはほとんど見られなかった。18秋冬に比べ、ローゲージが減少し、ミドルゲージが主流だった。柄ニットのバリエーションが多彩に見られたが、ベーシックな無地ニットも増加した。


注目ニット1:アーガイル&ダイヤ

オーセンティックなトラッドを思わせるアーガイル柄が登場。また、破線を省略したダイヤ柄も見られた。ミドルゲージのモヘアやジャカードの他、一部に手編み風のローゲージが見られた。シンプルデザインのセーターの他、セットアップやカーディガン、レイヤードの着こなしなどが見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット2:フェアアイル

18秋冬に比べ、アレンジの効いたものが増え、ボーダー柄から求心柄へと再び移行。大きく引き伸ばした柄行きや、パステルトーンのマルチカラー配色、アランニットと融合したニードルパンチ、ビーズ刺繍を用いた柄表現などが見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット3:シンプル

ミドルゲージのシンプルな編み地を用いたベーシックデザインのセーターが増加。カラーもホワイトやグレー、ベージュ、ブラウンなどのベーシックカラーが多かった。全体的には少なかったVネックだが、シンプルなセーターには見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示



ワンピース総括

ミニ丈~膝丈が主流。ソフトボディコンシャスなシースシルエットやコンパクトなシルエット、クラシカルなムードのフィット&フレアシルエットが多く見られた。グラマラス&セクシーなムードが強く、アニマル柄やレッド、肌見せデザイン、シアー素材などが目立った。


注目ワンピース1:ニット

シンプルなデザインのミニ丈~膝丈が主流だったが、スカートやドレス、パンツとレイヤードされたスリット入りのミディ丈も多かった。グラフィカルな柄ニットやケーブル編みのバリエーション、フリンジ装飾なども見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース2:シースドレス

クラシカル&セクシーなムードのミディ丈が主流。シンプルな無地生地も多かったが、グラマラス&セクシーなムードのアニマル柄や、オーセンティックなトラッドを思わせるモノトーンのチェック柄、ツイードウールなども目立った。また、アシンメトリーなデザインが一部に見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース3:マイクロミニ丈

90年代調のグラマラス&セクシーなムードが目立った。アニマル柄やアブストラクトな総柄の他、大きなグラフィックモチーフを取り入れたアートタッチなデザインが登場。また、パフスリーブやタック&ギャザーなど、クチュールタッチなデザインも一部に見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2019AWのレディース注目ニットおよびワンピースでした。

次回も同じく4大コレクションより、2019AWレディースのパンツおよびスカートトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2019/06/17

【アイテムトレンド/2019AWレディース】19年秋冬におけるレディース注目ワンピース・ニット(プレフォールコレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続きプレフォールコレクションの分析結果をもとにした、2019AWのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2019AWシーズンの注目ワンピース・ニットです。
(その他の2019AWトレンド情報はこちら


ワンピース総括

緩やかに減少していたロマンティック&フェミニンなムードが再浮上。単品でスタイルを作りやすい色柄や装飾性が重要。他のアイテムに比べ、グラマラス、タフ&ハード、セクシーなど、多彩なテイストが見られた。


注目ワンピース1:ニットドレス

出現率の高いシーズンが続いている。ミニ丈がやや増加。シンプルなデザインが主流だが、フェミニンなアレンジも目立った。ストライプ柄のボディコンシャスなシルエット、アブストラクト柄、フリルやレースをあしらったロマンティックなデザイン、シンプルデザインのロング丈、スリットを活かしたレイヤードスタイリングなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース2:マキシ丈

ロマンティック&フェミニンなフラワー柄が主流。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース3:シャツドレス

膝丈からミディ丈が主流。フラップ付き胸ポケットが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示



ニット総括

標準的なジャストサイズからリラックス感のある程良いオーバーサイズが主流。グラフィカルな色柄や装飾性の高さが継続。ボリューム感のある、かさ高な素材感やデザインが目立った。


注目ニット1:グラフィカルニットセーター

18秋冬同様、グラフィカルな柄をアクセントにしたセーターがバリエーション多彩に見られた。ミドルゲージが主流。大きくあしらったブランドイニシャル、ハートモチーフ、プレッピー調の数字やタイポグラフィ、生き物モチーフ、マルチカラー配色のイラストレーションなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット2:タートル&ハイネック

18秋冬にも見られた、首元をすっぽりと覆うネックデザインが継続。やや長めの袖丈や着丈、ローゲージニットが目立った。配色ライン装飾、フレアスリーブ、アランニット、コクーンシルエット、ラメニット、細身のロング丈など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット3:フォークロア

マルチカラー配色のミックス感が重要。フリンジ装飾、民族調の幾何学モチーフ、カウチンニット、フェアアイルニットなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2019AWのレディース注目ワンピース・ニットでした。

次回も同じくプレフォールコレクションより、2019AWレディースのパンツ・スカートトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2019/02/22

【アイテムトレンド/2019SSレディース】19年春夏におけるレディース注目ワンピース・ニット(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2019SSのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2019SSシーズンの注目ワンピースおよびニットです。
(その他の2019SSトレンド情報はこちら


ワンピース総括

ロマンティック&フェミニンなムードは根強く継続しつつも、緩やかに減少。18春夏に比べ、リゾートウェア風のリラックスムードのあるデザインが増加した。

ミニ丈はやや減少し、ミディ丈からマキシ丈が多く見られた。18秋冬同様、ルーズフィットシルエットや動きのあるAラインが主流に。


注目ワンピース1:スリップドレス

シーズンレスに根強く継続中。開放的なリゾートウェアを思わせるオプティミスティックな色柄や、サンドレスのバリエーションが多彩に見られた。

フリル&ラッフル装飾、ラップデザイン、イレギュラーヘム、ランジェリー風のサテン×レースなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース2:シャツワンピース

ミディ丈が主流。フロントが全開になる型の他、プルオーバーのポロドレスも登場。また、膝から裾にかけてフレアを入れたマーメイドラインも見られた。

オーバーサイズ、スリットやカットアウトなどの肌見せデザイン、パンツとのレイヤード、カラーブロック、イレギュラーヘムなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース3:ニットワンピース

シーズンレスに根強く継続中。リゾートウェアやエキゾチックなムードが色濃く、フィッシュネットのような目の粗いオープンワークニットや、ハンドクラフトタッチのクロッシェニットが主流となった。

長く垂らしたフリンジ装飾も目立った他、レイヤードの着こなしも多かった。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ニット総括

フォークロア&エキゾチックなムードや、スポーツテイストが目立った。

ミドルゲージからローゲージの糸を使ったリラックス感のあるルーミーなシルエットやオーバーサイズが主流となった一方、スポーティなトップスにはジャストサイズのコンパクトなシルエットが見られた。


注目ニット1:オープンワーク

フォークロア&エキゾチックなムードを演出するハンドクラフトタッチの目の粗い編み地が多く見られた。

ルーミーなシルエットや長い袖丈や着丈が目立った。ドロップショルダーやフリンジ装飾、ポンチョ風のスリットスリーブ、カットアウトのアクセント、グラデーションカラーなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット2:メランジ

杢調やボヘミアンなムードの配色が特徴的な、ミックス感のある編み地が多く見られた。

カットアウト&ドローストリングを用いたフォルム変化、配色ボーダー柄のオーバーサイズ、不均一な太さのファンシーヤーンやニットの重ね着、フード付きのプルオーバーパーカなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット3:ポロニット

ハイゲージのポロニットトップスが増加。ジャストサイズのコンパクトなシルエットが主流。

メッシュニットや配色ライン装飾、五分袖、パターンブロックやロング丈、カラーブロックなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2019SSのレディース注目ワンピース・ニットでした。

次回も同じく4大コレクションより、2019SSレディースのパンツ・スカートトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2018/11/30

【アイテムトレンド/2019SSレディース】19年春夏におけるレディース注目ワンピース・ニット(リゾートコレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き2019SS、リゾートコレクションのレディース分析結果をご紹介します。今回のテーマは2019SSシーズンの注目ワンピース・ニットです。
(その他の2019SS情報はこちら


ワンピース総括

ミディ丈が主流だが、ミニ丈の増加も顕著だった。フレアシルエットやささやかなフリル&ラッフル装飾など、過剰過ぎず日常使いできるフェミニン&ロマンティックなムードが目立った。


注目ワンピース1:シャツドレス

18秋冬に比べ再び増加傾向が見られた。ミニ丈から膝丈が主流。ヴィンテージ調のプリーツドレスやウエスタン調、バンドカラー、サファリ調、とろみのあるサテン生地など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース2:スリップドレス&サンドレス

リゾートウェア風のリラックスムードに溢れたデザインが目立った。ミディ丈やフレアシルエットが主流。イレギュラーヘム、ポップな柄生地、マイクロプリーツのミニ丈など。また、肩まわりのデザインにアクセントを付けたサンドレスも登場。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース3:マキシ丈ワンピース

柄生地やホワイトが目立った。シフォンや薄手コットンなど。ボリューム感のあるフレアシルエットの他、セミフレアのコンパクトなシルエットも。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示



ニット総括

シンプル&ベーシックなデザインにグラフィカルな色柄をアクセントする手法が主流。オーバーサイズ&ルーズフィットは減少傾向となった。


注目ニット1:グラフィカルニット

ブランドロゴをあしらったタイポグラフィ柄やマリンモチーフ、アートタッチのイラスト柄など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット2:カラーブロックニット

マルチカラー配色やバイカラー、タイポグラフィ柄との組合せなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット3:アランニット

ローゲージのアランニットセーターが台頭。ホワイトや配色ラインアクセントが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2019SSのレディース注目ワンピース・ニットでした。

次回も同じくリゾートコレクションより、2019SSレディースのシャツ・ブラウストレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2018/10/01

【アイテムトレンド/2018AWレディース】18年秋冬におけるレディース注目アウター・ニット(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

長らく更新が滞ってしまいましたが、引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2018AWのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2018AWシーズンの注目アウター・ニットです。
(その他の2018AWトレンド情報はこちら


コート総括

大きな傾向は17秋冬とそれほど変わらず、マスキュリンなテーラリングの要素やミッドセンチュリー調のヴィンテージテイストが目立ったが、オーバーサイズの再浮上やユーティリティ&スポーティなムードの高まりもあり、程良いカジュアル感や軽量で防寒に優れた実用性がさらに重視された。

▼テーラードカラー
ダブルブレストが主流。ボクシーシルエットのマスキュリンなチェスターコートも見られたが、トレンドとしては程良いオーバーサイズやウエストをマークしたスタイリング、デザインのほうが鮮度が高い。ピークドラペル、シープスキン風のウール生地×ボア素材、ベルテッド、ドロップショルダーなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示

▼チェック柄ウール
マスキュリンな英国調チェックの他、17秋冬にも見られた大柄チェックなどミッドセンチュリー調のヴィンテージテイストが目立った。ドロップショルダー×ボリュームスリーブ、ファー襟、60年代風トラペーズライン、ラグランスリーブ&レザー襟など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ジャケット&ブルゾン総括

最も出現率が高かったテーラードジャケット以外は、ユーティリティテイストやカジュアルなムードが強かった。ベーシックなデザインやフェミニンなアイテムがコンサバになり過ぎないよう、羽織りアイテムでさりげない折衷スタイリングを取り入れるテクニックがポイント。

▼テーラード
スタンダード&マスキュリンなかっちりとしたデザインをベースに、襟のデザインをアレンジしたり、アクセントカラーを取り入れたりといったバリエーションが見られた。上襟に重なるピークドラペル、狭くシャープなラペル&カラー、オレンジ、ピンク、チェック柄やストライプ柄など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示

▼パフィ
17秋冬に引き続き増加傾向が見られた。ドロップショルダーの丸みを帯びたシルエットが目立った。ドローストリング&フーデッドのスポーティなデザイン、革張りソファを思わせるふっくらとしたボリューム×ボタン留め、スカーフ柄の中綿×ライダース型、袖をファーで切り替えたユーティリティジャケットなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ニット総括

さりげないオーバーサイズやチュニック風の長めの丈が増加。ミドルゲージからローゲージを主流に、リラックスムードやほっこりとしたぬくもり感のあるスタイルが目立った。色柄の重要度は引き続き高く、グラフィカルなアレンジが多彩に見られた。

▼フェアアイル
17秋冬に多かった求心柄のノルディックニットは少数派に留まり、柄ボーダー風の全面模様編みが主流となった。ノスタルジックなムードのフェアアイルを配色やデジタルタッチの柄行きでモダンにアレンジする手法が目立った。また、ロゴなどタイポグラフィの装飾も見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示

▼アラン
素朴なムードのケーブル編みニットのバリエーションが見られた。クルーネックやハイネックが主流。ニットで作られた大きなワッペンや、ゼッケンのように絵画をプリントした布をあしらいアクセントにしたり、編み地変化やカラーブロックを組み合わせたりといったアレンジが見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2018AWのレディース注目アウター・ニットでした。

次回も同じく4大コレクションより、2018AWレディースのアイテムトレンド情報(トップス・ボトムス)をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2018/06/08

【アイテムトレンド/2018AWレディース】18年秋冬におけるレディース注目ワンピース・ニット(プレフォールコレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き2018AW、プレフォールコレクションのレディース分析結果をご紹介します。今回のテーマは2018AWシーズンの注目ワンピース・ニットです。
(その他の2018AWトレンド情報はこちら


ワンピース総括

ロマンティック&フェミニンな装飾性や甘さを感じさせるデザインが根強く継続。その他、女児服風のガーリーなムードやさりげないユーティリティテイスト、カジュアルなムードも目立った。

注目ワンピース1:シャツ

シンプルなデザインやさりげないユーティリティテイストが目立った他、グラフィカルな色柄の切り替えやロマンティックなフリル装飾が見られた。ベルトでウエストをマークする着こなしもポイント。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース2:ジャンパー

ミニ丈が主流。シンプルなトラペーズシルエットが目立った。クラシカルなガーリームードの他、程良いカジュアル感を取り入れた着こなしが多かった。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース3:スリップ

シーズンレスに根強く継続。ミディ丈が主流。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ニット総括

凝った編み地はあまり見られず、シンプルな編み地×グラフィカルな色柄表現が主流。ジャストサイズ~やや大きめのサイズが多く見られた。

注目ニット1:グラフィカル柄セーター

シーズンレスに継続。ポップなムードの大きな柄行きやアニマルモチーフが主流。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット2:カーディガン

やや長めの丈~ウエスト丈まで。カラーブロックや布帛との異素材切り替え、ケープレット付きなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット3:Vネックセーター

ウエスト丈~ヒップ丈まで。アラン編み、杢調カラーブロック、チルデンセーター、編み地変化ボーダーなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2018AWのレディース注目ワンピース・ニットでした。

次回も同じくプレフォールコレクションより、2018AWレディースのアイテムトレンド情報(シャツ・ブラウス)をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2017/08/21

【アイテムトレンド/2017AWレディース】17年秋冬におけるレディース注目ワンピース・ニット(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き2017AW、4大コレクションのレディース分析結果をご紹介します。今回のテーマは2017AWシーズンの注目ワンピース・ニットです。
(その他の2017AW情報はこちら


▼注目ワンピース1:シャツワンピース

ミニ丈~ミディ丈、ウエスタン調の切り替えやディテール、細身シルエット。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目ワンピース2:ニットワンピース

単品スタイリングで存在感のあるデザインが見られた。マイクロミニ丈~ミディ丈が主流。チェック柄やアブストラクト柄のタートルネック、フリル装飾、素朴な手編み風など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目ワンピース3:ジャンパースカート

久々にジャンパードレスが復活。ほっそりとしたシースシルエットや60’s調のミニ丈台形シルエットが目立った。ブラウスやニットセーターとのレイヤードやVネックが主流。チェック柄ウール×刺繍、グラフィカルなストライプ柄、起毛素材、アップリケ装飾など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目ニット1:グラフィック柄セーター

16秋冬~17春夏に引き続き、グラフィカルな柄表現が多彩に見られた。身頃全体に大きく描かれたイラスト調が目立った。風景モチーフ、ジオメトリック柄、鳥や動物モチーフ、モダンアート風など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目ニット2:アレンジノルディック柄セーター

オーセンティックなノルディック柄をモダン&グラフィカルにアレンジしたデザインが多く見られた。ブランドロゴ入り、スノーフレイク柄、モダンな配色やジオメトリックに加工された柄表現など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目ニット3:無地セーター

アランニット風のケーブル編み、イレギュラーヘムやクラフトタッチの装飾、ソフトスカルプチュアルフォルム。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目ニット4:オーバーサイズセーター

ゆったりとした身頃、長い袖丈&着丈、ドロップショルダーなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2017AWのレディース注目ワンピース・ニットでした。

次回は同じく4大コレクションから、2017AWレディースのスカート・パンツトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。