About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

ラベル ワンピース の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ワンピース の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020/06/11

【アイテムトレンド/2020AWレディース】20年秋冬におけるレディース注目ワンピース・ニット(プレフォールコレクション分析)


当社は約30年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続きプレフォールコレクションの分析結果をもとにした、2020AWのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2020AWシーズンの注目ワンピース・ニットです。
(その他の2020AWトレンド情報はこちら


ワンピース総括

出現率の高さではミディ丈が優勢だが、マイクロミニ丈の増加が顕著に見られた。フレアシルエットやギャザー、フリル&ラッフルなど、クラシカルなムードやフェミニン&ロマンティックなムードが主流。


注目ワンピース1:マイクロミニ丈

60年代調のシフトドレスのムードやガーリーテイストを演出したマイクロミニ丈ドレスが急増。シフトドレスはハリコシのある素材感やトラペーズシルエットが特徴的だが、ソフトな素材感やAラインシルエット、ウエストをマークしたデザインが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース2:シャツ

ハリコシのある素材を用いたAラインシルエットが多く見られた他、ベルトや共布リボンベルトでウエストをマークした着こなしが目立った。また、フラップポケットを胸にあしらったデザインも多かった。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース3:プリーツ

プリントシフォンなどエアリーな素材にプリーツ加工を用いたフェミニンなドレスが目立った。ミディ丈が主流。コントラストを効かせたカラーのブーツを合わせたり、柄生地で脱クラシカルなムードを演出。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示



ニット総括

程良いゆとりのあるサイズ感が主流。シンプルな編み地から複雑な模様を取り入れたジャカード、色や柄のブロッキング、メランジなど、多彩なバリエーションが見られた。


注目ニット1:カーディガン

ヒップにかかる程度のやや長め丈が主流。編み地はシンプルな無地から凹凸のある意匠性の高いもの、柄ニットまで多彩なバリエーションが登場。ベルトを用いたり、ガウン風の共ベルト付きなど、ウエストマークの着こなしも目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット2:グラフィカルニットセーター

ミドルゲージ~ローゲージが主流。イラスト調のグラフィカルモチーフは減少傾向。柄×無地や配色の効いたメランジニットのボーダーや、モールヤーン、ジャカードニットなどが登場。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット3:ニットトップス

さりげないデザインアクセントを取り入れた、ハイゲージのニットトップスのバリエーションが見られた。フェミニンなムードやセクシーなムードが主流。広がった袖口がポイントのボーダーニット、レッグオブマトンスリーブ、オフショルダー、大胆なカットのラウンドネックなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2020AWのレディース注目ワンピース・ニットでした。

次回も同じくプレフォールコレクションより、2020AWレディースのトップストレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2020/04/08

【アイテムトレンド/2020SSレディース】20年春夏におけるレディース注目トップス(4大コレクション分析)


当社は約30年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2020SSのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2020SSシーズンの注目トップス(+ワンピース)です。
(その他の2020SSトレンド情報はこちら


トップス総括

ロマンティック&フェミニンなムードや、フォークロア&ハンドクラフトタッチの要素が目立った。全体的にはスポーティやストリートカジュアルはややダウントレンドだったものの、トップスにはそれらのムードが色濃く見られた。


注目トップス1:ロマンティックブラウス

19春夏~秋冬にはやや減少傾向が見られたが、今シーズンはロマンティック&フェミニンなムードが再燃。ボリューム感たっぷりのパフスリーブや大きなラッフルなど、クチュールタッチの高い意匠性がポイント。クリスプコットンやソフトなコットンのカットレース、フリル&ラッフル装飾、エアリー&シアーな素材、ペプラムデザインなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目トップス2:クロップト丈

肌見せデザインとして、オフショルダーは19春夏に比べ激減。代わって丈の短いトップスで腹部を見せる着こなしが増加した。ケープ風のシルエット、ロマンティック&フェミニンなブラウス、ハンドクラフトタッチのレースパーツパッチワーク、ジャンパードレス風のスクエアネックなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目トップス3:ポロ&スキッパー

スポーティなポロシャツ風のニットトップスやカットソートップスが久々に増加した。薄手のリブニットを用いたボディコンシャスなコンパクトシルエット、ラガーシャツ風、長めの半袖、ハリコシ素材、ニット×布帛の異素材切り替えなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ワンピース総括

ロマンティック&フェミニンなムードが非常に強かった。クチュールタッチのボリューム感のある装飾が目立った他、ナチュラルな素材感も多く見られた。その他、ユーティリティテイストやクラシカルなエレガンスもメイントレンドとして注目度が高かった。


注目ワンピース1:シアー

インナーやドレスを重ねたスタイリングが目立った。19春夏~秋冬に比べ、ブラックが減少。ホワイトやベージュ、パステルカラーなど、淡いカラーが主流となった。ハリコシのあるオーガンジーやエアリーなシフォンが多く使われた。チェック柄、マクラメニットのパーツ、ソフト構築シルエット、柄生地のレイヤードなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース2:シャツ

19春夏に比べ、ハリコシのあるコットン素材が増加。ユーティリティディテールを取り入れたデザインが多く見られた。ホワイト、ベージュ、グレーなどベーシックカラーや膝丈が目立った。リーンシルエット、サファリテイスト、アシンメトリーデザイン、ボリュームアクセント、プリーツ加工など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース3:ロマンティック

根強く継続しているフェミニンなブラウスドレスに代わり、今シーズンはクチュールタッチの意匠性の高い装飾ディテールを取り入れたデザインが台頭。ロマンティックなムードがさらに強まった。また、ナチュラルなホワイトカラーのコットンやソフト&エアリーな素材感が非常に多く見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2020SSのレディース注目トップス・ワンピースでした。

次回も同じく4大コレクションより、2020SSレディースのパンツ・スカートトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2019/12/11

【アイテムトレンド/2020SSレディース】20年春夏におけるレディース注目ワンピース・ニット(リゾートコレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続きリゾートコレクションの分析結果をもとにした、2020SSのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2020SSシーズンの注目ワンピース・ニットです。
(その他の2020SSトレンド情報はこちら


ワンピース総括

80年代調のセクシーなムードが台頭した他、60年代調、70年代調など、様々な年代のムードが見られた。出現率としては引き続きミディ丈が優勢だが、マイクロミニ丈の増加も著しかった。


注目ワンピース1:マイクロミニ丈

肩を強調したボリュームスリーブにウエストマーク、深いVネックなど、80年代のセクシーなムードを取り入れたデザインが非常に多く見られた。その他、リゾートの開放感に溢れたエアリーな素材感や、ヴィンテージドレス風のテントラインなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース2:スリップ

80年代のトレンドアイテムでもある、ランジェリー風のセクシーなスリップドレスのバリエーションが多彩に見られた。深く開いた胸元のカットや、サテン、レースなどの素材使いが特徴的。その他、マーメイド風シルエットや胸下切り替えのエンパイアライン、ティアード切り替えなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース3:シース

ボディコンシャスな細身のシルエットや、膝丈~ミディ丈がポイント。アシンメトリーなネックラインやオフショルダーが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示



ニット総括

セーターは遊び心のあるグラフィカルなデザインと、シンプル&ベーシックを基調としたプレーンなデザインの二極化が見られた。その他、レトロなヴィンテージ調やロマンティックな装飾性など。


注目ニット1:グラフィカル

オーバーサイズがやや復活傾向。スウェットシャツ風の前身頃に、大きくあしらわれたグラフィックモチーフやキャラクターモチーフに新味がある。その他、ジオメトリックな柄やアクセントカラーを取り入れたセーターが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット2:シンプル

プレーンな編み地とベーシックデザインを基調としたセーターのバリエーションが見られた。薄手のハイゲージの他、秋冬アイテムとも言えるミドルゲージも多く見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット3:ベスト

アクセントアイテムのベストが再浮上。チルデンセーター風やフレンチスリーブ、ショート丈、ヴィンテージ調の柄ボーダー、チェック柄など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2020SSのレディース注目ワンピース・ニットでした。

次回も同じくリゾートコレクションより、2020SSレディースのトップストレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2019/10/04

【アイテムトレンド/2019AWレディース】19年秋冬におけるレディース注目ニット・ワンピース(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2019AWのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2019AWシーズンの注目ニットおよびワンピースです。
(その他の2019AWトレンド情報はこちら


ニット総括

セーターはベーシックデザインのクルーネックと、タートル&ハイネックが主流。ベストは減少。オーバーサイズはほとんど見られなかった。18秋冬に比べ、ローゲージが減少し、ミドルゲージが主流だった。柄ニットのバリエーションが多彩に見られたが、ベーシックな無地ニットも増加した。


注目ニット1:アーガイル&ダイヤ

オーセンティックなトラッドを思わせるアーガイル柄が登場。また、破線を省略したダイヤ柄も見られた。ミドルゲージのモヘアやジャカードの他、一部に手編み風のローゲージが見られた。シンプルデザインのセーターの他、セットアップやカーディガン、レイヤードの着こなしなどが見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット2:フェアアイル

18秋冬に比べ、アレンジの効いたものが増え、ボーダー柄から求心柄へと再び移行。大きく引き伸ばした柄行きや、パステルトーンのマルチカラー配色、アランニットと融合したニードルパンチ、ビーズ刺繍を用いた柄表現などが見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット3:シンプル

ミドルゲージのシンプルな編み地を用いたベーシックデザインのセーターが増加。カラーもホワイトやグレー、ベージュ、ブラウンなどのベーシックカラーが多かった。全体的には少なかったVネックだが、シンプルなセーターには見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示



ワンピース総括

ミニ丈~膝丈が主流。ソフトボディコンシャスなシースシルエットやコンパクトなシルエット、クラシカルなムードのフィット&フレアシルエットが多く見られた。グラマラス&セクシーなムードが強く、アニマル柄やレッド、肌見せデザイン、シアー素材などが目立った。


注目ワンピース1:ニット

シンプルなデザインのミニ丈~膝丈が主流だったが、スカートやドレス、パンツとレイヤードされたスリット入りのミディ丈も多かった。グラフィカルな柄ニットやケーブル編みのバリエーション、フリンジ装飾なども見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース2:シースドレス

クラシカル&セクシーなムードのミディ丈が主流。シンプルな無地生地も多かったが、グラマラス&セクシーなムードのアニマル柄や、オーセンティックなトラッドを思わせるモノトーンのチェック柄、ツイードウールなども目立った。また、アシンメトリーなデザインが一部に見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース3:マイクロミニ丈

90年代調のグラマラス&セクシーなムードが目立った。アニマル柄やアブストラクトな総柄の他、大きなグラフィックモチーフを取り入れたアートタッチなデザインが登場。また、パフスリーブやタック&ギャザーなど、クチュールタッチなデザインも一部に見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2019AWのレディース注目ニットおよびワンピースでした。

次回も同じく4大コレクションより、2019AWレディースのパンツおよびスカートトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2019/06/17

【アイテムトレンド/2019AWレディース】19年秋冬におけるレディース注目ワンピース・ニット(プレフォールコレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続きプレフォールコレクションの分析結果をもとにした、2019AWのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2019AWシーズンの注目ワンピース・ニットです。
(その他の2019AWトレンド情報はこちら


ワンピース総括

緩やかに減少していたロマンティック&フェミニンなムードが再浮上。単品でスタイルを作りやすい色柄や装飾性が重要。他のアイテムに比べ、グラマラス、タフ&ハード、セクシーなど、多彩なテイストが見られた。


注目ワンピース1:ニットドレス

出現率の高いシーズンが続いている。ミニ丈がやや増加。シンプルなデザインが主流だが、フェミニンなアレンジも目立った。ストライプ柄のボディコンシャスなシルエット、アブストラクト柄、フリルやレースをあしらったロマンティックなデザイン、シンプルデザインのロング丈、スリットを活かしたレイヤードスタイリングなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース2:マキシ丈

ロマンティック&フェミニンなフラワー柄が主流。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース3:シャツドレス

膝丈からミディ丈が主流。フラップ付き胸ポケットが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示



ニット総括

標準的なジャストサイズからリラックス感のある程良いオーバーサイズが主流。グラフィカルな色柄や装飾性の高さが継続。ボリューム感のある、かさ高な素材感やデザインが目立った。


注目ニット1:グラフィカルニットセーター

18秋冬同様、グラフィカルな柄をアクセントにしたセーターがバリエーション多彩に見られた。ミドルゲージが主流。大きくあしらったブランドイニシャル、ハートモチーフ、プレッピー調の数字やタイポグラフィ、生き物モチーフ、マルチカラー配色のイラストレーションなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット2:タートル&ハイネック

18秋冬にも見られた、首元をすっぽりと覆うネックデザインが継続。やや長めの袖丈や着丈、ローゲージニットが目立った。配色ライン装飾、フレアスリーブ、アランニット、コクーンシルエット、ラメニット、細身のロング丈など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット3:フォークロア

マルチカラー配色のミックス感が重要。フリンジ装飾、民族調の幾何学モチーフ、カウチンニット、フェアアイルニットなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2019AWのレディース注目ワンピース・ニットでした。

次回も同じくプレフォールコレクションより、2019AWレディースのパンツ・スカートトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2019/02/22

【アイテムトレンド/2019SSレディース】19年春夏におけるレディース注目ワンピース・ニット(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2019SSのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2019SSシーズンの注目ワンピースおよびニットです。
(その他の2019SSトレンド情報はこちら


ワンピース総括

ロマンティック&フェミニンなムードは根強く継続しつつも、緩やかに減少。18春夏に比べ、リゾートウェア風のリラックスムードのあるデザインが増加した。

ミニ丈はやや減少し、ミディ丈からマキシ丈が多く見られた。18秋冬同様、ルーズフィットシルエットや動きのあるAラインが主流に。


注目ワンピース1:スリップドレス

シーズンレスに根強く継続中。開放的なリゾートウェアを思わせるオプティミスティックな色柄や、サンドレスのバリエーションが多彩に見られた。

フリル&ラッフル装飾、ラップデザイン、イレギュラーヘム、ランジェリー風のサテン×レースなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース2:シャツワンピース

ミディ丈が主流。フロントが全開になる型の他、プルオーバーのポロドレスも登場。また、膝から裾にかけてフレアを入れたマーメイドラインも見られた。

オーバーサイズ、スリットやカットアウトなどの肌見せデザイン、パンツとのレイヤード、カラーブロック、イレギュラーヘムなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース3:ニットワンピース

シーズンレスに根強く継続中。リゾートウェアやエキゾチックなムードが色濃く、フィッシュネットのような目の粗いオープンワークニットや、ハンドクラフトタッチのクロッシェニットが主流となった。

長く垂らしたフリンジ装飾も目立った他、レイヤードの着こなしも多かった。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ニット総括

フォークロア&エキゾチックなムードや、スポーツテイストが目立った。

ミドルゲージからローゲージの糸を使ったリラックス感のあるルーミーなシルエットやオーバーサイズが主流となった一方、スポーティなトップスにはジャストサイズのコンパクトなシルエットが見られた。


注目ニット1:オープンワーク

フォークロア&エキゾチックなムードを演出するハンドクラフトタッチの目の粗い編み地が多く見られた。

ルーミーなシルエットや長い袖丈や着丈が目立った。ドロップショルダーやフリンジ装飾、ポンチョ風のスリットスリーブ、カットアウトのアクセント、グラデーションカラーなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット2:メランジ

杢調やボヘミアンなムードの配色が特徴的な、ミックス感のある編み地が多く見られた。

カットアウト&ドローストリングを用いたフォルム変化、配色ボーダー柄のオーバーサイズ、不均一な太さのファンシーヤーンやニットの重ね着、フード付きのプルオーバーパーカなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット3:ポロニット

ハイゲージのポロニットトップスが増加。ジャストサイズのコンパクトなシルエットが主流。

メッシュニットや配色ライン装飾、五分袖、パターンブロックやロング丈、カラーブロックなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2019SSのレディース注目ワンピース・ニットでした。

次回も同じく4大コレクションより、2019SSレディースのパンツ・スカートトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2018/11/30

【アイテムトレンド/2019SSレディース】19年春夏におけるレディース注目ワンピース・ニット(リゾートコレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き2019SS、リゾートコレクションのレディース分析結果をご紹介します。今回のテーマは2019SSシーズンの注目ワンピース・ニットです。
(その他の2019SS情報はこちら


ワンピース総括

ミディ丈が主流だが、ミニ丈の増加も顕著だった。フレアシルエットやささやかなフリル&ラッフル装飾など、過剰過ぎず日常使いできるフェミニン&ロマンティックなムードが目立った。


注目ワンピース1:シャツドレス

18秋冬に比べ再び増加傾向が見られた。ミニ丈から膝丈が主流。ヴィンテージ調のプリーツドレスやウエスタン調、バンドカラー、サファリ調、とろみのあるサテン生地など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース2:スリップドレス&サンドレス

リゾートウェア風のリラックスムードに溢れたデザインが目立った。ミディ丈やフレアシルエットが主流。イレギュラーヘム、ポップな柄生地、マイクロプリーツのミニ丈など。また、肩まわりのデザインにアクセントを付けたサンドレスも登場。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース3:マキシ丈ワンピース

柄生地やホワイトが目立った。シフォンや薄手コットンなど。ボリューム感のあるフレアシルエットの他、セミフレアのコンパクトなシルエットも。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示



ニット総括

シンプル&ベーシックなデザインにグラフィカルな色柄をアクセントする手法が主流。オーバーサイズ&ルーズフィットは減少傾向となった。


注目ニット1:グラフィカルニット

ブランドロゴをあしらったタイポグラフィ柄やマリンモチーフ、アートタッチのイラスト柄など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット2:カラーブロックニット

マルチカラー配色やバイカラー、タイポグラフィ柄との組合せなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット3:アランニット

ローゲージのアランニットセーターが台頭。ホワイトや配色ラインアクセントが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2019SSのレディース注目ワンピース・ニットでした。

次回も同じくリゾートコレクションより、2019SSレディースのシャツ・ブラウストレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2018/06/08

【アイテムトレンド/2018AWレディース】18年秋冬におけるレディース注目ワンピース・ニット(プレフォールコレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き2018AW、プレフォールコレクションのレディース分析結果をご紹介します。今回のテーマは2018AWシーズンの注目ワンピース・ニットです。
(その他の2018AWトレンド情報はこちら


ワンピース総括

ロマンティック&フェミニンな装飾性や甘さを感じさせるデザインが根強く継続。その他、女児服風のガーリーなムードやさりげないユーティリティテイスト、カジュアルなムードも目立った。

注目ワンピース1:シャツ

シンプルなデザインやさりげないユーティリティテイストが目立った他、グラフィカルな色柄の切り替えやロマンティックなフリル装飾が見られた。ベルトでウエストをマークする着こなしもポイント。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース2:ジャンパー

ミニ丈が主流。シンプルなトラペーズシルエットが目立った。クラシカルなガーリームードの他、程良いカジュアル感を取り入れた着こなしが多かった。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ワンピース3:スリップ

シーズンレスに根強く継続。ミディ丈が主流。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ニット総括

凝った編み地はあまり見られず、シンプルな編み地×グラフィカルな色柄表現が主流。ジャストサイズ~やや大きめのサイズが多く見られた。

注目ニット1:グラフィカル柄セーター

シーズンレスに継続。ポップなムードの大きな柄行きやアニマルモチーフが主流。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット2:カーディガン

やや長めの丈~ウエスト丈まで。カラーブロックや布帛との異素材切り替え、ケープレット付きなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目ニット3:Vネックセーター

ウエスト丈~ヒップ丈まで。アラン編み、杢調カラーブロック、チルデンセーター、編み地変化ボーダーなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2018AWのレディース注目ワンピース・ニットでした。

次回も同じくプレフォールコレクションより、2018AWレディースのアイテムトレンド情報(シャツ・ブラウス)をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。