About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

ラベル 素材 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 素材 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018/11/16

【素材・柄トレンド/2019SSレディース】19年春夏におけるレディース注目素材・パターン(リゾートコレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き2019SS、リゾートコレクションのレディース分析結果をご紹介します。今回のテーマは2019SSシーズンの注目素材およびパターンです。
(その他の2019SS情報はこちら


素材総括

共通するキーワード:高い意匠性/ツヤ&光沢/凹凸感/シアーな質感/エアリーな質感/きらめき


注目素材1:レース

透け感の強い薄手も見られたが、高密度な中肉素材や部分的な透け感のある素材が主流となった。コットンやシルク混素材ベースのアイレット、シアーなチュールベース、繊細な意匠のシャンティイ系、凹凸感のあるギュピールや刺繍系など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材2:デニム

シーズンを問わず根強く継続中。ワンウォッシュや、わずかに色落ちのある濃いインディゴ、程良いユーズド感のあるブルーデニムが主流となったが、ハリコシのある生デニムから淡いライトブルーデニムまで、多彩なバリエーションが見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材3:シフォン

プリント、無地のいずれも見られ、ドレスやスカートに目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


パターン・柄総括

共通するキーワード:マルチカラー配色/モノトーン配色/手描きタッチ/ジオメトリック/大柄&ワイドピッチ/ブラックベース


注目パターン・柄1:チェック

変化のある線幅やピッチを組み合わせたコンビネーションチェックが主流。小柄から大柄まで多彩なバリエーションが見られた。ホワイトベース、マルチカラー配色、マスキュリンなテーラリング、グラフチェック、ブロックチェック、ハウンドトゥース、ギンガムなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目パターン・柄2:ストライプ

ナチュラル&爽やかなムードが主流。線幅やピッチを組み合わせたコンビネーション柄、ホワイトベース、等幅、マルチカラー配色、シャツストライプ、レジメンタル、ワイドピッチのボールド、マスキュリンなピンストライプなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目パターン・柄3:フラワー&ボタニカル

小柄から中柄が主流。素朴なナチュラルムードや可憐なフェミニンムードが目立った。小花柄、ブラックベース、ローズ、大花柄、コントラスト配色、手描きタッチ、マルチカラー配色、水彩タッチなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2019SSのレディース注目素材およびパターンでした。

次回も同じくリゾートコレクションより、2019SSレディースのアウタートレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2018/10/19

【素材・パターントレンド/2018AWメンズ】18年秋冬におけるメンズ注目素材・パターン(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2018AWのメンズトレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2018AWシーズンの注目素材・パターンです。
(その他の2018AWトレンド情報はこちら


注目素材1:ファー

毛足の整えられたシアリングが中心。コートやアウターだけでなく、トリミングなどのディテールでも用いられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材2:キルティング&ダウン

ボリュームのあるラウンドシルエットをつくるキルティングやダウンが拡大傾向。光沢感がポイント。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材3:ウール

柔らかく、軽いツイードやダブルフェイスのカシミヤ、メルトンなどがみられた。コートやアウター、トップスなどがシンプルなスタイルで登場した。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目パターン1:英国調チェック

トラディショナルなタータンチェックやブラックウォッチがバリエーション豊富に登場した。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目パターン2:アメリカンチェック

オンブレチェックやバッファローチェックなど、ウエスタンテイストを演出するチェックがみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目パターン3:タイポグラフィ

ユースストリートスタイルを中心に、シンプルなグラフィックとの組合せやメッセージ性のあるタイポグラフィがみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2018AWのメンズ注目素材・パターンでした。

次回も同じく4大コレクションより、2018AWメンズのアウタートレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2018/07/17

【素材トレンド/2018AWレディース】18年秋冬におけるレディース注目素材(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き4大コレクションの分析結果をもとにした、2018AWのレディーストレンド情報をご紹介します。今回のテーマは2018AWシーズンの注目素材です。
(その他の2018AWトレンド情報はこちら


注目素材1:ツヤ&光沢

グラマラスなムードやリラックス感のあるエレガントスタイルの演出、クラシカルな素材や柄をモダンにアレンジする手法など、ツヤや光沢のある素材感が目立った。程良いカジュアル感やスポーティさも兼ね備え、薄手~中肉厚が主流だった。

▼レザー
しなやかなソフトレザーから肉厚でタフ&ハードな印象のブラックレザーまで多彩なバリエーションが見られたが、パテントレザーはやや減少傾向となった。ラッカー塗装やコーティングでツヤや光沢を強調する手法が見られた他、多彩なカラーのエキゾチックレザーも目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示

▼テクノタッチ
シーズンレスに継続中。18春夏に引き続き、コーティングやラミネートの手法が目立ち、柄生地をベースにツヤや光沢を付加したレインコート風の素材感が広がった。その他、メタリックな光沢を持つラテックスも一部に見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材2:凹凸

18春夏には減少傾向だった凹凸素材が再浮上。目新しさはないものの、オーセンティック&クラシカルな素材をカジュアルとエレガンスが程良く融合したムードにアレンジする手法やスタイリングが目立った。

▼キルティング
ここ数年秋冬シーズンには欠かせない素材となっている。今シーズンは薄手の軽量な素材感が目立った。サテンなどの光沢素材、アウトドア調のフランネル、ピーチスキンなどの微起毛素材との組み合せが見られた。ステッチはスタンダードな大小のダイヤ柄が主流。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示

▼ファンシーツイード
シーズンレスに継続中。折衷スタイルに用いるクラシカルな素材感として重要。ビビッドなアクセントカラーを取り入れたマルチカラー配色やルーレックス糸の交織、ランダムな太さの糸使い、ブラック配色&ネップ糸の交織など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材3:起毛

ふんわりとしたボリューム感と包み込むようなぬくもり感を備えた起毛素材のバリエーションが今シーズンも多彩に見られた。ラグジュアリー感やクラシカルなムードを取り入れつつ、デイリーウェアとしての軽快さを重視した提案が主流となった。

▼ファー
今シーズンも多彩なバリエーションで登場。精巧なフェイクファーも増えており、リアルとフェイクの境界が曖昧になってきている。短い刈り毛のモコモコとした質感、長めでボリューム感のあるもの、巻き毛など、毛足にも様々なタイプが見られた他、カラーブロックや斑(まだら)、グラデーションなどの柄表現や、ビビッド~ベーシックまで幅広い色展開が見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示

▼ベルベット&ベロア
ここ数年秋冬シーズンには欠かせない素材といえる。今シーズンはクラシカルな重厚感よりも微起毛感と光沢を取り入れ、リラックス感のあるエレガンスを表現したスタイルが目立った。プリントやクラッシュ加工も見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示





以上、2018AWのレディース注目素材でした。

次回も同じく4大コレクションより、2018AWレディースの柄トレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2018/05/28

【素材・柄トレンド/2018AWレディース】18年秋冬におけるレディース注目素材・柄(プレフォールコレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。

引き続き2018AW、プレフォールコレクションのレディース分析結果をご紹介します。今回のテーマは2018AWシーズンの注目素材およびパターン・柄です。
(その他の2018AWトレンド情報はこちら


素材共通キーワード

・装飾性、意匠性に富んだ素材
・ユーティリティ素材
・ツヤ&光沢のある素材
・凹凸素材
・シアー素材

注目素材1:デニム

アウター、セットアップ、ドレス、トップス、ボトムスと、幅広く登場。色落ちのない濃色から経年&ダメージ加工を施した淡色まで様々なバリエーションが見られたが、程良いナチュラル感のある明るいカラーとしなやかな質感のブルーデニムが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材2:ツイード

アウター、スーツ&セットアップ、ドレス、ボトムスと、幅広く見られた。ヘリンボーン、ネップやソルト&ペッパー、マルチカラーミックスのファンシーツイードなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材3:レザー

光沢やハリコシのある質感。ボンディング加工やエキゾチックレザーなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材4:キルティング

サテンに薄手の綿を挟んだベーシックなキルティングが主流。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材5:ベルベット&ベロア

ドレスやセットアップに見られた。無地だけでなくプリント(柄物)も登場。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


パターン・柄共通キーワード

・オーセンティック&ベーシックな柄
・ネイチャーモチーフ
・単純な幾何学柄
・マルチカラー配色

注目パターン・柄1:チェック

小柄~ 大柄まで多彩なバリエーションが見られた。タータン、グレンやガンクラブなどのマスキュリンなチェック、マルチカラー配色やモノトーン配色など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目パターン・柄2:フラワー

様々な大きさの柄行きが見られたが、小花の増加が目立った。ホワイトベース&ブラックベース共に多かった。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目パターン・柄3:ボタニカル

写実的なタッチやマルチカラー配色、リーフモチーフのシャドー柄など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目パターン・柄4:アニマル

最も多かったレオパード柄の他、タイガーモチーフの大柄やイラスト調具象柄など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目パターン・柄5:ドット

小柄~中柄が主流。ランダム、スイス、ポルカ、二色の重なりなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示



以上、2018AWのレディース注目素材およびパターン・柄でした。

次回も同じくプレフォールコレクションより、2018AWレディースのアイテムトレンド情報(アウター)をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。

2017/12/25

【素材・柄トレンド/2018SSレディース】18年春夏におけるレディース注目素材・柄(リゾートコレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き2018SS、リゾートコレクションのレディース分析結果をご紹介します。今回のテーマは2018SSシーズンの注目素材・柄です。
(その他の2018SS情報はこちら


素材総括

▼共通するキーワード
・軽量なシアー素材
・程良いカジュアル感のある天然素材
・なめらかな表面と光沢感
・オーセンティックなエレガント素材


注目素材1:レース

継続トレンドながら今シーズンも多彩なバリエーションで出現率が高かった。やや厚みのある凹凸感のくっきりとしたギュピールレースやケミカルレース、シアー感の強いチュールレースやリバーレース、コットンベースのアイレットレースなどが目立った。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材2:デニム

全体的にはエレガントなスタイルが主流となったが、デニムを用いたアイテムはアウターからドレス、ボトムスまで幅広く見られた。ウォッシュ感のあるライトカラーが目立ったが、
しなやかさのある濃色も見られた。無地の他、刺繍やアップリケ、プリントで装飾を施したものも多かった。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材3:シフォン

シーズンを問わず根強く継続中。シアー感の強い薄手が主流。無地の他、マルチカラー配色のプリントシフォンも多く見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


柄総括

▼共通するキーワード
・ベーシック&オーセンティックな柄
・マルチカラー配色
・動植物モチーフ
・小柄~中柄


注目柄1:ストライプ

シーズンを問わず継続中だが、今シーズンも非常に出現率が高かった。マニッシュなピンストライプ系は減少し、オプティミスティックなムードやクリーンなムードが目立った。線幅の太い等幅のボールドストライプやマルチカラー配色、レジメンタル、線幅やピッチに変化のあるコンビネーション、線幅もピッチも狭いストライプなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目柄2:チェック

ストライプ同様、シーズンレスに継続中。大柄が減少し、小柄~中柄が主流に。ギンガム、ブロック、マニッシュなグレンチェック、太い線と細い線の組み合わさったオーバーチェック、マルチカラー配色、ウインドーペン、モノトーン配色など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目柄3:フラワー

今シーズンもバリエーションが多彩に見られた。柄行きは小花~中花が主流。コントラスト配色、マルチカラー配色、ブラックカラーベース、転写、小花柄、バイカラー配色など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2018SSのレディース注目素材・柄でした。

次回も同じくリゾートコレクションより、2018SSレディースのアウター・トップストレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。


2017/11/10

【素材・柄トレンド/2017AWメンズ】17年秋冬におけるメンズ注目素材・柄(4大コレクション分析)


当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き2017AW、4大コレクションのメンズ分析結果をご紹介します。今回のテーマは2017AWシーズンの注目素材・柄です。
(その他の2017AW情報はこちら


素材総括
・立体的で表面感のある上質素材が拡大傾向
・肉厚で柔らかく、微光沢を備えた素材が中心
・ボリューム感がありながらも軽さが感じられる素材感がポイント
・エレガントなウール× スポーティなアイテムなど、異なる要素の組合せ


注目素材1:シアリング

ボリュームのあるレイヤードスタイルや襟などのパーツとして広がりをみせた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材2:コーデュロイ

太い畝のリラックスしたボリュームが中心。柔らかいドレープがカジュアルスタイルにエレガントさをプラスした。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材3:ベルベット

スーツやセットアップを中心にみられた。柔らかさとリラックスしたシルエットによってラグジュアリーなカジュアルスタイルとなった。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目素材4:ダウン

空気を多く含んだボリューム感のあるダウンが増加傾向。アウターを中心に、丸みのあるシルエットでみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


柄総括
・チェックやストライプなど、トラディショナル柄が増加傾向
・大胆な配色や総柄使いなど、柄を活かしたスタイルがみられた
・ヨークやトグル、ジップなど、実用的なディテールがアクセントとして用いられた
・アップリケやファーアクセントなど、プレイフルで表面感のあるディテールが登場


注目柄1:チェック

シックなカラートーンの英国調タータンやガンクラブ、ブラックウォッチなどがみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目柄2:ストライプ

カレッジテイストの配色や多色使いのオルタネイトストライプなどがユーススタイルでみられた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目柄3:アート

シンプルなアイテムに大胆に用いられ、ユニークでプレイフルなスタイルのアクセントとなった。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


注目柄4:タイポグラフィ

積み木のような文字やポップなカラー配色のタイポグラフィが、メッセージ性のあるプレイフルなアクセントとなった。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2017AWのメンズ注目素材・柄でした。

次回は同じく4大コレクションから、2017AWメンズのアイテムトレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。



















2017/07/24

【素材・柄トレンド/2017AWレディース】17年秋冬におけるレディース注目素材・柄(4大コレクション分析)



当社は約20年に渡り四大コレクションを始めとした各種ファッショントレンドを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


引き続き2017AW、4大コレクションのレディース分析結果をご紹介します。今回のテーマは2017AWシーズンの注目素材および柄です。
(その他の2017AW情報はこちら


▼注目素材1:ファー&シアリングファー

毛足の長いファーよりも刈り毛タイプのふわふわモコモコとした質感が主流に。リアルファーのみならず、フェイクファーも増加傾向。一部には巻き毛のカルガンラムも見られた。カラフルな色使いやインターシャやインレイを用いた柄表現も目立った。また、シープスキンを主流としたシアリングファーも非常に多かった。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目素材2:ベルベット / ベロア / 別珍

16秋冬に引き続き、ベルベットの出現率が非常に高かった。無地だけでなく、プリントやオパール加工で柄を描いたものも見られた。ベルベットに加え、ストレッチ性のあるベロアや毛足の短い別珍といった類似性のある素材にも増加傾向が見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目素材3:ツイード

クラシカルなムードやマスキュリンなメンズテーラリングの要素が拡大。アウター、スーツ、ボトムスを中心に使われた。ブラウン、グレー、ブラックなどのベーシックカラーが多く、ヘリンボーン、チェック、ソルト&ペッパーなどが見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目柄1:チェック

注目度の高いチェックの中でも、ガンクラブ、グレン、ハウンドトゥースなど、クラシカルな英国調やマスキュリンなテーラリングのムードを強く感じさせるオーセンティックなチェックが最も多く見られた。ベージュやブラウン系のトーン・オン・トーン配色やモノトーン配色が主流。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目柄2:ボタニカル

花だけでなく葉や茎の存在感が大きな植物柄のバリエーション。マルチカラー配色のオリエンタル調や植物図鑑風の絵柄、モノトーン配色のシャドー柄、アクセントカラーを効かせたブラック配色など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


▼注目柄3:宇宙

UFOや惑星、宇宙飛行士などをモチーフにしたファンタジー調の柄が新出。フラワーモチーフとの組み合わせやブラックベースなどが特徴的。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2017AWのレディース注目素材・柄でした。

次回は同じく4大コレクションから、2017AWレディースのアウタートレンド情報をご紹介する予定です。

どうぞお楽しみに。