About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

About "Style-Lab"

"Style-Lab"は株式会社プレールが運営するファッショントレンド情報ブログです。最新コレクション情報やマーケット動向、注目ブランド、流行色など、
ファッションビジネスに携わる方々に有益な情報をお届けします。

2015/11/24

【ディテールトレンド/2015AW】15年秋冬における注目ディティールVol.2(4大コレクション分析)


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


今回も4大コレクションの分析結果で、2015AWシーズンの注目ディテール(Vol.2)をご紹介します。


ビーズ&ビジュー

ビーズやビジューを使った装飾が拡大。全体的には装飾性の高いデザインが広がっている中、やや控えめな使われ方をしている印象。

ビーズはトーン・オン・トーンできらめく柄表現が目立ち、ビジューはフラップやラペルなどにポイント使いされた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


スタッズ

タフ&ハードなムードの演出に使われてきたスタッズだが、今シーズンは極小サイズをちりばめ、繊細さを感じさせる使い方が主流。

シルバー、ゴールドに加え、ガンメタルも見られた。

ベースにはブラックやダークカラーを使用した組み合わせが多いように見受けられる。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ハトメ

スタッズ同様の使われ方で、今シーズンはハトメも多く見られた。

ぬくもり感のあるウール素材との組み合わせで、質感の対比を強調。

スパンコール風にあしらわれた小さなサイズから、穴による透け感を活かした大きなサイズまで様々な使われ方をしている。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2015AWの注目ディテールVol.2でした。

今回で2015AWの4大コレクション分析が終了となり、次回より2016SSリゾートコレクションの分析結果をご紹介したいと思います。

どうぞお楽しみに。

2015/11/04

【ディテールトレンド/2015AW】15年秋冬における注目ディティールVol.1(4大コレクション分析)


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


今回も4大コレクションの分析結果で、2015AWシーズンの注目ディテール(Vol.1)をご紹介します。


フリンジ

70年代のボヘミアンや民族調トレンドの継続を背景に、今シーズンもアウターからボトムスまで様々なアイテムに見られた。

ブランケット調を演出したウール生地やニット、キリム絨毯のイメージ、マクラメとレザーの異素材切り替えなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


フリル&ラッフル

フェミニン&ロマンティックな装飾として増加。

襟やボザム、袖口、フラップなどに見られた細かいフリルや、コートやドレスの裾、袖やティアードデザインに見られた大きく波打つラッフルなどが目立つ。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


リボン

こちらもフェミニン&ロマンティックな装飾として増加している。

厚手のサテンを重ねたり、グリッターパーツで作った存在感のある大きなリボンや、キルティングステッチのアクセントや3D装飾のモチーフとしての小さなリボンなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2015AWの注目ディテールVol.1でした。

次回も同じく4大コレクション分析より、ビーズ&ビジューなど、2015AWシーズンに注目のディティールVol.2をご紹介したいと思います。

どうぞお楽しみに。

2015/10/14

【アイテムトレンド/2015AW】15年秋冬における注目アイテムVol.3(4大コレクション分析)


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


前回前々回に引き続き、今回も4大コレクションの分析結果より2015AWシーズンの注目アイテム(Vol.3)をご紹介します。


ミニ丈スクエアスカート

14年秋冬~15年春夏シーズンに引き続き、丈の主流は膝丈~ミディ丈となったが、今シーズンは若々しいミニ丈も増加が見受けられる。

コンパクトな台形や程よいゆとりのあるセミタイトのシルエットで、ロングブーツやサイハイブーツとのスタイリングが目立った。

フリルをあしらったフラップポケットのアクセントや、メタリック糸のネップ入り&部分レザー、強い光沢のあるベルベット、アートタッチの3D装飾など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ワイドパンツ

マスキュリンテイストにエフォートレスなムードを融合させたフリュイドシルエットが目立った。

センタープレスが入ったものも多い。

また、マキシスカートに見える程のたっぷりとした広幅デザインも登場した。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


スーパースキニーパンツ

14年秋冬~15年春夏シーズンに引き続き、ワイド系の勢力が優勢ながら、対極のスキニーも増加。

14年秋冬にも見られた、ストレッチの効いたレギンス風スキニーパンツのバリエーションが今シーズンも見られた。また、ハイウエストデザインも目立つ。

シンセティック素材のシンプルなレギンス風、ボタンアクセントの効いたデニムパンツ、コラージュ柄、ストレッチレザーのレギンス風など。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2015AWの注目アイテムVol.3でした。

次回も同じく4大コレクション分析より、フリンジなど、2015AWシーズンに注目のディティールVol.1をご紹介したいと思います。

どうぞお楽しみに。

2015/09/25

【アイテムトレンド/2015AW】15年秋冬における注目アイテムVol.2(4大コレクション分析)


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


前回に引き続き、今回も4大コレクションの分析結果より2015AWシーズンの注目アイテム(Vol.2)をご紹介します。


タートルネックセーター

14年秋冬シーズンに引き続き、スポーティ&レトロなムードのタートルネックが登場。

シンプルな編み地にグラフィカルな柄をあしらったデザイン、ミリタリー調のメタルボタン使い、カラーネップ入りのオーバーサイズセーター、スリット&フリンジをあしらったチュニック丈などが見られた。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ベスト

少し野暮ったさのあるレトロなスタイルが復活し、久々にベストがトレンドに浮上。

Vネックが目立ち、フェミニンなボウタイブラウスやハイネックトップスとのコーディネートが主流となっている。

ラメニット&ドット柄、モヘアニット×メタリックボーダー、斜め使いのストライプ柄、オーバーベルトのスタイリングなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ボウタイブラウス&ロマンティックブラウス

ボウタイで首周りを華やかに飾ったブラウスが急増。

スタンドカラーやフリルの付いたエリザベスカラーとの組み合わせなど。

襟や前立て、カフス、ヨークなどにフリルをあしらったり、パフスリーブなど、フェミニンなムードのブラウスのバリエーションが広がった。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2015AWの注目アイテムVol.2でした。

次回も同じく4大コレクション分析より、スーパースキニーなど、2015AWシーズンに注目のアイテムVol.3をご紹介したいと思います。

どうぞお楽しみに。

2015/09/09

【アイテムトレンド/2015AW】15年秋冬における注目アイテムVol.1(4大コレクション分析)


当社は15年以上に渡り四大コレクションを分析しており、カラー・素材・柄・アイテムなど、20以上のカテゴリ毎に今後のマストトレンドを予測し、クライアント様へ情報提供を行っています。また消費者の価値観や市場環境の変化など、マーケット分析も実施しています。当ブログでは、クライアント様への情報提供後、その内容から一部分を抜粋した形で読者の皆様にお伝えします。 なお、より詳細で鮮度の高い情報や、その他ブランド開発・ディレクション作成・商品企画についてのご相談は当社ホームページよりお問い合わせ下さい。


今回は4大コレクションの分析結果より、2015AWシーズンの注目アイテムVol.1をご紹介します。


ケープ&ポンチョ

14年秋冬~15年春夏シーズンにも見られた、テントラインのアウターのバリエーションがさらに拡大し、カジュアルからエレガントまで幅広いテイストで登場した。

プレッピーテイストのマント風、クラシックミリタリー調のフレアスリーブ付き、民族調のパッチワークやフリンジ、ブランケット風の素材感などが目立つ。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


ロング&マキシ

たっぷりとした長い丈のコートを無造作に羽織ったスタイルが急増した。

エフォートレスだが存在感のある着こなしがポイントとなる。

しなやかな縮絨ウールを用いたドレス風のフェミニンなAラインや、程よくウエストをシェイプしたほっそりとしたライン、ハリ感や重厚な素材感を活かしたマキシ丈のAラインなど。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示


テーラード

14年秋冬シーズンに復活傾向が見られたテーラードジャケットだが、今シーズンはさらにその勢いが増している。

特にマスキュリン×フェミニンのスタイリングではキーアイテムとなり、スタンダードなデザインの二つボタンが主流。

その他、ダブルブレストの増加も顕著だった。

出典:Trendstop

※画像クリックで拡大表示




以上、2015AWの注目アイテムVol.1でした。

次回も同じく4大コレクション分析より、タートルネックセーターを始め、2015AWシーズンに注目のアイテムVol.2をご紹介したいと思います。

どうぞお楽しみに。