About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

ラベル レディース の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル レディース の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020/07/07

【アイテムトレンド/2020AWレディース】20年秋冬におけるレディース注目バッグ・シューズ(プレフォールコレクション分析)


当社は約30年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続きプレフォールコレクションの分析結果をもとにした、2020AWのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2020AWシーズンの注目バッグ・シューズです。
(その他の2020AWトレンド情報はこちら


バッグ総括

小型~中型を主流にクラシカルな形状やディテール使いを取り入れつつ、遊び心が感じられるデザインが目立った。ビビッドな色も見られたが、主流はホワイト、ブラウン、ブラックなどのベーシックカラー。


注目バッグ1:トートバッグ

中型~やや大型が主流。素材はメッシュレザーの他、圧縮ウールやジャカード生地など。ブランドロゴをあしらったショッパー風のデザインも見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目バッグ2:マイクロバッグ

パースやガジェットケースなど、小型でチェーンストラップの付いたアクセサリー風バッグが一部に見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目バッグ3:キルティングレザーバッグ

全体的には多彩なカラーバリエーションのスムースレザーやエキゾチックレザーの出現率が高かったが、増加傾向としてはキルティングレザーが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示



シューズ総括

ブーツの出現率が非常に高く、特にロング~ニーハイ&サイハイのバリエーションが多彩に見られた。パンプス&サンダルでは、レースアップや細いストラップで足首をマークしつつ、かかとを露出させたデザインが目立った。


注目シューズ1:ロングブーツ

ストレートシルエットの筒形状やブロックハイヒールが主流。ブラック、ホワイト、ブラウン、ネイビーなどベーシックカラーのスムースレザーやエキゾチックレザーが多く見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目シューズ2:ニーハイ&サイハイブーツ

マイクロミニ丈のドレスやスカート、ショートパンツの増加に合わせ、膝上~太もも丈のブーツも増加傾向が見られた。スラウチなシルエットや太めの筒幅が目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目シューズ3:ヒールパンプス(オープンヒール)

かかとを露出させ、つま先はカバーされたサンダルとパンプスの中間的なデザインが多く見られた。ポインテッドトゥやアーモンドトゥ、レースアップなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2020AWのレディース注目バッグ・シューズでした。

次回からは4大コレクションより、2020AWメンズのトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2020/06/26

【アイテムトレンド/2020AWレディース】20年秋冬におけるレディース注目パンツ・スカート(プレフォールコレクション分析)


当社は約30年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続きプレフォールコレクションの分析結果をもとにした、2020AWのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2020AWシーズンの注目パンツ・スカートです。
(その他の2020AWトレンド情報はこちら


パンツ総括

70年代調を反映したフレアシルエットやベルボトムが目立った他、程良いカジュアル感やフェミニンさを取り入れた素材やゆとりのあるシルエットが台頭した。


注目パンツ1:デニム

ストーンウォッシュやダメージ加工が目立った他、わずかに色落ちした濃色のインディゴブルーが多く見られた。ハイウエストやテーパード、カーヴィなバナナシルエット、センタープレスのベルボトムなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目パンツ2:スラックス

センタープレスのスラックスパンツが継続。今シーズンは70年代ブルジョワジーを思わせるとろみのある素材やバギーシルエットが増加。その他、タックの入ったテーパードシルエットや、トラッドなムードのチェック柄ウールなどが多く見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目パンツ3:ベルボトム

膝から裾にかけて広がった70年代調のベルボトムが急増。サイケデリックなヒッピー調よりもきれいめな70年代ブルジョワジーをエッセンスとして取り入れたデザインが主流。布帛だけでなくニットパンツも登場。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示



スカート総括

主流は膝丈~ミディ丈のフレアシルエットだが、マイクロミニ丈の増加も顕著だった。薄手のフラットウールやトラッドなムードのチェック柄ウールが多く見られた。


注目スカート1:プリーツ

細かいヒダのアコーディオンプリーツにグラフィカルな柄をあしらったデザインが目立った。また、クラシカルなボックスプリーツや、ラップデザインなども見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目スカート2:フレア

サーキュラースカートは見られず、フレア分量の少ないシルエットが主流となった。70年代調のデニムスカート、ラッフル装飾、ハリコシのある素材を用いた台形シルエット、ボタンフロントなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目スカート3:レザー

ベーシックカラーのブラックやブラウンが主流。膝丈~ミディ丈のセクシーなペンシルスカートとマイクロミニ丈の台形シルエットが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2020AWのレディース注目パンツ・スカートでした。

次回も同じくプレフォールコレクションより、2020AWレディースのバッグ・シューズトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2020/06/15

【アイテムトレンド/2020AWレディース】20年秋冬におけるレディース注目トップス(プレフォールコレクション分析)


当社は約30年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続きプレフォールコレクションの分析結果をもとにした、2020AWのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2020AWシーズンの注目トップスです。
(その他の2020AWトレンド情報はこちら


トップス総括

フェミニン&ロマンティックなブラウスは今シーズンも根強く継続傾向となったが、カジュアルなシャツやTシャツの出現率も高かった。


注目トップス1:レギュラーカラーシャツ

シンプルな無地コットン生地のレギュラーカラーシャツはやや減少。ダンガリーやライトオンスデニム、スエードを用いたウエスタンシャツが多く見られた。その他、アレンジデザインのチェック柄ネルシャツや、柄をアクセント使いしたコットンやジョーゼットのシャツなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目トップス2:ロマンティックブラウス

20年春夏に再燃したロマンティックブラウスが今シーズンも継続。フリル&ラッフル装飾、ふんわりとした袖などが特徴的。ホワイトの出現率が高かった他、ピエロカラーや丸襟も見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目トップス3:グラフィックTシャツ

20年春夏に引き続き、今シーズンも出現率が高かった。ホワイトベースやフェミニンな色使いが主流。ストリートカジュアルテイストのグラフィックは目立たず、アールデコ、古着風、モダンアート、ボーダー柄など、様々な要素が見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2020AWのレディース注目トップスでした。

次回も同じくプレフォールコレクションより、2020AWレディースのパンツ・スカートトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2020/06/11

【アイテムトレンド/2020AWレディース】20年秋冬におけるレディース注目ワンピース・ニット(プレフォールコレクション分析)


当社は約30年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続きプレフォールコレクションの分析結果をもとにした、2020AWのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2020AWシーズンの注目ワンピース・ニットです。
(その他の2020AWトレンド情報はこちら


ワンピース総括

出現率の高さではミディ丈が優勢だが、マイクロミニ丈の増加が顕著に見られた。フレアシルエットやギャザー、フリル&ラッフルなど、クラシカルなムードやフェミニン&ロマンティックなムードが主流。


注目ワンピース1:マイクロミニ丈

60年代調のシフトドレスのムードやガーリーテイストを演出したマイクロミニ丈ドレスが急増。シフトドレスはハリコシのある素材感やトラペーズシルエットが特徴的だが、ソフトな素材感やAラインシルエット、ウエストをマークしたデザインが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース2:シャツ

ハリコシのある素材を用いたAラインシルエットが多く見られた他、ベルトや共布リボンベルトでウエストをマークした着こなしが目立った。また、フラップポケットを胸にあしらったデザインも多かった。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース3:プリーツ

プリントシフォンなどエアリーな素材にプリーツ加工を用いたフェミニンなドレスが目立った。ミディ丈が主流。コントラストを効かせたカラーのブーツを合わせたり、柄生地で脱クラシカルなムードを演出。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示



ニット総括

程良いゆとりのあるサイズ感が主流。シンプルな編み地から複雑な模様を取り入れたジャカード、色や柄のブロッキング、メランジなど、多彩なバリエーションが見られた。


注目ニット1:カーディガン

ヒップにかかる程度のやや長め丈が主流。編み地はシンプルな無地から凹凸のある意匠性の高いもの、柄ニットまで多彩なバリエーションが登場。ベルトを用いたり、ガウン風の共ベルト付きなど、ウエストマークの着こなしも目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット2:グラフィカルニットセーター

ミドルゲージ~ローゲージが主流。イラスト調のグラフィカルモチーフは減少傾向。柄×無地や配色の効いたメランジニットのボーダーや、モールヤーン、ジャカードニットなどが登場。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット3:ニットトップス

さりげないデザインアクセントを取り入れた、ハイゲージのニットトップスのバリエーションが見られた。フェミニンなムードやセクシーなムードが主流。広がった袖口がポイントのボーダーニット、レッグオブマトンスリーブ、オフショルダー、大胆なカットのラウンドネックなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2020AWのレディース注目ワンピース・ニットでした。

次回も同じくプレフォールコレクションより、2020AWレディースのトップストレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2020/05/25

【アイテムトレンド/2020AWレディース】20年秋冬におけるレディース注目アウター(プレフォールコレクション分析)


当社は約30年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続きプレフォールコレクションの分析結果をもとにした、2020AWのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2020AWシーズンの注目アウターです。
(その他の2020AWトレンド情報はこちら


コート総括

膝丈~ミディ丈のボクシーシルエットやAライン、テーラードカラーが主流。ハリコシのあるコットンやオーセンティックなウール素材が目立ったが、レザーやダウン&中綿の出現率も高かった。


注目コート1:レザー

カラー、デザインに多彩なバリエーションが見られた。しなやかなソフトレザーが最も多く使われたが、ナチュラルカラーのスエードや、表革×スエードのダブルフェイスも登場。共ベルト付きやジップアップなども見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目コート2:トレンチ

アレンジデザインよりもオーセンティック&ベーシックなデザインが主流。クリスプコットンのベージュカラーが目立った他、ダークトーンやシックなカラーが多かった。一部にはフラットウールも登場。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目コート3:パフィ

ダウンや中綿入りの防寒性に優れた非ウール系コートの出現率が高かった。膝丈~ミディ丈が主流。ベーシックカラーの無地の他、柄生地も見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示



ジャケット総括

テーラードジャケットの出現率は変わらず高かったが、アウトドアウェア風やヴィンテージ調のカジュアルなジャケットのバリエーションの拡大が顕著に見られた。


注目ジャケット1:パフィ

ボリューム感たっぷりのシルエットが特徴的なショートダウンジャケットが非常に多く見られた。ピンクや赤といったフェミニンなカラーが目立った。また、ダウンに比べると少数派だが、薄手のキルティングジャケットも一部に見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット2:テーラード

梳毛ウールやジャカード生地、ツイードウールなどで登場。ダブルブレストがやや優勢。マニッシュなボクシーシルエットに加え、ミッドセンチュリー調のコンパクトなシルエットやクロップトスリーブが登場。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ジャケット3:レザー

ステンカラーのコンパクトシルエットやスポーティなリブニット使い、マニッシュなボマージャケット風、ユーティリティジャケット型など、多彩なバリエーションが登場。ベーシックデザインのライダースジャケットはブラックレザーの他、レッドやピンクといったフェミニンなカラーが見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2020AWのレディース注目アウターでした。

次回も同じくプレフォールコレクションより、2020AWレディースのワンピース・ニットトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2020/05/18

【素材・柄トレンド/2020AWレディース】20年秋冬におけるレディース注目素材・柄(プレフォールコレクション分析)


当社は約30年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続きプレフォールコレクションの分析結果をもとにした、2020AWのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2020AWシーズンの注目素材および柄です。
(その他の2020AWトレンド情報はこちら


素材総括

▼共通するキーワード
・光沢 ・フォークロア&ウエスタン ・フェミニン&ロマンティック ・装飾性 ・ユーティリティ ・クラシカル ・トラッド ・起毛 ・凹凸 ・ハリコシ


注目素材1:レザー

薄手~中肉厚、しなやかな質感やグロッシーな光沢を持つ表面感が主流。ナチュラルなブラウン系のカラーが多く見られた他、セクシーなムードではブラックやレッドも多かった。一部にはマットな質感も見られた。また、表革に比べ出現率は低かったものの、フォークロア&ウエスタンの要素としてスエードも重要度が高い。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材2:レース

シアー感の強いチュールレース系やセクシーなブラックレースがやや減少。肉厚で凹凸感のあるコードレースやモチーフレースのバリエーションが拡大。また、アイレットレース系のコットンレースもホワイトやベージュを基調に登場。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材3:デニム

わずかに色落ちさせた濃色でヘヴィーオンスのデニムが目立った。その他、柔らかくしなやかなライトオンスのブルーデニムや、ラフなムードのストーンウォッシュ、フェミニンなカラーデニムなどのバリエーションが見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示



柄総括

▼共通するキーワード:
・クラシカル ・トラッド ・フェミニン&ロマンティック ・ガーリー ・グラフィカル ・ネイチャー ・レトロ ・アートタッチ ・ミリタリー


注目柄1:チェック

コンビネーションチェックやマニッシュなテーラリングを思わせるハウンドトゥース、ウィンドーペン、ガンクラブなどが主流。モノトーンやブラウン系の配色が目立った。その他、マルチカラー配色や色数を抑えたタータン、ギンガムのバリエーションなど。また、チェックの柄生地に刺繍加工を施す手法が目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目柄2:フラワー

マルチカラー配色の中花が主流だったが、可憐な小花柄や儚げな野花モチーフも目立った。その他、アートタッチな大花やタイポグラフィとの組み合わせ、大きなパネル柄などが見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目柄3:ストライプ

レジメンタル風のコンビネーションストライプが多く見られた他、マスキュリンなムードのダブルストライプやハンドクラフトタッチ、フォークロア調、ホワイト配色の等幅ストライプなど。ベージュやグレー、ブラックといったベーシックカラーが多く見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2020AWのレディース注目素材および柄でした。

次回も同じくプレフォールコレクションより、2020AWレディースのアウタートレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2020/05/11

【カラートレンド/2020AWレディース】20年秋冬におけるレディース注目カラー・流行色(プレフォールコレクション分析)


当社は約30年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

今回より、プレフォールコレクションの分析結果をもとにした、2020AWのレディーストレンド情報をご紹介します。初回のテーマは2020AWシーズンの注目カラーです。


カラー総括

淡いパステルトーンから深みのあるストロングカラー、鮮やかなビビッドカラーまで幅広い色調が登場。20春夏のトレンドカラーとして台頭したグリーンやブルーの出現率は引き続き高かったが、フェミニンなピンクやレッドも多彩な色調で存在感を再び示した。無彩色ではブラックの出現率が群を抜いて高く、配色でもブラックを取り入れたスタイルが目立った。


注目カラー1:マカロンカラー

中明度&中彩度の穏やかなトーンのフェミニンなカラーが幅広い色相で登場。特にピンクが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー2:ホワイト

青味の強いケミカルホワイトや黄味の強いアイボリーは少なく、ピュアホワイトやオフホワイトが主流だった。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー3:グレー

トップグレーからチャコールまで幅広く登場。ネップやツイード調の霜降りグレーが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー4:ピンク

再び勢力を拡大。ソフトでロマンティックなムードから強さのあるセクシーなムードまで幅広く演出。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目カラー5:レッド

鮮やかなビビッドや深みのあるストロングが主流だが、シックなダークレッドのバリエーションも目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2020AWのレディース注目カラーでした。

次回も同じくプレフォールコレクションより、2020AWレディースの素材・柄トレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2020/04/20

【アイテムトレンド/2020SSレディース】20年春夏におけるレディース注目バッグ・シューズ(4大コレクション分析)


当社は約30年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2020SSのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2020SSシーズンの注目バッグ・シューズです。
(その他の2020SSトレンド情報はこちら


バッグ総括

アクセサリー調のミニバッグから大容量のビッグサイズまで、幅広いバリエーションが見られた。トップハンドルのクラシカルなハンドバッグの減少が顕著。セミショルダーストラップを手に持ったハンドバッグ風のスタイリングが目立った。丸みを帯びた形状やソフトな素材感、天然素材の増加など、全体的に程良いリラックスムードやカジュアルさがキーとなった。


注目バッグ1:ホーボー

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目バッグ2:巾着型

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目バッグ3:マイクロバッグ

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


シューズ総括

19春夏に比べ、ブーツが激減。サンダルのバリエーションが豊富に見られ、ミディヒールやフラットソールが主流となった。細いレザーストリングスを用いたデザインが目立ち、甲で交差したり足首に巻きつけたりしたレースアップが増加。パンプスは華奢なミディ~ハイヒールのポインテッドトゥが主流。スニーカーに代わりフラットシューズのバリエーションが拡大した。


注目シューズ1:ミディヒールサンダル

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目シューズ2:フラットサンダル

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目シューズ3:ハイヒールサンダル

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目シューズ4:ヒールパンプス

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目シューズ5:ヒールローファー

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2020SSのレディース注目バッグ・シューズでした。

次回からはプレフォールコレクションの情報をもとにした、2020AWのレディーストレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。